モノ 小さいスマホ

【2019年度版】小さなスマホ総まとめ【サイズ比較画像あり】

1月 11, 2020

 

2019年に取り上げた小さなスマホについて一覧まとめました。

他に取り上げられてないものもあるかもしれませんが例えば中華端末などは結構似たり寄ったりです。その中でもアッパーなものは紹介できているはずなので、Androidで小さな端末(3インチ台、4インチ台)を検討している人にとっては取り得る選択肢をほぼ網羅できているのではないでしょうか。

 

外観

端末の大きさが比較できる画像を作成しました。
比率を正しくしてあるのでサイズイメージをつかみやすいと思います。

名称 寸法mm(縦×横×厚さ) 液晶 SoC(コア数) バッテリー 発売時期
KINGKONG MINI 119 x 58 x 12.1 4 MT6761(4) 2,000mAh 2019年後半
Rakuten mini 106.2 x 53.4 x 8.6 3.6 Snapdragon 439(8) 1,250mAh 2020年4月
K-Touch M17 113 × 46 × 10.6 3.5 MT6739V(4) 1,000mAh 2019年後半
Melrose 2019END 100 × 45 × 8.8 3.5 MT6739V(4) 2,000mAh 2019年後半

製品名称はその端末の記事へのリンクとなっています。気になるものがあればチェックしてみてください。

サイズ的に何の変哲も無いスマホ一覧に見えますがそれは全部が小さいからです。ここへ多くの人が所持しているいわゆる一般的サイズのスマホ(5インチ台、6インチ台)を並べると「でかっ!!」てなります。

 

名称 寸法mm(縦×横×厚さ) 液晶 SoC(コア数) バッテリー 発売時期
K-TOUCH i9 101.6 × 44 × 8.1 3.5 MTK6739V(4) 2,000mAh 2019年前半
Palm Phone 50.6 × 96.6 × 7.4 3.3 Snapdragon 435(8) 800mAh 2019年前半
SOYES S10 97.8 × 51.4 × 15.5 3 MT6737M(4) 1,800mAh 2019年前半
Unihertz Atom 96 × 45 × 18 2.5 MT6763 (8) 2,000mAh 2018年後半
AQUOS R2compact 131 × 64 × 9.3 5.2 Snapdragon 845(8) 2,500mAh 2019年前半
Xperia Z3 Compact 127 × 65 × 8.6 4.6 Snapdragon 801(4) 2,600mAh 2014年後半
 

3.5インチの中華スマホ3つはそのサイズ/仕様からしても全て同じものと言っても過言ではないですね。ガワが違うだけというイメージです。

詳しく見る
小さい中華スマホ「K-Touch M17」良さそうなの?

小さなスマホ”k-touch”シリーズが存在しますが その”k-touch”を冠する新しい端末が発売されていました。 その名も K-Touch M17 K-TOUCH M17 2ギ ...

続きを見る

詳しく見る
中華スマホ「K-TOUCH i9」3.5インチ

中国発の小さいスマホの雄「K-TOUCH i9」   今回は小さい中華スマホを紹介します。 palmphoneの記事中でも述べていましたが既に中国発で小さいスマホはいくつ ...

続きを見る

 

 

 

アクオスフォンについては今時点AQUOS R2compact(1年前の製品)を載せていますが、近いうちこれがさらに進化(スリムアップ/仕様のグレードアップ)してAQUOS R3compactが出るのではないかと予想(希望)しています。

それにしても横の4.6インチ端末と比べると外寸のわりに液晶サイズがすごく大きいのがよくわかりますね。

 
 

対応バンド表も要チェック

対応バンドもしっかり見ておかないといけないです。もし外観や仕様が気に入って購入したとしても、契約中の通信会社によってはその端末は電波の拾いが悪いかもしれません

各端末の記事ページに対応バンドについても記載があります。「B1、B2 ~」といったような表記です。 
その数字と以下の表で合致しているバンドが多いほど、そのキャリアでより電波を受信できます。よりアンテナが立ちやすいということですね。

周波数帯 ドコモ au softbank
3G (W-CDMA) B1 B6 B1 B18  B1 B8
4G (FDD-LTE) B1 B3 B19 B21 B28 B1 B11 B18 B26 B28 B1 B3 B8 B11 B28
4G (TD-LTE) B42 B41 B42 B41 B42

 

見たところどの端末についても言えることは、どこのキャリアで使っても電波が立たないということはなさそうです。ただそれぞれ偏りはあってドコモ、au、softbankどれかに対して強いというクセはありますね。

その点で問題があったのは、僕はほんとはPalm Phoneをメイン使用しようと思っていましたがバンド的にsoftbank系通信会社じゃないと快適じゃないことです。自身はイオンモバイル(ドコモ回線)なので諦めました。

【余談】先日、現在の自身のメイン機が使えなくなりました。XperiaSXという2012年に買った端末です。つなぎではありますが次のメイン機をどれにするか考えたときに行き当たったのがXperia Z3 compactです。今回の比較画像の右隅にサラっと入れました。メイン機として使えて尚且つ小さいという基準を満たすものは僕の中ではこれしかなかったです。サイズはちょっと大きい(それでも一般的には小さいですが)ので不満はありますが動作は全く問題ないです。
ヤフオクで中古白ロム4,000円で手にいれました。直近で①一番コンパクトで②仕様的にも使えるXperiaという基準で遡っていくと辿りつきます(2014年製)。界隈では有名な名機でオススメです。

 
 

まとめ

総評として、メイン機で使うのであればRakuten miniAQUOS R2compactあたりがオススメです。それはSoC(CPU)の種類など見ても明確に差がありますが処理能力が問題ないからです。Palm Phoneは正直高すぎます。

 

※追記※2020年2月5日

8年ぶりに登場したスペックも満足の国産スマホRakuten Mini。正直、その他中華スマホと比べてもそのクオリティは大きく引き離して優れています価格としても楽天モバイルの初期キャンペーンによりとても安くなっています。レビュー記事を書きました。是非チェックしてみてください↓↓

詳しく見る
【Rakuten Mini】レビュー & 必見初期設定(電池消耗を抑える)

小さいスマホRakuten Miniを手に入れました。 当ブログでは何度も記事で登場していますが、現状4インチ以下の小さいスマホの中ではスペック的にも一番優れていると思います。 色 ...

続きを見る

 

 

詳しく見る
palm phoneが日本上陸!ズバリ買い時は?

Palm Phoneが日本で発売されます https://tyodoii-minimalist.com/wp-content/uploads/2019/04/Palm_video_ ...

続きを見る

 

その他中華スマホだと動作がモタつくことが多々あると思いますし、後セキュリティを考えるとブラウザ等に自身の各種IDPWを入力して普通に使用するのはちょっと避けたほうがいいかもしれません。マルウェアのようなものが最初から仕込まれているという噂も聞きます。

そうなってくると小さい中華スマホたちは利用シーンが無いと思えてきますが、あります。それは”サブ機として使う”という選択肢です。そのミニマムなサイズには価値がありますし、携帯しやすいという点もこれらミニスマホにしかない魅力です。

【考えられる利用方法】

・レジャーに行ったときに使用する専用端末として
・日常使いでも”音楽再生端末”として、”ラジオ”としてなど

個人的にはサブ機使用であればすべての端末がありです。ファッションで選んでいいと思います。

合わせてもしサブ機でもモバイル通信契約をしたいという場合は、断然イオンモバイルがオススメです。理由はシンプルで”その他複数社と比較した結果料金が最安だから”です。(例:データ通信2Gプランで780円)

 

ミニモバイル スマホ 4inch Android
4G対応 SIMフリー 超小型 3インチ カードサイズ Android 7.0 スマートフォン 防塵 防水 タフネス設計 指紋認証 顔認証
世界最小4Gタフネススマートフォン,アンドロイド 9.0 Pre,SIMフリー,4GB RAM と64GB ROM

 
 

そして今なんともヤキモキするのはメイン使用ができる大本命の2端末Rakuten miniAQUOS R3compactは、とにかく未定ということです。情報がないです。 本日2020年1月11日時点では技適の通過も確認できません
※追記:楽天ミニは発売済みです。

 

色々考察しながら待っていたいと思います。

 

 

 

小さなスマホのことをはじめ、その他小さくて良い別ジャンルのモノについても紹介しています。気になる記事があれば是非チェックしてみてください。

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】Jelly2 日本正式発売

以前紹介した小さい中華端末「Jelly2」が日本で正式に発売されます。 本ブログで取り上げたのは半年以上前だったのでおさらいしておきます。   目次1 Jelly2とは2 jelly2の手に入れ方は3 Jelly2がハマる人は?3.1 でももし小さい端末というものに興味があるのであれば他の選択肢もあり Jelly2とは   上海のスマホメーカーUnihertzが手掛けている小さいスマホです。 Unihertzは他にも小さなタフネススマホAtomシリーズをラインナップしていることでも有名 ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

【Rakuten mini】1年後の状態をレビュー【劣化しているのか?】

今回、使用1年になるRakuten miniについて、現状のレビューをしたいと思います。   Rakutenminiはとても小さい端末です。 ちょっと関連の話で、先日アメリカ市場におけるiPhone12シリーズの販売について、miniはあまり売れていないというニュースを見ました。当時僕もツイートしています。 #iPhone12 の機種別売上シェア率が発表されていました ※米国の消費者動向調査会社による米国内のデータ 小さいスマホを応援しているのですが #iPhone12mini の売上シェア率が ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル 通信

【Rakuten mini】IIJmioのeSIM設定方法共有【申込後即利用可能です】

2021年1月末でRakuten miniはデビュー1年を迎えます。 僕は去年2020年1月31日にRakuten miniを手に入れました。 無料サポータープログラムというのに参加して最早で手に入れた層だと思います。   なんとなく当初は1年したらまた新型のこれが出るんだろうなと思っていました。Rakuten mini2みたいな感じですね。 でもその話は全然聞こえてきません。 コンパクトなスマホ好きはとりあえずこちらRakuten mini1のほうを継続利用する必要があるようです。 でも目先の ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】新作 SOYES S10-Hリリース【3.49インチ】

新年あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願い致します。 2021年も変わらずブログを続けて行きたいと思っています。   さて新年1発目は久しぶりに小さい中華スマホの紹介です。 このブログでも過去に紹介してきた「SOYES」シリーズの新作が登場していました。   その名も「SOYES S10-H」です。     目次1 SOYES S10-Hについて1.1 SOYES S10-Hの仕様、サイズ感1.2 中華スマホの商品画像について1.3 その他仕様につい ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

Mac miniと同等のWindowsPCはあるのか?【結論】無い

先月アップルからMac miniが発売されました。 いわゆるミニデスクトップPCです。 僕もwindowsのミニデスクトップを使っています。 僕は小さいデスクトップに興味を持っていて、新製品が世にでていないかずっと目を光らせています。 そんな僕が思うのは、今回のMac miniの登場は本当にうらやましいということです。 ※僕はWindowsユーザーです   その理由はMac miniはすべてが揃っているからです。   例えばwindowsでMac miniのようなPCはあるか?と言われ ...

続きを読む

 

他にも”コンパクトなモノが好き”という思考の源泉ではありますが、”無駄を省く”とか”お得(経済的無駄を省く)”といった観点でも記事を書いてあります。数分で読める記事なので是非チェックしてみてください。

ライフハック

【賃貸】お部屋探しを始めるベストタイミングはいつ?

今回お部屋探しのコツということで、いつ部屋探しを行うのがベストかということを共有しておきます。 現在僕は賃貸の仕事しているので中の人としての意見をお話したいと思います。 引越しや部屋探しは誰でも経験する可能性があることなので知識として持っておいて損はないと思います。   もし自分が引っ越しをするとなると疑問が湧いてきませんか? B男さん就職が決まって100%引越す必要が出てきたけど、いつお部屋探しをしたらいいんだろう もし近々に就職するのであればもちろんすぐ始める必要がありますが、逆にたっぷり時 ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】1月キャンペーンはほぼ目玉がない?2月キャンペーンは?

1月も半場を過ぎましたがPayPay1月キャンペーンと今後のキャンペーンについて共有です。     目次1 【1月】PayPayキャンペーン① あなたの街を応援しようキャンペーン1.1 あなたの街を応援しようキャンペーン1.2 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?2 【1月】PayPayキャンペーン②ペイペイジャンボ2.1 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?3 PayPay2月キャンペーンの目玉はある?3.1 ユニクロで最大10%戻ってくるキャンペーン4 PayPayキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック 通信

【3大キャリア】値下げ後料金でどこが一番オトクなのか【MVNOの情報もあり】

3大キャリアの値下げ後料金プランが出揃いました。 今まではどこのプランも高いと言われ続けていましたが、今回国からの要請を受けて全キャリアがキチンとした料金値下げを発表しました。 今回はちゃんと安そうです笑   今までは、安いプランをリリースしましたと語らかに謳うわりには発表されるプランはいわば騙しの策です。複雑怪奇になっていくだけで実は安くなっていないという状態でした。失望するユーザーが多かったと思います。 僕も過去はドコモユーザーでしたが記憶しているところでも10年ぐらいはずっとこんな感じです ...

続きを読む

ライフハック

【PayPayキャンペーン】さとふる3%還元よりお得なふるさと納税方法を紹介(花王40%還元額の確認方法も)

今月PayPayのキャンペーンで「花王商品の購入で40%が戻ってくる」の第2弾が開催されています。   しかし先日11月の記事で、9月に行われたこのキャンペーン第1弾分の還元がまだなされていないことを共有しました。 当初その還元期限は11月の末と案内されていました。   第1弾の還元が無いと第2弾も人にはオススメできないなと思っていましたが、12月どこかの日に還元が成立したようです。 アプリ内でその還元額の表示がされるようになりました。 その確認方法を共有しておきます。 あとPayPa ...

続きを読む

ライフハック

【賃貸ライフハック】強制加入の火災保険は外すことができるか

今回は賃貸ライフハックということで賃貸借契約にまつわる裏技じゃないですがテクニックを共有しておこうと思います。   これからお部屋探しの時期がやってきます。 日本では一般的に4月が期首になっているのでそのタイミング前である冬場にお部屋探しが行われます。 しかし一般的にはお部屋探しは人生で機会の少ないイベントだとも思います。 それゆえいざ自身が契約するとなると様々な点で疑問が湧くことだと思います。   その中の一つのジャンルがこちら   F菜さん火災保険って強制なの?未加入じゃ ...

続きを読む

-モノ, 小さいスマホ

© 2021 ちょうどいいミニマリストのブログ