モノ 小さいスマホ

【2019年度版】小さなスマホ総まとめ【サイズ比較画像あり】

1月 11, 2020

 

2019年に取り上げた小さなスマホについて一覧まとめました。

他に取り上げられてないものもあるかもしれませんが例えば中華端末などは結構似たり寄ったりです。その中でもアッパーなものは紹介できているはずなので、Androidで小さな端末(3インチ台、4インチ台)を検討している人にとっては取り得る選択肢をほぼ網羅できているのではないでしょうか。

 

外観

端末の大きさが比較できる画像を作成しました。
比率を正しくしてあるのでサイズイメージをつかみやすいと思います。

名称 寸法mm(縦×横×厚さ) 液晶 SoC(コア数) バッテリー 発売時期
KINGKONG MINI 119 x 58 x 12.1 4 MT6761(4) 2,000mAh 2019年後半
Rakuten mini 106.2 x 53.4 x 8.6 3.6 Snapdragon 439(8) 1,250mAh 2020年4月
K-Touch M17 113 × 46 × 10.6 3.5 MT6739V(4) 1,000mAh 2019年後半
Melrose 2019END 100 × 45 × 8.8 3.5 MT6739V(4) 2,000mAh 2019年後半

製品名称はその端末の記事へのリンクとなっています。気になるものがあればチェックしてみてください。

サイズ的に何の変哲も無いスマホ一覧に見えますがそれは全部が小さいからです。ここへ多くの人が所持しているいわゆる一般的サイズのスマホ(5インチ台、6インチ台)を並べると「でかっ!!」てなります。

 

名称 寸法mm(縦×横×厚さ) 液晶 SoC(コア数) バッテリー 発売時期
K-TOUCH i9 101.6 × 44 × 8.1 3.5 MTK6739V(4) 2,000mAh 2019年前半
Palm Phone 50.6 × 96.6 × 7.4 3.3 Snapdragon 435(8) 800mAh 2019年前半
SOYES S10 97.8 × 51.4 × 15.5 3 MT6737M(4) 1,800mAh 2019年前半
Unihertz Atom 96 × 45 × 18 2.5 MT6763 (8) 2,000mAh 2018年後半
AQUOS R2compact 131 × 64 × 9.3 5.2 Snapdragon 845(8) 2,500mAh 2019年前半
Xperia Z3 Compact 127 × 65 × 8.6 4.6 Snapdragon 801(4) 2,600mAh 2014年後半
 

3.5インチの中華スマホ3つはそのサイズ/仕様からしても全て同じものと言っても過言ではないですね。ガワが違うだけというイメージです。

詳しく見る
小さい中華スマホ「K-Touch M17」良さそうなの?

小さなスマホ”k-touch”シリーズが存在しますが その”k-touch”を冠する新しい端末が発売されていました。 その名も K-Touch M17 K-TOUCH M17 2ギ ...

続きを見る

詳しく見る
中華スマホ「K-TOUCH i9」3.5インチ

中国発の小さいスマホの雄「K-TOUCH i9」   今回は小さい中華スマホを紹介します。 palmphoneの記事中でも述べていましたが既に中国発で小さいスマホはいくつ ...

続きを見る

 

 

 

アクオスフォンについては今時点AQUOS R2compact(1年前の製品)を載せていますが、近いうちこれがさらに進化(スリムアップ/仕様のグレードアップ)してAQUOS R3compactが出るのではないかと予想(希望)しています。

それにしても横の4.6インチ端末と比べると外寸のわりに液晶サイズがすごく大きいのがよくわかりますね。

 
 

対応バンド表も要チェック

対応バンドもしっかり見ておかないといけないです。もし外観や仕様が気に入って購入したとしても、契約中の通信会社によってはその端末は電波の拾いが悪いかもしれません

各端末の記事ページに対応バンドについても記載があります。「B1、B2 ~」といったような表記です。 
その数字と以下の表で合致しているバンドが多いほど、そのキャリアでより電波を受信できます。よりアンテナが立ちやすいということですね。

周波数帯 ドコモ au softbank
3G (W-CDMA) B1 B6 B1 B18  B1 B8
4G (FDD-LTE) B1 B3 B19 B21 B28 B1 B11 B18 B26 B28 B1 B3 B8 B11 B28
4G (TD-LTE) B42 B41 B42 B41 B42

 

見たところどの端末についても言えることは、どこのキャリアで使っても電波が立たないということはなさそうです。ただそれぞれ偏りはあってドコモ、au、softbankどれかに対して強いというクセはありますね。

その点で問題があったのは、僕はほんとはPalm Phoneをメイン使用しようと思っていましたがバンド的にsoftbank系通信会社じゃないと快適じゃないことです。自身はイオンモバイル(ドコモ回線)なので諦めました。

【余談】先日、現在の自身のメイン機が使えなくなりました。XperiaSXという2012年に買った端末です。つなぎではありますが次のメイン機をどれにするか考えたときに行き当たったのがXperia Z3 compactです。今回の比較画像の右隅にサラっと入れました。メイン機として使えて尚且つ小さいという基準を満たすものは僕の中ではこれしかなかったです。サイズはちょっと大きい(それでも一般的には小さいですが)ので不満はありますが動作は全く問題ないです。
ヤフオクで中古白ロム4,000円で手にいれました。直近で①一番コンパクトで②仕様的にも使えるXperiaという基準で遡っていくと辿りつきます(2014年製)。界隈では有名な名機でオススメです。

 
 

まとめ

総評として、メイン機で使うのであればRakuten miniAQUOS R2compactあたりがオススメです。それはSoC(CPU)の種類など見ても明確に差がありますが処理能力が問題ないからです。Palm Phoneは正直高すぎます。

 

※追記※2020年2月5日

8年ぶりに登場したスペックも満足の国産スマホRakuten Mini。正直、その他中華スマホと比べてもそのクオリティは大きく引き離して優れています価格としても楽天モバイルの初期キャンペーンによりとても安くなっています。レビュー記事を書きました。是非チェックしてみてください↓↓

詳しく見る
【Rakuten Mini】レビュー & 必見初期設定(電池消耗を抑える)

小さいスマホRakuten Miniを手に入れました。 当ブログでは何度も記事で登場していますが、現状4インチ以下の小さいスマホの中ではスペック的にも一番優れていると思います。 色 ...

続きを見る

 

 

詳しく見る
palm phoneが日本上陸!ズバリ買い時は?

Palm Phoneが日本で発売されます https://tyodoii-minimalist.com/wp-content/uploads/2019/04/Palm_video_ ...

続きを見る

 

その他中華スマホだと動作がモタつくことが多々あると思いますし、後セキュリティを考えるとブラウザ等に自身の各種IDPWを入力して普通に使用するのはちょっと避けたほうがいいかもしれません。マルウェアのようなものが最初から仕込まれているという噂も聞きます。

そうなってくると小さい中華スマホたちは利用シーンが無いと思えてきますが、あります。それは”サブ機として使う”という選択肢です。そのミニマムなサイズには価値がありますし、携帯しやすいという点もこれらミニスマホにしかない魅力です。

【考えられる利用方法】

・レジャーに行ったときに使用する専用端末として
・日常使いでも”音楽再生端末”として、”ラジオ”としてなど

個人的にはサブ機使用であればすべての端末がありです。ファッションで選んでいいと思います。

合わせてもしサブ機でもモバイル通信契約をしたいという場合は、断然イオンモバイルがオススメです。理由はシンプルで”その他複数社と比較した結果料金が最安だから”です。(例:データ通信2Gプランで780円)

 

ミニモバイル スマホ 4inch Android
4G対応 SIMフリー 超小型 3インチ カードサイズ Android 7.0 スマートフォン 防塵 防水 タフネス設計 指紋認証 顔認証
世界最小4Gタフネススマートフォン,アンドロイド 9.0 Pre,SIMフリー,4GB RAM と64GB ROM

 
 

そして今なんともヤキモキするのはメイン使用ができる大本命の2端末Rakuten miniAQUOS R3compactは、とにかく未定ということです。情報がないです。 本日2020年1月11日時点では技適の通過も確認できません
※追記:楽天ミニは発売済みです。

 

色々考察しながら待っていたいと思います。

 

 

 

小さなスマホのことをはじめ、その他小さくて良い別ジャンルのモノについても紹介しています。気になる記事があれば是非チェックしてみてください。

モノ 小さいスマホ

小さい中華スマホ【Yupin yp918】を紹介(K-touchシリーズかも?)

小さいスマホ情報を調べていたら、また中国でコンパクトサイズの端末が出ていたので紹介します。 その名もYupin yp918です。   目次1 Yupin yp918について1.1 Yupin yp918の仕様、サイズ感2 Yupin yp918の名称について2.1 名称がこれで正しいか不確定2.2 K-TOUCHブランドを展開している会社2.3 今回の端末の名称は「K-TOUCH M11(ハイバージョン)」の可能性もあり3 まとめ Yupin yp918について Yupin yp918の仕様、サ ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【iPhone12mini】サイズについてまとめ(初代SE、新SEとの比較画像あり)

iPhone12miniが発表されました。 先日iPhoneSE2が発売され、小さいiPhoneの最新はこれだという空気がありました。 しかし今回それよりも小さいiPhoneが出てしまいました。 早速気になるそのサイズについて確認しました。 比較画像もあります。   目次1 iPhone12miniのサイズについて2 iPhone12miniについてまとめ2.1 初代SEサイズに合わせてほしかったという意見2.2 サイズ含め決めるのは絶対的にアップル2.3 小さいAndroid端末ならRakut ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

【楽天モバイル】新端末Rakuten Handを発表(サイズ比較画像あり)

  2020年9月30日楽天モバイルは5Gサービスプランについて発表会を行いました。 ※関連記事※   その発表会で見過ごせない情報がありました。 コンパクトっぽい新端末の情報です。   本ブログでは小さいスマホについて結構情報を揃えています。 ブログでとりあげない訳にはいきません。 発表会ではサラッと触れられたこの端末ですが、ちょっとスペックなど情報をまとめてみました。     目次1 楽天モバイル新端末 その名もRakuten Hand1.1 Raku ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【小さい洗濯機を紹介】でもポイントはサイズのことじゃなくてその機能です

今回小さい洗濯機を紹介します。 特に所持しているモノではないですがネットで見つけてこれはすごいなと思い共有です。   まず最初に 洗濯機だと小型である点は全然メリットではないですね。 その分洗濯容量が小さくなるので。   でもこの小さな洗濯機は他のメーカーでは実装されていない唯一無二のすごい機能があります。 コンパクトな点推しではなくその機能が推しです。   その機能とは   最大80℃の熱水で除菌洗い 細菌測定試験について [試験機関](一財)日本食品分析センター ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】K-TOUCH X11Sを紹介【コンパクトだけど4.6インチ】

久しぶりに小さい中華スマホの紹介です。 このブログでも過去に紹介してきた「K-TOUCH」シリーズの最新作が登場していました。   その名も「K-TOUCH X11S」です。   目次1 K-TOUCH X11Sについて1.1 K-TOUCH X11Sの仕様、サイズ感1.2 中華スマホの商品画像について1.3 その他仕様について2 K-TOUCH X11Sを作った会社はどこ?3 K-TOUCH X11Sの購入方法4 K-TOUCH X11Sまとめ K-TOUCH X11Sについて K- ...

続きを読む

 

他にも”コンパクトなモノが好き”という思考の源泉ではありますが、”無駄を省く”とか”お得(経済的無駄を省く)”といった観点でも記事を書いてあります。数分で読める記事なので是非チェックしてみてください。

ライフハック

【賃貸ライフハック】強制加入の火災保険は外すことができるか

今回は賃貸ライフハックということで賃貸借契約にまつわる裏技じゃないですがテクニックを共有しておこうと思います。   これからお部屋探しの時期がやってきます。 日本では一般的に4月が期首になっているのでそのタイミング前である冬場にお部屋探しが行われます。 しかし一般的にはお部屋探しは人生で機会の少ないイベントだとも思います。 それゆえいざ自身が契約するとなると様々な点で疑問が湧くことだと思います。   その中の一つのジャンルがこちら   F菜さん火災保険って強制なの?未加入じゃ ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】花王特典はじめ12月のキャンペーン解説【PayPayの実質還元率情報も】

PayPay12月のキャンペーンで「花王商品の購入で40%が戻ってくる」第2弾が行われます。   9月に第1弾が行われて3ヶ月でまた同じキャンペーンが開催されます。 第1弾が好評だったんでしょうね。 でもこのキャンペーンにはちょっと言いたいことがあるのでその意見を交えて紹介です。 そしてその他12月キャンペーンの解説と、あと疑問に思ったPayPayの実質還元率を計算してみました。 PayPayの還元率って例えばPayPayモール(yahooショッピング)で買い物をするとなんと22%還元だったりす ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】11月キャンペーンはGoToEatキャンペーンよりお得?

  11月に入りました。 毎月のPayPayキャンペーンの解説記事です。 PayPayではキャンペーンということで数多くの還元企画が開催されていますが、正直多くのそれは大したことがないです笑 しかしその中でも確かにお得でメリットが認められるキャンペーンが存在するのでそれについて共有しておきます。   ズバリ一番オトクなのは次のキャンペーンです。   目次1 11月キャンペーン「PayPayであなたの街を応援しよう!」1.1 「PayPayであなたの街を応援しよう!」詳細1.2 ...

続きを読む

ライフハック

【Go To Eat】プレミアム付食事券購入方法について説明【ファミリーマート引換方式】

Go To Eatキャンペーンのプレミアム付食事券を入手しました。 3大都市圏でいうと大阪が最早スケジュールです。 今回大阪分のそれを手に入れてみました。   大阪は先日プレミアム付食事券の申込受付をweb上で開始し、本日10/14から券の引換処理がスタートしました。 早速それを引換してきたので方法など過程について共有しておきます。   目次1 Go To Eatキャンペーンとは?1.1 【Go To Eatキャンペーン内容】 プレミアム付食事券の発行とは2 GoToEatキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック

【Go To Eatキャンペーン】内容まとめ!食事券の購入方法、オンライン予約について説明【東京、神奈川の開始時期】

みなさん名称はご存知Go To Eat キャンペーンが始まっています。   でもこういう方が多いのではないでしょうか。 F菜さん利用方法がイマイチよくわからないな 共感します。 僕もちゃんと確認をする前は知識0でよくわかりませんでした。   こういった感じで多くの方がなんとなくスルーしているのではないでしょうか。   去年のキャッシュレス推進ポイント還元事業のときもそうですが、国が行うキャンペーンには乗っかっておいて損はないと思っています。 今回のキャンペーンの予算は767億 ...

続きを読む

-モノ, 小さいスマホ

© 2020 ちょうどいいミニマリストのブログ