ライフハック

【禁断】LINEを2台目のスマホにインストールして平行して使う方法&MVNO勢が年齢認証を突破する方法

2月 18, 2020

今回はLINE2台目のスマホにインストールして使う方法をご紹介します。

 

皆さんもLINEを使用していて困ってることはありませんか?

B男さん
MVNOに乗り換えた後にスマホを変えたんだけど年齢認証ができない!これって友達の追加が「対面でQRコードで交換する」しかできなくてすごく不便!

C太くん
2台のスマホで使いたいけどそれはできないみたいだよね

A子さん
古いスマホなんだけどLINEってすごく重いわ

D美さん
なんか最近のLINEって余計な機能が多くてわずらわしい

はい、偶然彼らが僕の困りごとを代弁してくれました。

今回僕はRakutenMiniという端末を手に入れて、今はこれまでのメインスマホ2台使用をしています。

※RakutenMiniについては以下記事をご覧ください。小さくてすっごくクールな端末です。

 

スマホの2台持ちを考えたときに真っ先にLINEの運用はどうしようかと困りました。できたら2つのスマホで平行してLINEを使用したいですが、ご存じの通りLINEは1台のスマホにしかインストールできません。

でも

2台のスマホにインストールして利用する方法があります。それを今回ライフハック(生活の知恵/裏技)としてご紹介します

 

この記事を読んでわかること

①2台目のスマホにLINEをインストールする方法
②おまけ要素
 それは
 ・年齢認証概念がないLINE
 ・とても容量が軽い
LINE
 ・とても機能がシンプルな
LINE
 です。

 

その名はLINE Lite

最初に結論です。

LINE Lite”というアプリをインストールすれば2台利用が可能になります。

それはLINEの運営会社LINE Corporationが提供していて、Google Playでも公式に公開されているアプリです。

 

でも疑問が湧きませんか?

B男さん
なぜそんな便利なものがあまり話題になっていないんだろう

その点です!
なぜ話題になっていないかというと”日本ではこのアプリは公開されていないから”です。

上のスクリーンショットでも「×このアプリはお使いのどのデバイスにも対応していません」と表示されています。基本、日本国内では使えない(ダウンロードできない)ように仕上げられています。

LINE Lite新興国向けに公開されている軽量版LINEです。余計な機能は無く純粋なメッセンジャーアプリです。

 

日本でも昔はLINEはただのメッセンジャーアプリでした。しかしそのままではいくら利用者が多くても収益につながらないのでしょうね。「ニュース」機能が付いたり、「ウォレット」というカテゴリボタンがついたり(機能は謎です)、気がつけばいろんなところで広告だらけになっています。

LINE Corporationとしては日本におけるLINEアプリについて収益につながりやすく改良してきたのに、また昔のただのメッセンジャーアプリに戻すわけにはいかないと当然思っていると思います。なので日本ではLINE Liteは使えないのでしょうね。

 

ではどうやって使用できるようにするのか?

 

APK Mirrorでダウンロードしましょう

はい、Google Play以外からアプリをダウンロードしましょう。

Androidにアプリをインストールする行為はGoogle Play以外からでも可能です

僕が利用したのは有名サイト「APK Mirror」です。名称の通りGoogle Playのミラーサイトです。海外の大手Android情報サイトが運営しています。GooglePlayで公開されているアプリを有志達がそのまま転載してくれています。その際に改ざんなどがないように確認ができる仕組みは整っているようです。

 

APK・・・Androidアプリのことです。アプリの拡張子に.apkが付くのでそう呼ばれています。

 

このサイトではGooglePlayで無料で公開されているアプリがダウンロードできます。まさに今回のLine Liteもダウンロードできますし、例えばスマホのAndroidのversionの関係で本来ダウンロードできないようなアプリ等も無理矢理ダウンロードできます。

※注意※

Google Playでダウンロードできるアプリが公式アプリであるのに対し、こちらでダウンロードできるそれは言わば野良アプリです。ダウンロードされる際は自己責任でお願いします。

 

 

ダウンロード/インストール手順

<ダウンロードサイト>
APK Mirror

①上記サイト開くと虫眼鏡マークのところで検索ができます。そこで「LINE Lite」で検索します。

②検索結果から「LINE Lite:Free Calls & Messages [version情報]」をクリックします。一番上に出てくるものが最新になっているはずです。

 

③次に2つの種類から選択します。広告が多いのでスルーして以下の項目を見つけましょう。
基本的には上の「armeabi-v7a」という種類のほうでよいです。
※もし自身の端末が64bit対応であるなら下の「arm64-v8a」を選択しても大丈夫です。対応じゃない場合は「arm64-v8a」は動かない可能性もあるので、その逆はない上の「armeabi-v7a」を選択しておくのが安全ではあります。

 

④「LINE Lite:Free Calls & Messages [version情報](armeabi-v7a)(Android4.1+)」というタイトルの画面になるので下のほうへスワイプして「DOWNLOAD APK」というボタンをタップします。

※この画面は途中の広告等を飛ばして編集しています。広告をスルーしてボタンを探しましょう

これでAPK(アプリ)がダウンロードされ、完了したあとは開くという旨の選択肢をタップします。

以下の画面が開いてきます。

ワクワクしますよね笑
見なれたLINEグリーンの背景に軽やかな羽のオープニング画面。

⑤「メールアドレスまたはQRコードでログイン」で進んでください。言わばこれが2台目で使用するときの選択項目です。もし「はじめる」から進んでしまうとメインのLINEがこっちに移ってしまい、現在使用中の端末の方でLINEが使えなくなります。

LINEにメールアドレスを登録していないという方はそれの登録から始めましょう。こういった時に役に立ちます。
設定→アカウント のところにあると思います。
QRコードでログインのほうは行っていないのでちょっと画面がわかりません。

「メールアドレスでログイン」について
PCをメインのLINE端末としているユーザーであればお馴染みです。この層にとってはメインスマホもLINEのメイン端末ではありません。あくまでPC上のLINEがでずっと継続していて、スマホはサブです。スマホ変更の経験は何回もあると思います。その際の引き継ぎは登録メールアドレスを入力して行うのですが難なく終わります。

LINEの引き継ぎがスマホ → スマホの場合は非常に煩雑です。こういった点でも楽なので、デジタルのメイン端末はスマホではなくPCにしておくことを個人的にはオススメしています
これまでのメッセージ履歴もPC上のLINEで全部残っていきます。今後スマホが何回変わって何回スマホ上ではメッセージがリセットされても全く気にならないと思います。
※関連記事※

 

 

 

LINE Liteの使用感について

とても良いですね。思い出すのは初期の頃のLINEです。

ちょっとスクリーンショットはだせませんが、例えば今のノーマルのLINEは下に「ホーム」「トーク」「タイムライン」「ニュース」「ウォレット」5つの項目があります。

急にこれになった頃「無駄な項目が増えたな~、煩雑だな~」と思っていましたが、それも知らない間に慣れていましたね

今回のLINE Liteでは「トーク」機能だけしかありません。なので下に上記5つの項目はないですし、あるのは右上に友達マーク、友達追加マーク、設定マークのみです。

思い出すと昔のラインはこうでしたよね連絡先一覧の意味の友達画面最新の会話から並んでいるトーク画面設定画面。

いやあスリムです!無駄がなくて僕は好きですね。メインのラインをこれにするのも良いと思います。

その他の使用感はもちろんLINEそのままです。ちょこちょこ仕様が違う部分がありますが個人的には問題ないです。

当然メッセージは両方の端末で同期され残っていきます

 

LINE Liteの容量について

ノーマルのLINE712MBなのに対し、LINE Liteは驚きの86MBです。乱暴に言いますがほぼ10分の1です。

めちゃめちゃ記憶容量に優しいです。節約したい場合などには持ってこいですね。

 

LINE Lite年齢認証の概念がない

これが思わぬ特典だと思います。現在多くの方が困っているのが”3大キャリア、LINEモバイルユーザー以外は年齢認証が突破できない”という問題です。

それが突破できない場合に具体的に困ってくることは”友達追加操作時にLINE IDによる検索/被検索が不可”という点です。これは地味に困ると思います。ネット上でも多くのトピックがあがっています。どうすれば年齢認証を突破できるかと。

ここには不満があって、本当にLINE社が言葉通り年齢認証を行いたいんだったら免許証などの写真を撮ってアップして受理するなど、方法は無限にあると思うのです。しかしそれをせずにずっと「3大キャリア、LINEモバイルユーザーだけは認証ができる」というスタンスを変えません。

現状、MVNOで初めて手にした端末にLINEを入れる場合、全員年齢認証ができないのでそれはおかしいと思っています。

ただLINE Liteであればそれをあっけなく突破できます。この目的で本アプリを入れたいという方も多いのではないでしょうか。

 

LINE Liteまとめ

こういった感じでLINE Liteの総合評価は◎(二重マル)です。

以下のような要望を持っている方には絶賛オススメします。

・2台でLINEを使いたい方
・軽いLINEを使いたい方
・余計な機能のないLINEを使いたい方
・MVNO利用中で年齢認証を突破したい方

 

 

 

他にも”経済的な無駄を省く”、”効率化”といったような考え方で記事をたくさん書いています。気になるものがあればチェックしてみてください。

ライフハック

【PayPay】1月キャンペーンはほぼ目玉がない?2月キャンペーンは?

1月も半場を過ぎましたがPayPay1月キャンペーンと今後のキャンペーンについて共有です。     目次1 【1月】PayPayキャンペーン① あなたの街を応援しようキャンペーン1.1 あなたの街を応援しようキャンペーン1.2 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?2 【1月】PayPayキャンペーン②ペイペイジャンボ2.1 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?3 PayPay2月キャンペーンの目玉はある?3.1 ユニクロで最大10%戻ってくるキャンペーン4 PayPayキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック 通信

【3大キャリア】値下げ後料金でどこが一番オトクなのか【MVNOの情報もあり】

3大キャリアの値下げ後料金プランが出揃いました。 今まではどこのプランも高いと言われ続けていましたが、今回国からの要請を受けて全キャリアがキチンとした料金値下げを発表しました。 今回はちゃんと安そうです笑   今までは、安いプランをリリースしましたと語らかに謳うわりには発表されるプランはいわば騙しの策です。複雑怪奇になっていくだけで実は安くなっていないという状態でした。失望するユーザーが多かったと思います。 僕も過去はドコモユーザーでしたが記憶しているところでも10年ぐらいはずっとこんな感じです ...

続きを読む

ライフハック

【PayPayキャンペーン】さとふる3%還元よりお得なふるさと納税方法を紹介(花王40%還元額の確認方法も)

今月PayPayのキャンペーンで「花王商品の購入で40%が戻ってくる」の第2弾が開催されています。   しかし先日11月の記事で、9月に行われたこのキャンペーン第1弾分の還元がまだなされていないことを共有しました。 当初その還元期限は11月の末と案内されていました。   第1弾の還元が無いと第2弾も人にはオススメできないなと思っていましたが、12月どこかの日に還元が成立したようです。 アプリ内でその還元額の表示がされるようになりました。 その確認方法を共有しておきます。 あとPayPa ...

続きを読む

ライフハック

【賃貸ライフハック】強制加入の火災保険は外すことができるか

今回は賃貸ライフハックということで賃貸借契約にまつわる裏技じゃないですがテクニックを共有しておこうと思います。   これからお部屋探しの時期がやってきます。 日本では一般的に4月が期首になっているのでそのタイミング前である冬場にお部屋探しが行われます。 しかし一般的にはお部屋探しは人生で機会の少ないイベントだとも思います。 それゆえいざ自身が契約するとなると様々な点で疑問が湧くことだと思います。   その中の一つのジャンルがこちら   F菜さん火災保険って強制なの?未加入じゃ ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】花王特典はじめ12月のキャンペーン解説【PayPayの実質還元率情報も】

PayPay12月のキャンペーンで「花王商品の購入で40%が戻ってくる」第2弾が行われます。   9月に第1弾が行われて3ヶ月でまた同じキャンペーンが開催されます。 第1弾が好評だったんでしょうね。 でもこのキャンペーンにはちょっと言いたいことがあるのでその意見を交えて紹介です。 そしてその他12月キャンペーンの解説と、あと疑問に思ったPayPayの実質還元率を計算してみました。 PayPayの還元率って例えばPayPayモール(yahooショッピング)で買い物をするとなんと22%還元だったりす ...

続きを読む

 

無駄のないサイズ「コンパクトなモノ」についてもたくさん記事を書いています。小さくて質の良いものって所有欲をそそられます。是非チェックしてみてください。

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】新作 SOYES S10-Hリリース【3.49インチ】

新年あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願い致します。 2021年も変わらずブログを続けて行きたいと思っています。   さて新年1発目は久しぶりに小さい中華スマホの紹介です。 このブログでも過去に紹介してきた「SOYES」シリーズの新作が登場していました。   その名も「SOYES S10-H」です。     目次1 SOYES S10-Hについて1.1 SOYES S10-Hの仕様、サイズ感1.2 中華スマホの商品画像について1.3 その他仕様につい ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

Mac miniと同等のWindowsPCはあるのか?【結論】無い

先月アップルからMac miniが発売されました。 いわゆるミニデスクトップPCです。 僕もwindowsのミニデスクトップを使っています。 僕は小さいデスクトップに興味を持っていて、新製品が世にでていないかずっと目を光らせています。 そんな僕が思うのは、今回のMac miniの登場は本当にうらやましいということです。 ※僕はWindowsユーザーです   その理由はMac miniはすべてが揃っているからです。   例えばwindowsでMac miniのようなPCはあるか?と言われ ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

楽天モバイルからRakuten Hand登場【5インチ台のコンパクトなスマホ】

  楽天モバイルからジャストサイズなスマホ「Rakuten Hand」が発売されました。   先日2020年9月30日に楽天モバイルは5Gサービスプランについて発表会を行いました。そのときにこのRakuten Handについては登場が予告されていました。 その際、だいたいのスペックは公開されていたので当時以下記事も書いています。 ※関連記事※   本体の厚みであったり以前はわからなかった情報がいくらか判明したのでまとめました。 そして同じ土俵にはAQUOS R2compact ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

小さい中華スマホ【Yupin yp918】を紹介(K-touchシリーズかも?)

小さいスマホ情報を調べていたら、また中国でコンパクトサイズの端末が出ていたので紹介します。 その名もYupin yp918です。   目次1 Yupin yp918について1.1 Yupin yp918の仕様、サイズ感2 Yupin yp918の名称について2.1 名称がこれで正しいか不確定2.2 K-TOUCHブランドを展開している会社2.3 今回の端末の名称は「K-TOUCH M11(ハイバージョン)」の可能性もあり3 まとめ Yupin yp918について Yupin yp918の仕様、サ ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【iPhone12mini】サイズについてまとめ(初代SE、新SEとの比較画像あり)

iPhone12miniが発表されました。 先日iPhoneSE2が発売され、小さいiPhoneの最新はこれだという空気がありました。 しかし今回それよりも小さいiPhoneが出てしまいました。 早速気になるそのサイズについて確認しました。 比較画像もあります。   目次1 iPhone12miniのサイズについて2 iPhone12miniについてまとめ2.1 初代SEサイズに合わせてほしかったという意見2.2 サイズ含め決めるのは絶対的にアップル2.3 小さいAndroid端末ならRakut ...

続きを読む

-ライフハック

© 2021 ちょうどいいミニマリストのブログ