モノ 小さいスマホ

【Atom XL】中国ベンチャーUnihertzからAtomの第二弾が登場【タフネス系】

3月 2, 2020

小さなタフネス系スマホ”Atomで実績のあるUnihertz社が第二弾の端末として”Atom XL”をリリースします。

 

 

Atom XLってどんな端末?

まず先代”Atom”についてはこちらの記事をチェック!

 

前回がそうなのですがAtomはいわゆるタフネス系路線のスマホです。今回の第二弾もその路線ど真ん中で来ています。

先代は液晶が2.45インチとちょっと小さかったのですが今回は4インチに拡大しています。個人的には4インチぐらいの液晶ってちょうどで使いやすいと思っています。

液晶サイズをはじめ各種スペックもブラッシュアップされています。

Atom XLのスペック

寸法:縦134×横65×奥行き17.5 mm
重量:224.5g 
ディスプレイ:4インチ(1136×640 ピクセル )
OS:Android 10
CPU:Helio P60 Octa Core 2.0 GHz
RAM:6GB
ROM:128GB
バッテリー:4300mAh
カメラ:4800万画素
Micro SD:○
SIM:デュアルシム対応(nano)
その他:NFC、指紋認証、wi-fi、USBタイプC、防水(IP68)、防塵、3.5mmジャック 、2.0高速充電テクノロジー
対応バンド
FDD-LTE: 2 / 3 / 4 / 5  / 6 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28A / 28B
TDD-LTE: 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 66
CDMA2000: BC0 / BC1
TSCDMA: 34 / 39
WCDMA: 1 / 2 / 4 / 5  / 6 / 8 / 19
GSM:2 / 3 / 5 / 8
(アジア、欧州やアメリカの基本キャリアに対応しています)
DMRトランシーバー:XLは装備(Lには無し)
※今回XLとLの二種類があります。その違いはトランシーバー機能の有無だけです。

全体的に良スペックですね。僕が最もこだわっているサイズについて、正直4インチ端末のわりには大きくなっています

ただその点については、この端末は見た目の通り過酷な使用環境にも適応するためのタフネススマホです。様々な衝撃に耐えうるための筋肉隆々なボディや、長時間稼働を実現するための大容量バッテリーの搭載により頼もしいカタチになっており、薄くてコンパクトなスマホを使いたいというユーザー層はそもそもターゲットではないです。

車で言うと街乗り用の二駆のSUVと言うよりは、がっつりオフロード走行ができる四駆といったところでしょうか。ちなみにそいつが街に現れてもその無骨な感じは当然カッコいいです。

 

端末サイズにしてはバッテリー容量がすごいですね。よく中華ベンチャーのスマホで公称のバッテリー容量が本当か怪しいケースがありますUnihertz社は信用できそうです。

例えば先代のAtomはまず世界に出資を募って製作されたものです。こういうもの作るので資金をください、とお願いをしてお金を集め製品を製作。プレモデルを最初にプレゼンしたんでしょうし、多くの出資者の目の中、途中でウソ仕様を盛り込むなんてできにくい環境だと思います。

今回のAtom XL出資を募り製作されるようです。

 

 

Atom XL手に入れるにはどうしたらよい?

 

今現在は普通にAmazonで販売されています
下に続く記事は2020年3月頃の端末登場までの記事としてお読みください

6GB+128GB、タフネススマホ アンドロイド10 4300mAhバッテリー 48 MPカメラ

 


今現在(2020/3/1)通常に販売はされていません。上でも述べた通り出資を募っている段階です。先日まではこの旨の告知のみがされている状態でしたが現在はプロジェクトが開始し始動しています。

 

具体的にはクラウドファンディングを手がけるサイト「KICKSTARTER」上でそれが進行しています。

KICKSTARTER ~ATOM XLページ~

もう既に多くの資金が集まっていますね。手に入れるためにはここで一定額以上の支援を行えばその金額に応じてAtom XL/Lが手に入るようです。具体的には以下金額ですね。

 

この金額でもまだ正規価格から$70(約7500円)、$90(円9700円)割安だそうです。
※現在為替が激変中で換算額は流動的です

 

ちょっと前までは先着者限定最安値募集がされていました。それはUnihertz商品紹介サイトでもずっと告知がされていました。

18,267円や20,429円で手に入れられたみたいです。それぞれ200名、500名でSTOPされていますね。

 

ゆくゆくはAmazonなどを皮切りに普通に販売開始されると思います。(下の商品は先代のAtomです)

世界最小4Gタフネススマートフォン,アンドロイド 9.0 Pre,SIMフリー,4GB RAM と64GB ROM

でも、「れを待たず早く手に入れたい」、「割安で手に入れたい”」という方はKICKSTARTER上でプレッジ(支援)してみて良いかもしれません。

ただし、あくまで現状はプロジェクトに一定額を支援しそれのreward(謝礼)としてAtom XL/Lが手に入りますよというお約束であって、売買契約ではない点注意が必要です。

ただUnihertzさんは実績としてAtomの発売までいけているのと、ちゃんとしたHPの印象とか、個人的には良い会社という心証を持っています。大丈夫なんじゃないかなとは思います。一応、支援される際は自己責任で!

 

最後、Atom XL/Lの写真をいくらか載せておきます。

 

 

小さいスマホに興味がある方はこんなスマホもどうでしょうか。

約8年ぶりの国産小さいスマホ(3インチ台)

RakutenMiniを手に入れました。レビューしているので是非チェックしてみてください。関連記事↓↓

詳しく見る
【Rakuten Mini】レビュー & 必見初期設定(電池消耗を抑える)

小さいスマホRakuten Miniを手に入れました。 当ブログでは何度も記事で登場していますが、現状4インチ以下の小さいスマホの中ではスペック的にも一番優れていると思います。 色 ...

続きを見る

 

もし5インチ台(現在の一般的液晶サイズ)で最小な端末ならこちらの記事を

5.2インチだけどスリム、そしてその後継機は?

SHARPが誇るスリムスマホ「AQUOS R2 compact」。この端末の進化版「AQUOS R3 compact」の登場は?関連記事↓↓

詳しく見る
【小さいスマホ】伏兵AQUOS R3compactの発売は?【SHARP】

※画面はAQUOS R2compactです   小さいスマホにかっこよさを感じていて各社の端末はずっと横目で見てきています。 実はSHARPが小さい物作りで非常に優れています。 毎 ...

続きを見る

 

 

 

 

その他小さなスマホをはじめ、小さくて良いモノ全般についても紹介しています。気になる記事があれば是非チェックしてみてください。

モノ 小さいスマホ

小さい中華スマホ【Yupin yp918】を紹介(K-touchシリーズかも?)

小さいスマホ情報を調べていたら、また中国でコンパクトサイズの端末が出ていたので紹介します。 その名もYupin yp918です。   Yupin yp918について Yupin yp918の仕様、サイズ感 Yupin yp918のスペック 寸法: 高さ130mm×幅55mm×奥行8mm ディスプレイ:4.6インチ、854×480ピクセル バッテリー:2200mAh OS: Android 9.0 CPU: HelioP20 オクタ · コア 端子: 不明 カメラ:前面1300万画素、背面1600 ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【iPhone12mini】サイズについてまとめ(初代SE、新SEとの比較画像あり)

iPhone12miniが発表されました。 先日iPhoneSE2が発売され、小さいiPhoneの最新はこれだという空気がありました。 しかし今回それよりも小さいiPhoneが出てしまいました。 早速気になるそのサイズについて確認しました。 比較画像もあります。   iPhone12miniのサイズについて 寸法を一覧にしました。 比較対象としてiPhone SE(初代)、iPhoneSE2とあと小さいAndroidスマホのRakuten miniを載せています。 名称 寸法mm(縦×横×厚さ) ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

【楽天モバイル】新端末Rakuten Handを発表(サイズ比較画像あり)

  2020年9月30日楽天モバイルは5Gサービスプランについて発表会を行いました。 ※関連記事※   その発表会で見過ごせない情報がありました。 コンパクトっぽい新端末の情報です。   本ブログでは小さいスマホについて結構情報を揃えています。 ブログでとりあげない訳にはいきません。 発表会ではサラッと触れられたこの端末ですが、ちょっとスペックなど情報をまとめてみました。     楽天モバイル新端末 その名もRakuten Hand Rakuten Han ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【小さい洗濯機を紹介】でもポイントはサイズのことじゃなくてその機能です

今回小さい洗濯機を紹介します。 特に所持しているモノではないですがネットで見つけてこれはすごいなと思い共有です。   まず最初に 洗濯機だと小型である点は全然メリットではないですね。 その分洗濯容量が小さくなるので。   でもこの小さな洗濯機は他のメーカーでは実装されていない唯一無二のすごい機能があります。 コンパクトな点推しではなくその機能が推しです。   その機能とは   最大80℃の熱水で除菌洗い 細菌測定試験について [試験機関](一財)日本食品分析センター ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】K-TOUCH X11Sを紹介【コンパクトだけど4.6インチ】

久しぶりに小さい中華スマホの紹介です。 このブログでも過去に紹介してきた「K-TOUCH」シリーズの最新作が登場していました。   その名も「K-TOUCH X11S」です。   K-TOUCH X11Sについて K-TOUCH X11Sの仕様、サイズ感 K-TOUCH X11Sの仕様はこちらです。 K-TOUCH X11Sのスペック 寸法: 高さ128mm×幅56mm×奥行9.5mm ディスプレイ:4.6インチ、1120×480ピクセル バッテリー:2200mAh OS: Andro ...

続きを読む

 
 

他にも”コンパクトなモノが好き”という思考の根っこではありますが、”無駄を省く”とか”お得(経済的無駄を省く)”といった観点でも記事を書いてあります。数分で読める記事なので是非チェックしてみてください。

ライフハック

【賃貸ライフハック】強制加入の火災保険は外すことができるか

今回は賃貸ライフハックということで賃貸借契約にまつわる裏技じゃないですがテクニックを共有しておこうと思います。   これからお部屋探しの時期がやってきます。 日本では一般的に4月が期首になっているのでそのタイミング前である冬場にお部屋探しが行われます。 しかし一般的にはお部屋探しは人生で機会の少ないイベントだとも思います。 それゆえいざ自身が契約するとなると様々な点で疑問が湧くことだと思います。   その中の一つのジャンルがこちら   F菜さん火災保険って強制なの?未加入じゃ ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】花王特典はじめ12月のキャンペーン解説【PayPayの実質還元率情報も】

PayPay12月のキャンペーンで「花王商品の購入で40%が戻ってくる」第2弾が行われます。   9月に第1弾が行われて3ヶ月でまた同じキャンペーンが開催されます。 第1弾が好評だったんでしょうね。 でもこのキャンペーンにはちょっと言いたいことがあるのでその意見を交えて紹介です。 そしてその他12月キャンペーンの解説と、あと疑問に思ったPayPayの実質還元率を計算してみました。 PayPayの還元率って例えばPayPayモール(yahooショッピング)で買い物をするとなんと22%還元だったりす ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】11月キャンペーンはGoToEatキャンペーンよりお得?

  11月に入りました。 毎月のPayPayキャンペーンの解説記事です。 PayPayではキャンペーンということで数多くの還元企画が開催されていますが、正直多くのそれは大したことがないです笑 しかしその中でも確かにお得でメリットが認められるキャンペーンが存在するのでそれについて共有しておきます。   ズバリ一番オトクなのは次のキャンペーンです。   11月キャンペーン「PayPayであなたの街を応援しよう!」 「PayPayであなたの街を応援しよう!」詳細 キャンペーン概要 ...

続きを読む

ライフハック

【Go To Eat】プレミアム付食事券購入方法について説明【ファミリーマート引換方式】

Go To Eatキャンペーンのプレミアム付食事券を入手しました。 3大都市圏でいうと大阪が最早スケジュールです。 今回大阪分のそれを手に入れてみました。   大阪は先日プレミアム付食事券の申込受付をweb上で開始し、本日10/14から券の引換処理がスタートしました。 早速それを引換してきたので方法など過程について共有しておきます。   Go To Eatキャンペーンとは? 詳細については先日の記事をご確認ください。 ※関連記事※   GoToEatキャンペーンは大きく分けて ...

続きを読む

ライフハック

【Go To Eatキャンペーン】内容まとめ!食事券の購入方法、オンライン予約について説明【東京、神奈川の開始時期】

みなさん名称はご存知Go To Eat キャンペーンが始まっています。   でもこういう方が多いのではないでしょうか。 F菜さん利用方法がイマイチよくわからないな 共感します。 僕もちゃんと確認をする前は知識0でよくわかりませんでした。   こういった感じで多くの方がなんとなくスルーしているのではないでしょうか。   去年のキャッシュレス推進ポイント還元事業のときもそうですが、国が行うキャンペーンには乗っかっておいて損はないと思っています。 今回のキャンペーンの予算は767億 ...

続きを読む

-モノ, 小さいスマホ

© 2020 ちょうどいいミニマリストのブログ