コンパクトなモノ モノ

【小さいデスクトップPC】ASRock DeskMini X300 レビュー

4月 14, 2021

以前の記事で予告していましたがPCを新しいものに買い換えました。

先代のPCはWindows Updateで壊れてしまいました。

 

個人的にはwebに触れるデジタル端末は、デスクトップPCが一番ユーザー体験がリッチだと思っています。

その一番の要因はディスプレイが大きいことです。好みでいくらでも大きくできますね。30インチ超え、40インチ超え、複数ディスプレイなど。

そして入力のしやすさも要因として挙げられます。キーボードやマウスは捨てられませんね。

 

ただしこれは個々人の価値観によると思いますので、スマホ、タブレット、ノート、デスクトップどれでWEBと接するかは個々人の好みです(すごく平和なまとめ方笑)

 

そしてデスクトップPCといえば「大きい」というイメージを持つ方も多いと思いますが、僕は大きなモノを持つのをできるだけ避けたい人です。

持ち物はできるだけ小さいほうがいい」のモットーのもと、デスクトップも質は良いけれどコンパクトであることを望みます。

そうして考えると結構選択肢は狭くなるのですが今回ばっちり当てはまるものを手に入れたのでレビューしていきます。

 

購入したデスクトップは「ASRock DeskMini X300

最初にASRock社とは

今回ASRock社のデスクトップを購入しました。

ASRock社とは

ASRock Inc.(ASRock社)

・2002年に設立された台湾に本社を置く会社、ヨーロッパと米国に支社を持つ
・マザーボード分野が専門
・世界で3番目に大きいマザーボードブランドとなっている
<メーカーHP>
ASRock

マザーボード含むPC筐体(ベアボーンキット)をたくさん手掛けていて評価が高いです。

僕も以前のデスクトップの記事でASRockのPCを紹介していました。この流通の流れを知らずに。ドスパラやツクモから出ているある小さいデスクトップをOEMかなと伝えていました。

詳しく見る
【2020年7月時点】オススメの小さなパソコンを紹介します【ミニデスクトップ】

先日LINEで一番便利なのはPC版LINEであると紹介しました。   でもこういった方が多いでしょうか。 A子さんそもそもPCを持ってない B男さん大きいし持つのハードル ...

続きを見る

 

もともとASRockが製作したベアボーンキットを使って、ドスパラやツクモはOSやCPU、メモリなどを自由に選択できるBTOパソコンとして販売しています。様々な販路があるという状況ですね。

 

そしてそのASRockの商品で、今回僕が購入したのはASRock DeskMini X300というPCです。

 

ASRock DeskMini X300とは

ASRock DeskMini X300仕様

ASRock DeskMini X300
・AMD® AM4ソケット CPU
 - Renoir, Picasso, Raven Ridge、最高 65W
 - 最大高さ 46mm 以下の CPU クーラーをサポート
・X300 でオーバークロッキングオプションに対応
・高速 DDR4-3200MHz メモリ
・2 つの Ultra M.2 (NVMe)
 - M2_1 M.2 (2280) – PCIe Gen3 x4
 - M2_2 M.2 (2280) – PCIe Gen3 x2/x4
・2 x 2.5" SATA 6Gb ハードドライブ
・RAID 0/1 機能をサポート
・HDMI, DisplayPort, D-Sub
・Wi-Fi モジュール用の M.2
・USB 3.2 Gen1 Type-C
・サイズ:155×155×80 mm

いろいろと仕様を書きあげましたが僕にとっての大きな価値はRyzenの最新APUを搭載できること、小さいことの2点です。

本来はその可能性の高さから自作好きの層に受けているベアボーンです。

商品名を検索してみるとたくさんyoutube動画やブログなどがヒットします。

そしてどの方もオーバークロッキング対応が熱いということで、そのあたりをいじってどこまで描画性能(ゲームスコア等)が出せるか色々試されています。

オーバークロッキング・・・CPU設定を変更し定格の最高を上回る周波数にすること。

簡単に言うと設定を触ってCPU性能を上げることです。ただしそれを行うために供給電圧値をあげたりメーカーのデフォルト設定でない状態で使うことになります。オーバーブーストではあるわけです。あくまで自己責任でということになります。

 

そういうPCなのですが僕はいわゆる普通使いのために購入しました。

本製品を購入した2021年3月時点では現状スペックが良くて一番小さいデスクトップPCはこれだったので。

 

そしてスペックが良いとは言いましたがこれはBTOなので自由にパーツを選べます。そうじゃない仕様も選べます。

僕が選択したのはこんな構成です。

 

スペック

僕が購入した構成はこうです。

ASRock DeskMini X300仕様

CPU : AMD Ryzen 7 PRO 4750G Renoir [3.6GHz/8Core/Radeonグラフィック/TDP65W] 
CPU-FAN : ASRock DeskMini純正CPUクーラー(標準)
MOTHER : AMD X300チップセット搭載マザーボード
MEMORY : 16GB[8GB*2枚] DDR4-3200 SO-DIMM Dual Channel
HDD/SSD : Western Digital WD Black WDS250G3X0C [M.2 PCI-E SSD 250GB]
SSD-Option: サイコムオリジナルM.2 SSDヒートシンク 
HDD/SSD2 : なし(標準)
POWER : ACアダプタ 120W電源標準
OS : Microsoft(R) Windows10 Home (64bit) DSP版(標準)

まず商品の購入先について、ドスパラツクモをはじめたくさんの注文先があります。

僕はその中でもサイコムを選びました。

理由はCPUとしてRyzen 7が選べるからです。

 

今回はRyzen 7がどうしても欲しかったんですよね。

その他多くのサイトではRyzen 5までしか選べませんでした。

 

 

CPU Ryzenの系譜について 

ご存じAMD社が手掛けるCPUシリーズがRyzenです。IntelのCore〇シリーズと2強ですね。

【どちらのCPUが優れているのか?】
数年前からRyzenのほうが安価でそして優れているという状況になってきいます。それは各論評はもとよりベンチマークスコアなどが物語っています。今世の中にあるPCのシェア率は当然intelのほうが強いですが現在の販売PCにおけるシェア率はRyzenのほうが勝っています。

<リンク>BCNR記事(家電流通の動向を発信するサイト)
「Ryzen」旋風吹き荒れる、AMD製CPUの販売シェアが再び7割近くに(2020.6月記事)

 

今まで僕が使用してきたPCはインテルCPUでしたが次はAMD Ryzenにしようと思っていました。

Ryzenの何がいいかというとグラフィック性能が強い点です。

本来グラフィック性能をあげようとするとGPUグラフィックボード)を購入し取り付ける必要があります。

そうなるとPC全体が大型化してきます。グラボって大きいですからね~。

個人的にはその大型化を避けたいのです。

 

そういうことであればRyzen CPUです。

そのラインナップにはGPUが内蔵されているシリーズがあります。AMD社はこれを独自に「APU」と呼んでいたりしますね。

そして現状のRyzenの系譜はこちら。

発売時期 名称 ZENアーキテクチャ
2017年4月 Ryzen 1000 Zen(14nm)
2018年2月 Ryzen 2000G Zen(14nm)
2018年4月 Ryzen 2000 Zen+(12nm)
2019年7月 Ryzen 3000G Zen+(12nm)
2019年7月 Ryzen 3000 Zen 2(7nm)
2020年7月 Ryzen 4000G Zen 2(7nm)
2020年11月 Ryzen 5000 Zen 3(7nm)
Ryzen 5000G Zen 3(7nm)

※各*000シリーズの中に、Ryzen3~7のラインナップがあります。近年のものからRyzen9もラインナップされています。

 

末尾にGがつくものがGPU内蔵型です。定期的に新型が発売されています。

具体的なスケジュールは、大幅アップデートと捉えられるZENアーキテクチャの数字があがってまず「*000」シリーズが発表されます。

現状のサイクル通りいくと次の夏~秋の時期にZEN4アーキテクチャのRyzen 6000シリーズがでる可能性が高いですね。

そしてそのメジャーシリーズの間でGがつくGPU内蔵型が発表されます。ある程度時期はばらついているように見えます。

 

2021.3月購入時ではRyzen 4000Gが一番いいAPUになります。

Ryzen9のラインナップはないので具体的には「Ryzen7 4750G」、今回購入したこのCPUがGPU内蔵型では最新です。

 

いや、、正確には最新でした。。

実はちょうど記事執筆の本日、米AMD社がRyzen 5000Gを発表しました。。

【2021.4.13】米AMDがZEN3アーキテクチャ採用の新APU「Ryzen 5000G」シリーズを発表

製品詳細(※AMD社HP リンク)

いいですよね~。

各サイトでベンチマークスコアがあがっていますがRyzen 5000シリーズ(Gがつかないほう)はとても性能がよいです。

それにGPUも内蔵されているとか、欲しい人にはたまらないですね。

ちなみに一つCPUスコアのことで情報ですが、今回購入したRyzen 7 4750Gは最新メジャーシリーズのRyzen 5 5600Xとほぼ同等です。まあ数値はちょっと負けてはいますが。。

なので性能的にはそんなに型落ちではないです!最新シリーズとも並ぶものです!(型を選べば)
※何の言い訳だという笑

 

もう「一世代前」という型落ちレッテルがつくのはちょっと残念ですが、、笑

ま商品を発表しただけでこれを搭載したPCが世に出回ってくるのはまだまだ時間がかかると思います。

ましてやそれがニッチな分野の小さいデスクトップ筐体に搭載したものとなるとほんとにまだまだじゃないですかね。

※でもASRockさんはすぐRyzen 5000Gが搭載できる筐体を製作しちゃいそうですが。。

 

メモリやその他スペックについて

今回メモリは16GBです。

8GBでも普通使いの人なら問題ないと思いますが、長く使うので先を見ています。

記憶装置はSSD250GBです。

HDDかSSDかの点は確実にSSDのほうがよいと思います。

読み込み速度が段違いなのでPCの起動時をはじめ、意識してない部分でも高速読み込みの恩恵を享受できると思います。

容量については僕はデータをほぼ貯めない人なので最小の250GBにしています。これは使用方法によって好みでしょうね。

 

その他はブルートゥースを使うので無線ユニットも付けましたし、延長保証なども付けました。

この保証についてはデフォルトの1年より、5000円程度払ってでも2年3年追加しておくほうが良いと思います。何かしらの不具合が起こる可能性はあるので。

あとCPUクーラーについてはもし変更ができるのであれば純正よりも大型のやつに変えたかったのですが、それは選択肢がなかったです。

Ryzen 7は熱を持ちやすいそうなのでできるだけ排熱装置は強めたいとは思っていました。

 

こうして好きな構成を選んだわけですが、そのお値段は131,000円程度になりました。

た、、高い。。笑

 

もしこれからASRock DeskMini X300を購入してみようと思っている方へもっと安くするアドバイスがあります。

それは一番下のまとめの頁でつづっています。

 

 

ASRock DeskMini X300 購入品を紹介

開封の儀

ではお待ちかねの段ボールを開けていくところから共有です。

 

開けるとこんな感じ。ASRock社の箱がお目見え。

 

中身を出してみると本体と明細関係が出てきました。

 

本体箱を開けてみたところ。本体がお目見えします。

 

中身を全部出しました。
右からSATA接続配線(使用しないもの)、電源アダプター、本体、無線アンテナ、側面に取り付けるほこりィルターです。

 

ASRock DeskMini X300 本体写真

正面

各種宣材写真を見たときは正面は金属かと思っていましたがプラスチックですね。おしゃれだとは思うので特に個人的に不満はありません。

組み込みを注文したサイコム(Sycom)さんのロゴが付けられています。

USB-AとUSB-Cの端子があります。

 

側面

すぐそこに冷却ファンが見えます。

こちらの面と上部に通風のための穴がたっぷり開いています。

小さいがゆえに空気の流れ、通り道を確保することはひとつのネックだと思われます。

逆サイドの側面はVESAマウント用のねじ穴が開いています。ディスプレイの裏面にも取り付け可能です。

 

 

【裏面】

映像端子が意外に多いです。

HDMIポート、ディプレイポート、D-subがついているのでやろうと思えばトリプルディスプレイも可能です。

USB-Aの端子が2つあります。

 

外観はまったく問題ないんじゃないでしょうか。

 

大きさについて

個人的にはこの感動的な小さいサイズについて共有したいのですが、なんとも適切な比較対象がないんですね。

それは他のいろんな持ち物も小さいからです笑

例えばメインスマホのRakuten miniという端末を置いてみても、それ自体がすごく小さいのでPCも大きく見えると思います。

 

一つよい比較対象としてあったのがこれです。
会社スマホですね。

これはサイズが[幅76 × 高さ157 × 厚さ8.8mm]です。

調べてみると多くの方が持っているiPhoneの、「11」に近いと思います。
iPhone11 サイズ[幅75.7 × 高さ150.9 × 暑さ8.3mm ]

iPhone11のシェアはわかりませんが連想で大きさが伝わればと思います。

 

これを見てわかるのは正面の面積はスマホ画面ぐらいしかないということですね。小さいです。

 

そして手で持ってみました。

 

 

まさに手のひらサイズです。一応手のひらに乗ります。

 

いやあいいですよね。

結構なパワーを持つデスクトップPCなのに、こんなに小さいって。

自身の考え方にピッタリなやつです。

 

使用感レビュー

購入後1か月近く使ったうえでのレビューです。

総合評価で大満足です

 

外観のことはもとより使っていくうえで重要なのは性能です。

でもその点も一言の感想で済んでしまいますが

まったく問題ないと言えます。

 

レビュアーによってはベンチマークを動かしてCPUスコアを表示したり、ゲームのベンチを動かしてドラクエXなら可能、FFXVは厳しいとか提言してくれたり、もっとすごいとサーモグラフィで色温度を見せてくれていたりといったレビューもあります。

僕は。。そこまでできないです笑
ごめんなさい笑

せめて言えることは一般使用においてまったく問題はないですよということです。

例えば今の一般的な使用方法においてYoutubeなど動画の視聴があると思います。

それについて言うと、4Kディスプレイで4K映像を表示して見ますが何も問題ないですね。

その点以前のPCだと若干カクつくときがありました。

そしてファンがある程度の騒音を出していたのですが、今回のPCだとそれが0です。

いろんなレビューを見てファンについては取り替えないといけないかなと思っていましたがまったく必要ありません。

いろんな方のレビューがあくまでゲームをすることを想定しているように感じました。

 

あと動画編集ソフトの「AviUtl」も問題なく動きます。僕は4Kサイズの動画編集ができています。

前のPCでもこれを行っていましたが、動くとは言えカクつきはすごかったです。

今はそれは感じられませんね。

 

 

 

まとめ

ASRock DeskMini X300は小さいデスクトップ購入検討者に非常にお勧め

まとめると今回のASRock DeskMini X300小さいデスクトップPCとしてとてもお勧めできます。

小さいけどとてもパワフルです。

そして購入を検討されている人にできるだけ購入金額を下げるためのアドバイスをしておきたいと思います。

 

購入費用を下げるポイント

CPUはRyzen7ではなくRyzen5を選択する
・できるだけ自作する(可能であれば)

Ryzen7ではなくRyzen5を選択する
今回購入したRyzen7 4750GのPCですが、正直上で述べた4K映像を見るときのスムーズさと動画編集時のスムーズさが進化しただけでその他についてはほぼほぼ前のPCと変わらないです。5年前のPCと変わらないんです。

つまりPC性能は非常にインフレしていますがそれはグラフィック性能においてだけです。あくまでそれ以外の使用であれば一定レベルの性能だけ満たしておけば問題なく使えるということになります。

今回のASRock DeskMini X300を購入する際CPUを選択できます。なのでそれを安価なやつに変えてしまいましょう。

一つ下のRyzen5にすると実は費用ってガクッと下がるのでお勧めです。

 

具体的にはドスパラRyzen5を使用したこのスペック固定品が売っています。
(メモリ16GB、記憶装置がSSDという点もGood!)

上記はドスパラのPayPayモール店です。

わざわざドスパラの本家サイトで購入するよりこちらでPayPayで決済するほうがお得です。

還元分を合わせると75,224円でこの上等なスペックのPCが買えてしまいます。

これ日曜日に購入すると還元率が基本は5%アップするのでもっとお得です。10,000円超えの割引になると思います

デスクトップPC ミニPC 新品  AR5 [Ryzen5 PRO 4650G/16GBメモリ/250GB SSD/Windows 10 Home]9651-1832

 

できるだけ自作する(可能であれば)

本来このシリーズはベアボーンPCとして大元のASRockから販売されています。

この筐体自体と内部のマザーボードだけを安価に購入可能です。

AMD X300搭載 ベアボーンPC AMD Ryzen 4000シリーズ正式対応

あとは自身でCPU(Ryzen3 or 5 or 7)とメモリ(8GB~16GB)と記憶装置(SSD)と、

あと忘れちゃいけないOS(Windows)を購入すれば完成させられます。

もともとその用途の認識は強いようでYoutubeなどでは自作の情報がたくさんあふれています。

行えると思った方は作ってみるのもありだと思います。

ただし各パーツを自身で購入することもシミュレーションしてみましたが、結局そこまでBTOで組み上げを任せるのと差が出ないと感じました。

そして組み上げのYoutube等も色々見ましたが、中にはメモリが認識しないなどパーツの相性のことも目の当たりにしてしまいました。

BTOで組み上げを任せれば当然費用があがるわけですが、プロが組んで動作確認をしてくれるのは完全に金額なりの価値があると思いました。

 

個人的にはドスパラのRyzen5のこの固定スペックの品か、サイコムさんで好きなパーツを選択して組んでもらうのがお勧めです。

※僕が買ったサイコムさんでもRyzen5を選択すれば10万を切ってくる可能性があります。あとはSSDの選択にもよりますが。

 

 

デスクトップパソコンについて

上でも述べましたが今回購入したRyzen7 4750Gは正直4K映像を見るときのスムーズさと動画編集時のスムーズさが進化しただけでその他についてはほぼほぼ前のPCと変わらないです。(例えばWEB閲覧という使い方において差はでない)

これって逆に捉えると5年物の先代PCは今まで通用していたともいえますよね。

僕が思うのは、そのときそのときのアッパークラスの性能のPCを買っておけば最低でも5年ぐらいは持つということです。再確認できました。

前のPCもリカバリをしてまた再セットアップするなら物理的な面はまだまだ使えると思います。

ちょっとそのセットアップをする精神力がなかったですが笑

※ちなみにそれよりもう一代前のデスクトップは8年利用しました

 

かかったイニシャルコストも5年で割れば全然たいしたことはない金額です。

同じデジタル機器としてスマホを引き合いに出しますが、費用的な面を言うと1年/2年で高額スマホを買い替えているほうが断然高くつきます。今や10万円を超えるスマホは珍しくなくなってきましたからね。

僕は今のところ人生でスマホ本体にかけている費用ってたった数万円です。

スマホやタブレット、ノート、デスクトップ、僕はデジタル機器は好きなのですがどれに投資するかと言うとデスクトップですね。理由は一番上で述べた「ユーザー体験がリッチだから」です。

一つ例をあげると27インチの大画面でwebを見るのに慣れた人が、もし家でのweb閲覧は6インチの端末で行いなさいと急に言われてももう戻れないということですね。

これはイメージいただくとそう思われるんじゃないかと思います。知ったら戻れない。

もし現代の性能のPCを使ったことなくスマホが一番と考えている人がいれば、それはぜひPCを使ってみてほしいです笑

デスクトップとは言わないのでせめてノートを!
※急に熱くなる人笑

 

 

他にも様々な記事を書いています。気になるものがあればチェックしてみてください。

ライフハック

【7月PayPayキャンペーン】一番お得なモノの購入方法はこれ【もはや一択】

7月PayPayキャンペーンで一番お得にモノを購入する方法について共有しておきます。   現在7月キャンペーンとして様々な還元が行われています。 セブンイレブンでお得、家電量販店でお得、飲食チェーンでお得などなど。   ただし、色々催しを行っていますが一番お得に還元を受ける方法は一択です。 その他についてはあまり得ではないです。     目次1 夏のPayPay祭とは1.1 その還元率は?2 夏のPayPay祭で一番お得にモノを購入する方法とは?3 yahoo!ショ ...

続きを読む

モノ ライフハック 小さいスマホ

【windows update】でPCが壊れる場合が本当にある【対策を共有】

先日、自身のPCをwindows updateしたあとなんとパソコンが壊れてしまいました。 自身が直面したことがなかったので都市伝説だと思っていました。。   まあと言っても完全に利用不可という状態ではなくて一応普通に使えます、ただし様々なところで不具合が出るようになりました。 上記はエラー画面です。 起動後、画面に何にもでなくなった状態。。 windowsキーだけは効きました。   確かにOSの更新で不具合が起きる可能性があることは知られていることです。 iOSなんかも新しいバージョ ...

続きを読む

ライフハック

【賃貸】お部屋探しを始めるベストタイミングはいつ?

今回お部屋探しのコツということで、いつ部屋探しを行うのがベストかということを共有しておきます。 現在僕は賃貸の仕事しているので中の人としての意見をお話したいと思います。 引越しや部屋探しは誰でも経験する可能性があることなので知識として持っておいて損はないと思います。   もし自分が引っ越しをするとなると疑問が湧いてきませんか? B男さん就職が決まって100%引越す必要が出てきたけど、いつお部屋探しをしたらいいんだろう もし近々に就職するのであればもちろんすぐ始める必要がありますが、逆にたっぷり時 ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】1月キャンペーンはほぼ目玉がない?2月キャンペーンは?

1月も半場を過ぎましたがPayPay1月キャンペーンと今後のキャンペーンについて共有です。     目次1 【1月】PayPayキャンペーン① あなたの街を応援しようキャンペーン1.1 あなたの街を応援しようキャンペーン1.2 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?2 【1月】PayPayキャンペーン②ペイペイジャンボ2.1 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?3 PayPay2月キャンペーンの目玉はある?3.1 ユニクロで最大10%戻ってくるキャンペーン4 PayPayキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック 通信

【3大キャリア】値下げ後料金でどこが一番オトクなのか【MVNOの情報もあり】

3大キャリアの値下げ後料金プランが出揃いました。 今まではどこのプランも高いと言われ続けていましたが、今回国からの要請を受けて全キャリアがキチンとした料金値下げを発表しました。 今回はちゃんと安そうです笑   今までは、安いプランをリリースしましたと語らかに謳うわりには発表されるプランはいわば騙しの策です。複雑怪奇になっていくだけで実は安くなっていないという状態でした。失望するユーザーが多かったと思います。 僕も過去はドコモユーザーでしたが記憶しているところでも10年ぐらいはずっとこんな感じです ...

続きを読む

 

無駄のないサイズの「コンパクトなモノ」についてもたくさん記事を書いています。小さくて質の良いものって所有欲をそそられます。是非チェックしてみてください。

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル 通信

【楽天モバイル】Rakuten Handレビュー【スリムスマホ】

コンパクトなスマートフォンRakuten Handを手に入れたのでレビューします。   僕はRakuten Miniという端末を使っています。 ではなぜRakuten Handを手に入れたかというと、親に使ってもらう用ですね。 田舎でITとは無縁の生活を送ってるのですが、スマホの便利さとエンタメ性でクオリティオブライフをちょっと上げられるのではと思い数年前から持ってもらっています。かれこれ3台目になります。 そして楽天モバイルにも乗り換えをさせたのですが、これは2021年4月のことだったので今か ...

続きを読む

その他モノ モノ

【アイリスオーヤマ】デスクチェア 1年使用後レビュー【リーズナブル品はすぐダメになる?】

今回デスクチェアについての記事です。 僕は1年前に初めてデスクチェアを購入しました。 それは以前の記事でも載せています。   その時は自身の求める条件を満たし、尚且つ一番リーズナブルな品をチョイスしてみました。 その金額は約15,000円です。 こういうお安い品って耐久性とかその後の状態ってどうなんだろうという疑問があると思うので今回1年使用後のレビューをしておきます。   目次1 使用チェア紹介「アイリスオーヤマ エクストラクール ハイバックチェア 」2 1年使用アイリスオーヤマ エ ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【小さいデスクトップPC】ASRock DeskMini X300 レビュー

以前の記事で予告していましたがPCを新しいものに買い換えました。 先代のPCはWindows Updateで壊れてしまいました。   個人的にはwebに触れるデジタル端末は、デスクトップPCが一番ユーザー体験がリッチだと思っています。 その一番の要因はディスプレイが大きいことです。好みでいくらでも大きくできますね。30インチ超え、40インチ超え、複数ディスプレイなど。 そして入力のしやすさも要因として挙げられます。キーボードやマウスは捨てられませんね。   ただしこれは個々人の価値観に ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さいスマホ】K-TOUCH M17が形を変えて再登場?【中華端末】

久しぶりに小さい中華端末の紹介です。 全然最新とかはでなくある程度前から中国で販売されていたみたいです。 その名もK-touch M17です。   あれ?と思ったのはこの名称は他の端末でも見ていたからです。 今回それとはまったく別のスマホです。 どういうことなんでしょう。 ちょっと情報をまとめてみました。     K-touch M17のスペック K-Touch M17のスペック OS:Android 9.0 ディスプレイ:4.8インチ(1120×480) CPU:MTK サ ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【1.5万円値下げ】小さいスマホPalmPhoneが密かに値下げされていた

  小さいスマホPalm phoneが知らないうちにディスカウントされていたので紹介しておきます。   目次1 Palm Phoneとは1.1 PalmPhoneその一番の特徴1.2 Palm Phoneのスペック2 当時流行らなかった理由の一つが販売価格3 新品PalmPhoneが減額されて販売中4 もしPalm Phoneが気になっているならオススメの他の端末 Palm Phoneとは PalmPhoneその一番の特徴 Palm Phoneは2018年10月にアメリカのベライゾン社 ...

続きを読む

 

-コンパクトなモノ, モノ

© 2021 ちょうどいいミニマリストのブログ