楽天モバイル 通信

【悲報】楽天モバイル 基本料金0円廃止【次の最安運用はどうすべき?】

5月 13, 2022

 

超絶悲報です。

楽天モバイル1GBまで利用料0円のプラン廃止します。。

 

つい先日こんな記事を書いたところなのに。

詳しく見る
【2社運用】楽天モバイル×IIJmio 現代の最安運用は年額いくらになった?

楽天モバイルとIIJmioという二つの通信会社による運用を始めて約1年になります。 どれぐらい通信費用がかかってるか確認してみたところ改めてその安さに驚きました。 大台も大台を切っ ...

続きを見る

まさに楽天モバイル基本0円の状態を利用して非常にお得な運用を1年間行い、通信費用の年額が1万円以内になったところでしたが。。

 

悲観していてもしょうがないので今後どうするか含めて、最安運用がおこなえる現状の他社プラン等を比較検討してみました。

 

楽天モバイル新プラン Rakuten UN-LIMIT VII 詳細

上が新料金プランです。

変わった点を具体的に説明すると、

料金プラン 1GB 3GB 20GB 無制限
Rakuten UN-LIMIT Ⅵ 0円 980円 1,980円 2,980円

                   

料金プラン 1GB枠廃止 3GB 20GB 無制限
Rakuten UN-LIMIT - 980円 1,980円 2,980円

※価格は税抜

1GBまでという段階が廃止されました。つまり0GB使用の状態でも基本料金として980円が発生します。

 

これは元々楽天モバイルで3GBや20GBの段階にいた人にとっては全く関係がない変更になります。

0円運用を行っていた人のみが割を食うことになります。くぅ~やられましたね。

 

時期として7月1日から自動で切り替わるようです。

もし他の運用方法へ変更するのであればそれまでに動かないといけません

他社のプランについて確認してみました。

 

 

 

【2022.5現在】音声通話プランの最安はどこの会社?

そもそも僕が行っていた最安運用は、電話について楽天モバイルの基本料0円/通話料0円に大きく依存した運用です。

 

大前提、最安運用はスマホに以下機能が搭載されていることが条件です。

デュアルシム機能・・・2つの会社のシムを入れられる機能
eSIM対応・・・カード型のシムカードでなく、内蔵されているシム。通信会社変更はカードの差し替えでなくデータの書き換えにて行う

データ通信と音声サービスについて別の通信会社を入れます。

 

かたやデータ通信についてはIIJmioのeSIMプランでカバーします。

現状、日本で提供されているeSIMプランの中で最安です。

IIJmio

 

【参考記事】IIJmioでスタンバイ中も楽天Link電話の着信は可能

 

したがってデータ通信についてはIIJmioを継続して使うとして、電話サービスの部分について最安の会社を見つければOKです。

早速多くの会社を精査し2社に絞ったのでプランを紹介します。

 

aupovo

ポイント

基本料0円

国内通話:22円/30秒(税込)、国内SMS送信:3.3円(税込)

180日間に1度有料トッピングを購入する必要あり

個人的にはまさかの3大キャリアのノミネートです。

KDDIことaupovoがお安かったです。

ただし赤字にした注意点の部分です。180日間に1度有料トッピングを購入する必要があります

こういった条件付きの仕組み、3大キャリアは多いですね。

 

仕組みを解説です。

以下はpovoサポートページ内の記載内容です。2022.5.13時点

下のことが読み取れます。

・期間内の従量通話料とSMS送信料の合計額が660円(税込)を超えている場合は利用停止や契約解除にならない

トッピングを買わなくてもこれで維持できていく人もいそうですね。

 

あと「トッピング一覧はこちら」のリンクを開いてみたのですが通常のpovoのトッピング一覧ページに飛びます。

povo トッピング一覧ページ

つまりこのページ内のコンテンツを買えば”有料トッピング購入”にあたるというわけです。

ページ内の最安トッピングは「smash.使い放題パック(24時間) :220円」のようです。

どういうサービスかはわかりませんが6か月(180日)に1回ぐらい、最低限これを申し込みすれば運用できます。

1年間電話を維持するための費用

・6か月に1回220円  ×  2    =440円 

   + 通話料金(22円/30秒)

 

IIJmio「音声プラン」

 

ポイント

・(純粋に電話を維持するための料金は)eSIMプランにプラス330円~410円

国内通話:11円/30秒(税込)、国内SMS送信:3.3円(税込)

 

今までeSIMプランをオススメしてきましたが今回は音声プランのオススメです。

IIJmio料金プラン

料金プラン 2GB 4GB 8GB 15GB 20GB
音声(電話あり) 850円 990円 1,500円 1,800円 2,000円
SMS 820円 970円 1,470円 1,780円 1,980円
データ通信(物理SIM) 740円 900円 1,400円 1,730円 1,950円
eSIMデータ通信 440円 660円 1,100円 1,430円 1,650円

 

そもそも最安運用の片翼を担っているのがIIJmioです(データ通信をカバー)

これを電話の部分についてもIIJmioにしてしまうというものです。

例えば僕なら4GBのプランでよいのですが、eSIMプランを音声プランにしたところで月額990円です。

7/1以降についてはこうなる予定なので↓
楽天モバイル1,078円 + IIJmio(eSIM 4GB) 660円   = 1,738円 

それよりは750円ぐらい安いことになります。

 

1年間電話を維持するための費用

・音声プラン 330円(※4GBにおけるeSIMプランと音声プランの差額)  ×   12か月 = 3960円

 + 通話料金(11円/30秒)

 

 

どちらが良いかは電話の使用方法によって変わる

まず2社が電話代について2倍の開きがあります。

・au → 22円/30秒   ・IIJmio → 11円/30秒

ここをどう捉えるか。

さらにその人の電話の仕方によってはpovoの「5分以内通話かけ放題  550円/月」というトッピングも適切かもしれません。
※海外での発信/着信は対象外

 

そしてもし海外での通話がありえる人であるなら、おそらく楽天モバイルがおトクです。

理由は楽天linkによって無料で通話できるからです。

インターネットを使用して電話する仕組みになっているので、海外のその場でネットさえつながっていれば(wi-fiもOK)、なんと日本国内へ無料でかけられます。

楽天モバイルの仮想化の仕組みはものすごいです。

※指定66か国に限るなど注意事項はあるので詳細は楽天HPをご確認ください

 

深いですよね。

そして次に説明するシムのスタンバイシステムによっては、より楽天一択になる可能性もあります。

 

 

【重要】[デュアルシム]シングルスタンバイかデュアルスタンバイかの点

重要な点で端末のデュアルシム設備シングルスタンバイデュアルスタンバイかの点も気にする必要があります。

 

チェック

シングルスタンバイ→そのとき設定している一方の通信会社でしか通信ができない

デュアルスタンバイ→常時2つの通信会社両方の通信が成立している

これが影響するのは電話の着信です。

デユアルなら何も気にする必要がありません。

シングルの場合はスタンバイする通信会社を適時変更する操作を、日常的に行っていく必要があります。

例)基本はpovoにしておく(電話着信に備えて)、昼休みにネットをする際はIIJmioに切り替える
※このケースの昼休み中は電話の着信が不可

 

そして楽天モバイルの場合について説明です。

電話アプリの楽天linkは他社回線がスタンバイ中でも電話の着信が可能です。

つまり+ IIJmioで行く場合、基本IIJmioでスタンバイにしておけば問題ありません。

 

僕の使っているRakuten Miniシングルスタンバイです。

僕の場合で説明します。

楽天モバイルをやめて他社にMNPしたとしても、電話の着信をさせるためには基本その他社にしておかなければなりません。

例えばpovoですね。

しかしpovoでは最安にするためデータ通信量は買っていません。通信をするためにはIIJmioに設定を切り替える必要があります。

これって電話の着信のために切り替える、ネットをするときは切り替えると、なかなか手間なんですよね。

シングルスタンバイの端末で2社運用をしていた人にとっては楽天Linkが大きいです。

 

この楽天Linkのメリットを考えると結局楽天を残す必要がありそうにも思えたり。。

かと言って正直、基本月に1回も通話をしない電話にそこまでして何があるか。。

考えものです。

 

7月1日以降どうするか?

私もそうですが電話をほぼ使用しない人にとっての金額的最安はpovo + IIJmioです。

ただし3大キャリアに関係を持つ場合は以下に注意です。

・今後プランが大きく変わる可能性がある(MVNOに比べて)
※なおかつ読解が必要な奇天烈な条件が付くケースが多い

NTTドコモやKDDI auは根底にはお客様単価を高く取っておきたいという背景があります。

これは当然でMNOとしてインフラを実際に持っている企業であり、その回線借りサービスを行っているMVNOとは立場が異なります。

MVNOと同じ水準の料金にできるわけがなく、苦肉の策が+条件+条件での割引後価格なのです。

今回のpovo 0円運用(180日間に1回は有料トッピング購入)も今はできるがそのうち変わるかもしれません。

「基本料金0円を980円にします」

「1月に1回有料トッピング購入必須にします」

という風にいつなるかわかりませんし、その潜在的リスクは消えません。

 

個人的にはそういった流れに振り回されたくないというのがあります。

そして自身の端末は説明したとおりシングルスタンバイの仕組みです。

その点ゆえに楽天 + IIJmioのままで継続する可能性が高いです。。。わからないですが。

昔よりも携帯番号を保持していることのメリットは下がってきてますもんね。

もはや友人なんかについては携帯番号は知らない。

 

デュアルスタンバイの端末の人なら自由だと思います。

おそらくpovoが幸せになれんじゃないでしょうか。

 

海外利用のシーンも検討したい

海外というシーンを考えるとより楽天モバイルの強さが見えてきます。

コロナも終わりが見えてきて海外へ行くことの機会や機運が高まってきています。

海外通話については楽天Linkがずば抜けて優位性を持っています

海外にいながら日本の電話(固定電話含む)へいつでも無料でかけられるというあんしん感はなかなか大きい気がします。

さらにRakuten UN-LIMITプランはもともと海外ローミング(海外でのデータ通信)2GBが無料です。

【参考】他社の海外データ通信について
・Docomo(ahamo以外)→パケットパック海外オプション  3日間プラン 2480円
・Docomo  ahamo    →通常プラン20GBに含まれる
・au(povo以外) →世界データ定額    事前予約すると490円/24時間、事前予約しない場合は980円/24時間
・au    povo    →未対応  (説明ページ見つけられず、サポートチャットで”海外”検索も情報無し)
・softbank → 通常プランに含まれる

 

 

今回の情報がみなさんの参考になれば幸いです。

 

 

楽天×IIJmioの2社運用に興味を持ったかたはこちらご確認を。

楽天モバイル

IIJmio

 

僕のブログではこういった通信会社はどこがお得であるのかという話や、”様々な無駄を省く方法”などを記事で取り上げています。数分で読める記事なので是非チェックしてみてください。

ライフハック

【PayPay6月花王キャンペーン】損をせずにキャンペーンをフルで使い倒す方法

PayPay6月のキャンペーンで「花王商品の購入で最大40%が戻ってくる」第5弾が行われます。   過去に第1回、第2回と記事にしてきましたが今や第5回目です。 とてもお得なキャンペーンであり僕もこれは必ず乗っかります。 どういう利用方法がお得なのか共有しておきます。   目次1 PayPay6月度キャンペーン「花王商品で40%戻ってくる」内容1.1 対象商品2 個人的な利用のコツ(フルで使い倒す方法)3 特典付与時期にはご注意を4 まとめ PayPay6月度キャンペーン「花王商品で4 ...

続きを読む

ライフハック

【悲報】LINE Lite アプリサービス終了(2022/2/28)

目次1 【悲報】LINE Lite終了のお知らせ1.1 どういうアプリ?1.2 僕個人的なメリットは2 終了後これに代わるLINE複数台利用の方法はあるのか? 【悲報】LINE Lite終了のお知らせ   先日LINE公式から以下内容のアナウンスがされました。   知る人ぞ知るアプリ「LINE Lite」の終了が宣言されました。。 2022年2月28日でサービス終了とのことです。 悲しいですね。   過去に当ブログでも紹介しています。     どういうアプ ...

続きを読む

ライフハック

【7月PayPayキャンペーン】一番お得なモノの購入方法はこれ【もはや一択】

7月PayPayキャンペーンで一番お得にモノを購入する方法について共有しておきます。   現在7月キャンペーンとして様々な還元が行われています。 セブンイレブンでお得、家電量販店でお得、飲食チェーンでお得などなど。   ただし、色々催しを行っていますが一番お得に還元を受ける方法は一択です。 その他についてはあまり得ではないです。     目次1 夏のPayPay祭とは1.1 その還元率は?2 夏のPayPay祭で一番お得にモノを購入する方法とは?3 yahoo!ショ ...

続きを読む

モノ ライフハック 小さいスマホ

【windows update】でPCが壊れる場合が本当にある【対策を共有】

先日、自身のPCをwindows updateしたあとなんとパソコンが壊れてしまいました。 自身が直面したことがなかったので都市伝説だと思っていました。。   まあと言っても完全に利用不可という状態ではなくて一応普通に使えます、ただし様々なところで不具合が出るようになりました。 上記はエラー画面です。 起動後、画面に何にもでなくなった状態。。 windowsキーだけは効きました。   確かにOSの更新で不具合が起きる可能性があることは知られていることです。 iOSなんかも新しいバージョ ...

続きを読む

ライフハック

【賃貸】お部屋探しを始めるベストタイミングはいつ?

今回お部屋探しのコツということで、いつ部屋探しを行うのがベストかということを共有しておきます。 現在僕は賃貸の仕事しているので中の人としての意見をお話したいと思います。 引越しや部屋探しは誰でも経験する可能性があることなので知識として持っておいて損はないと思います。   もし自分が引っ越しをするとなると疑問が湧いてきませんか? B男さん就職が決まって100%引越す必要が出てきたけど、いつお部屋探しをしたらいいんだろう もし近々に就職するのであればもちろんすぐ始める必要がありますが、逆にたっぷり時 ...

続きを読む

 

そしてムダを省いた実用的なサイズ「小さなスマホ」の記事をはじめ、小さくて良いモノ全般についても紹介しています。気になる記事があれば是非チェックしてみてください。

コンパクトなモノ モノ

【リーク】小さいPC Microsoft Surface GO3 登場します

小さいパソコンSurface GO3が登場する模様です。 先日Microsoftのtwitterアカウントがこのようなツイートをしました You’re invited. Learn more about the #MicrosoftEvent: https://t.co/tpK3TB8Xxb — Microsoft (@Microsoft) September 1, 2021 何やらSurfaceらしき端末画像とともに2021年9月22日11時の表示があります日本時間で9月23日0時です。 明確に何かイベ ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【新型iPad mini】みたいなAndroidタブレット紹介

Apple社から新型iPad miniが発売されました。 小さなデジモノに興味がある僕ですがこれには反応します。 現在タブレットPCというと10インチサイズ以上が主流となっています。 そういうわけで今回のiPad miniのような8インチぐらいの品質の良い端末というのはなかなか存在しない状態でした。 これは今回購入する人も多いんじゃないでしょうか。   そしてこういう端末を目にするとAndroidユーザーは気になる点があると思います。 それはこの疑問 iPad miniのようなアンドロイド端末は ...

続きを読む

小さいスマホ

【小さいスマホ】Mint デビュー【中華スマホ】

久しぶりに小さいスマホの記事です。 小さいスマホのメッカ中国は深センから新しいそれが発表されました。 リリース元はMint Monyという中国のグループ(会社?)です。   小さいスマホ Mint さっそく紹介です。 その名もMintです。 Mintのスペック サイズ/重量: 89.5×45.5 × 11.5 mm/重量不明 ディスプレイ:3.0インチ/480 x 854  OS:Android9 CPU:ブランド不明 、1.5GHz 、クアッドコア 内部メモリ(RAM/ROM):3GB/64G ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル 通信

【楽天モバイル】Rakuten Handレビュー【スリムスマホ】

コンパクトなスマートフォンRakuten Handを手に入れたのでレビューします。   僕はRakuten Miniという端末を使っています。 ではなぜRakuten Handを手に入れたかというと、親に使ってもらう用ですね。 田舎でITとは無縁の生活を送ってるのですが、スマホの便利さとエンタメ性でクオリティオブライフをちょっと上げられるのではと思い数年前から持ってもらっています。かれこれ3台目になります。 そして楽天モバイルにも乗り換えをさせたのですが、これは2021年4月のことだったので今か ...

続きを読む

その他モノ モノ

【アイリスオーヤマ】デスクチェア 1年使用後レビュー【リーズナブル品はすぐダメになる?】

今回デスクチェアについての記事です。 僕は1年前に初めてデスクチェアを購入しました。 それは以前の記事でも載せています。   その時は自身の求める条件を満たし、尚且つ一番リーズナブルな品をチョイスしてみました。 その金額は約15,000円です。 こういうお安い品って耐久性とかその後の状態ってどうなんだろうという疑問があると思うので今回1年使用後のレビューをしておきます。   目次1 使用チェア紹介「アイリスオーヤマ エクストラクール ハイバックチェア 」2 1年使用アイリスオーヤマ エ ...

続きを読む

-楽天モバイル, 通信

© 2022 ちょうどいいミニマリストのブログ