モノ 小さいスマホ

タフネス系小さな中華スマホの名機「Unihertz Atom」

1月 7, 2020

今回は最近発売された機種という訳では無いですがこちらを紹介します。

Unihertz Atom


スマホ自体の名称はAtomですが、よくブランド名のUnihertzと一緒に呼称されます。

 

 

 

歴史

2018年12月末に日本でもAmazonから購入できるようになりました。海外で発売されたのはもうちょっと前になるのかな。

なので時系列的には本ブログでも最初に取り上げたPalm Phone2019年4月日本デビューよりちょっと前に発表された機種ということになります。

 
 

特徴

製造会社は中国企業です。

上海Unihertzコマース株式会社

深センではなく上海に立地する会社のようです。

そして仕様はこうです

Unihertz Atomのスペック

寸法:縦96×横45×奥行き18 mm
重量:108g(バッテリーを含む)
ディスプレイ:2.45インチ(240×432 ピクセル )
色:スペースブラック
OS:Android 8.1
CPU:MT6763 Octa Core 2 GHz
RAM:4GB
ROM:64GB
バッテリー:2000mAh
バックカメラ:16MP AF
フロントカメラ:8MP FF
Micro SD:×
その他:NFC、USBタイプC、防水(IP68)、3.5mmジャック 、RFラジオ 
対応バンド FDD-LTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28A / 28B TDD-LTE: 34 / 38 / 39 / 40 / 41 WCDMA: 1 / 2 / 4 / 5 / 8

 

注目はSoC(CPU)です。

小さいスマホには珍しく8コアのそれを搭載しています。 それって小さいスマホ界ではなかなか良いです(ただし8コアの中でも種類がピンキリあって、特に良い方のそれというわけではないですが。。)

これまで小さい中華スマホをいくつか取り上げてきましたが全てSoCはクアッドコア(4コア)です。 ベンチマークソフトのスコアを調べましたがどれも8コアのUnihertz Atomと比べると処理性能が劣ります。 ここでいう処理性能は操作性とかWEB閲覧の画面表示速度等に影響してきます。サクサクかモッサリか。

なので2019年に紹介してきた小さい中華スマホたちよりも、古い機種ですがUnihertz Atomのほうが処理性能は上です。もしスマホに速さを求めるのであればこの機種も視野に入ってくると思います。

 
 
世界最小4Gタフネススマートフォン,アンドロイド 9.0 Pre,SIMフリー,4GB RAM と64GB ROM
 
 

ちなみにPalm PhoneRakuten miniはオクタコア(8コア)です。Palm Phoneは高いだけあって流石です。Rakuten miniに至ってはまだ世に出ていなので仕様は予定状態ですね。いつ発売になるんだろう笑

詳しく見る
楽天モバイルから小型端末「Rakuten Mini」登場!

楽天モバイルからRakuten Miniが登場 楽天から”世界最小最薄おサイフ対応”スマホRakuten Miniが発表されました。   気になるスペックはこちら Rak ...

続きを見る

 
 

価格について

こういった感じでわりとメリットもあるように見えるUnihertz Atomなのですがその価格はと言うと 約30,000円です。

 

ちょーっとお高いですかね笑 上述の通り搭載しているSoCは良いです、ただし個人的にはひとつ大きなマイナス点があります。それは液晶サイズが2.45インチと小さいことです。この頃の小さいスマホは液晶が小さすぎです。

ちなみに他にもこの頃の小さいスマホでJelly Proというのがありますが液晶は2.45インチと小さいです。

世界最小の4Gスマートフォン, 2GBのRAM と 16GBのROM を搭載したAndroid 8.1 Oreo ロック解除された, ブラック 黒

 

※2019年は3インチ台のスマホがたくさん世に出て、4インチ台スマホも出ました。これは本当にうれしいことです。”小さすぎ”からの脱却が進んでいると捉えてよいと思います。

 

まとめ

どの価値を取るか人によるとは思いますが、個人的にはUnihertz Atomが気になるようであれば、同じタフネス系1万~2万以内の価格帯であるKINGKONGMINISOYES S10のほうがオススメです。

詳しく見る
【小さい中華スマホ】「SOYES S10」発売【3インチ】

小さいスマホブランド「SOYES」の新作が出たようです。 その名もSOYES S10です。 作った会社はShenzhen Soyes Science & Technolog ...

続きを見る

しかし、日常でネットを見るメイン媒体がこれら小さいスマホなのであれば厳しそうですね。あくまでメインは所持していてこれら小さいスマホは別の用途で持つというのが想定されるかたちでしょうか。サクサクと動くスペックではないので。

Rakuten miniなんかはメインスマホとして十分機能するのではないかと思っています。早くリリースされてほしいですね。

 

 
 
 

その他小さなスマホをはじめ、小さくて良いモノについても紹介しています。気になる記事があれば是非チェックしてみてください。

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】Jelly2 日本正式発売

以前紹介した小さい中華端末「Jelly2」が日本で正式に発売されます。 本ブログで取り上げたのは半年以上前だったのでおさらいしておきます。   Jelly2とは   上海のスマホメーカーUnihertzが手掛けている小さいスマホです。 Unihertzは他にも小さなタフネススマホAtomシリーズをラインナップしていることでも有名です。 個人的にはちゃんとしている会社だと思っています。   そんなUnihertzがローンチするJelly2のスペックはこんな感じです。 Jelly ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

【Rakuten mini】1年後の状態をレビュー【劣化しているのか?】

今回、使用1年になるRakuten miniについて、現状のレビューをしたいと思います。   Rakutenminiはとても小さい端末です。 ちょっと関連の話で、先日アメリカ市場におけるiPhone12シリーズの販売について、miniはあまり売れていないというニュースを見ました。当時僕もツイートしています。 #iPhone12 の機種別売上シェア率が発表されていました ※米国の消費者動向調査会社による米国内のデータ 小さいスマホを応援しているのですが #iPhone12mini の売上シェア率が ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル 通信

【Rakuten mini】IIJmioのeSIM設定方法共有【申込後即利用可能です】

2021年1月末でRakuten miniはデビュー1年を迎えます。 僕は去年2020年1月31日にRakuten miniを手に入れました。 無料サポータープログラムというのに参加して最早で手に入れた層だと思います。   なんとなく当初は1年したらまた新型のこれが出るんだろうなと思っていました。Rakuten mini2みたいな感じですね。 でもその話は全然聞こえてきません。 コンパクトなスマホ好きはとりあえずこちらRakuten mini1のほうを継続利用する必要があるようです。 でも目先の ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】新作 SOYES S10-Hリリース【3.49インチ】

新年あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願い致します。 2021年も変わらずブログを続けて行きたいと思っています。   さて新年1発目は久しぶりに小さい中華スマホの紹介です。 このブログでも過去に紹介してきた「SOYES」シリーズの新作が登場していました。   その名も「SOYES S10-H」です。     SOYES S10-Hについて SOYES S10-Hの仕様、サイズ感 SOYES S10-Hの仕様はこちらです。 SOYES S10-Hのスペ ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

Mac miniと同等のWindowsPCはあるのか?【結論】無い

先月アップルからMac miniが発売されました。 いわゆるミニデスクトップPCです。 僕もwindowsのミニデスクトップを使っています。 僕は小さいデスクトップに興味を持っていて、新製品が世にでていないかずっと目を光らせています。 そんな僕が思うのは、今回のMac miniの登場は本当にうらやましいということです。 ※僕はWindowsユーザーです   その理由はMac miniはすべてが揃っているからです。   例えばwindowsでMac miniのようなPCはあるか?と言われ ...

続きを読む

-モノ, 小さいスマホ

© 2021 ちょうどいいミニマリストのブログ