モノ 小さいスマホ

タフネス系小さな中華スマホの名機「Unihertz Atom」

1月 7, 2020

今回は最近発売された機種という訳では無いですがこちらを紹介します。

Unihertz Atom


スマホ自体の名称はAtomですが、よくブランド名のUnihertzと一緒に呼称されます。

 

 

 

歴史

2018年12月末に日本でもAmazonから購入できるようになりました。海外で発売されたのはもうちょっと前になるのかな。

なので時系列的には本ブログでも最初に取り上げたPalm Phone2019年4月日本デビューよりちょっと前に発表された機種ということになります。

 
 

特徴

製造会社は中国企業です。

上海Unihertzコマース株式会社

深センではなく上海に立地する会社のようです。

そして仕様はこうです

Unihertz Atomのスペック

寸法:縦96×横45×奥行き18 mm
重量:108g(バッテリーを含む)
ディスプレイ:2.45インチ(240×432 ピクセル )
色:スペースブラック
OS:Android 8.1
CPU:MT6763 Octa Core 2 GHz
RAM:4GB
ROM:64GB
バッテリー:2000mAh
バックカメラ:16MP AF
フロントカメラ:8MP FF
Micro SD:×
その他:NFC、USBタイプC、防水(IP68)、3.5mmジャック 、RFラジオ 
対応バンド FDD-LTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28A / 28B TDD-LTE: 34 / 38 / 39 / 40 / 41 WCDMA: 1 / 2 / 4 / 5 / 8

 

注目はSoC(CPU)です。

小さいスマホには珍しく8コアのそれを搭載しています。 それって小さいスマホ界ではなかなか良いです(ただし8コアの中でも種類がピンキリあって、特に良い方のそれというわけではないですが。。)

これまで小さい中華スマホをいくつか取り上げてきましたが全てSoCはクアッドコア(4コア)です。 ベンチマークソフトのスコアを調べましたがどれも8コアのUnihertz Atomと比べると処理性能が劣ります。 ここでいう処理性能は操作性とかWEB閲覧の画面表示速度等に影響してきます。サクサクかモッサリか。

なので2019年に紹介してきた小さい中華スマホたちよりも、古い機種ですがUnihertz Atomのほうが処理性能は上です。もしスマホに速さを求めるのであればこの機種も視野に入ってくると思います。

 
 
世界最小4Gタフネススマートフォン,アンドロイド 9.0 Pre,SIMフリー,4GB RAM と64GB ROM
 
 

ちなみにPalm PhoneRakuten miniはオクタコア(8コア)です。Palm Phoneは高いだけあって流石です。Rakuten miniに至ってはまだ世に出ていなので仕様は予定状態ですね。いつ発売になるんだろう笑

詳しく見る
楽天モバイルから小型端末「Rakuten Mini」登場!

楽天モバイルからRakuten Miniが登場 楽天から”世界最小最薄おサイフ対応”スマホRakuten Miniが発表されました。   気になるスペックはこちら Rak ...

続きを見る

 
 

価格について

こういった感じでわりとメリットもあるように見えるUnihertz Atomなのですがその価格はと言うと 約30,000円です。

 

ちょーっとお高いですかね笑 上述の通り搭載しているSoCは良いです、ただし個人的にはひとつ大きなマイナス点があります。それは液晶サイズが2.45インチと小さいことです。この頃の小さいスマホは液晶が小さすぎです。

ちなみに他にもこの頃の小さいスマホでJelly Proというのがありますが液晶は2.45インチと小さいです。

世界最小の4Gスマートフォン, 2GBのRAM と 16GBのROM を搭載したAndroid 8.1 Oreo ロック解除された, ブラック 黒

 

※2019年は3インチ台のスマホがたくさん世に出て、4インチ台スマホも出ました。これは本当にうれしいことです。”小さすぎ”からの脱却が進んでいると捉えてよいと思います。

 

まとめ

どの価値を取るか人によるとは思いますが、個人的にはUnihertz Atomが気になるようであれば、同じタフネス系1万~2万以内の価格帯であるKINGKONGMINISOYES S10のほうがオススメです。

詳しく見る
【小さい中華スマホ】「SOYES S10」発売【3インチ】

小さいスマホブランド「SOYES」の新作が出たようです。 その名もSOYES S10です。 作った会社はShenzhen Soyes Science & Technolog ...

続きを見る

しかし、日常でネットを見るメイン媒体がこれら小さいスマホなのであれば厳しそうですね。あくまでメインは所持していてこれら小さいスマホは別の用途で持つというのが想定されるかたちでしょうか。サクサクと動くスペックではないので。

Rakuten miniなんかはメインスマホとして十分機能するのではないかと思っています。早くリリースされてほしいですね。

 

 
 
 

その他小さなスマホをはじめ、小さくて良いモノについても紹介しています。気になる記事があれば是非チェックしてみてください。

モノ 小さいスマホ

小さい中華スマホ【Yupin yp918】を紹介(K-touchシリーズかも?)

小さいスマホ情報を調べていたら、また中国でコンパクトサイズの端末が出ていたので紹介します。 その名もYupin yp918です。   Yupin yp918について Yupin yp918の仕様、サイズ感 Yupin yp918のスペック 寸法: 高さ130mm×幅55mm×奥行8mm ディスプレイ:4.6インチ、854×480ピクセル バッテリー:2200mAh OS: Android 9.0 CPU: HelioP20 オクタ · コア 端子: 不明 カメラ:前面1300万画素、背面1600 ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【iPhone12mini】サイズについてまとめ(初代SE、新SEとの比較画像あり)

iPhone12miniが発表されました。 先日iPhoneSE2が発売され、小さいiPhoneの最新はこれだという空気がありました。 しかし今回それよりも小さいiPhoneが出てしまいました。 早速気になるそのサイズについて確認しました。 比較画像もあります。   iPhone12miniのサイズについて 寸法を一覧にしました。 比較対象としてiPhone SE(初代)、iPhoneSE2とあと小さいAndroidスマホのRakuten miniを載せています。 名称 寸法mm(縦×横×厚さ) ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

【楽天モバイル】新端末Rakuten Handを発表(サイズ比較画像あり)

  2020年9月30日楽天モバイルは5Gサービスプランについて発表会を行いました。 ※関連記事※   その発表会で見過ごせない情報がありました。 コンパクトっぽい新端末の情報です。   本ブログでは小さいスマホについて結構情報を揃えています。 ブログでとりあげない訳にはいきません。 発表会ではサラッと触れられたこの端末ですが、ちょっとスペックなど情報をまとめてみました。     楽天モバイル新端末 その名もRakuten Hand Rakuten Han ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【小さい洗濯機を紹介】でもポイントはサイズのことじゃなくてその機能です

今回小さい洗濯機を紹介します。 特に所持しているモノではないですがネットで見つけてこれはすごいなと思い共有です。   まず最初に 洗濯機だと小型である点は全然メリットではないですね。 その分洗濯容量が小さくなるので。   でもこの小さな洗濯機は他のメーカーでは実装されていない唯一無二のすごい機能があります。 コンパクトな点推しではなくその機能が推しです。   その機能とは   最大80℃の熱水で除菌洗い 細菌測定試験について [試験機関](一財)日本食品分析センター ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】K-TOUCH X11Sを紹介【コンパクトだけど4.6インチ】

久しぶりに小さい中華スマホの紹介です。 このブログでも過去に紹介してきた「K-TOUCH」シリーズの最新作が登場していました。   その名も「K-TOUCH X11S」です。   K-TOUCH X11Sについて K-TOUCH X11Sの仕様、サイズ感 K-TOUCH X11Sの仕様はこちらです。 K-TOUCH X11Sのスペック 寸法: 高さ128mm×幅56mm×奥行9.5mm ディスプレイ:4.6インチ、1120×480ピクセル バッテリー:2200mAh OS: Andro ...

続きを読む

-モノ, 小さいスマホ

© 2020 ちょうどいいミニマリストのブログ