モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

楽天モバイルからRakuten Hand登場【5インチ台のコンパクトなスマホ】

12月 8, 2020

 

楽天モバイルからジャストサイズなスマホ「Rakuten Hand」が発売されました。

 

先日2020年9月30日に楽天モバイルは5Gサービスプランについて発表会を行いました。そのときにこのRakuten Handについては登場が予告されていました。

その際、だいたいのスペックは公開されていたので当時以下記事も書いています。

※関連記事※

 

本体の厚みであったり以前はわからなかった情報がいくらか判明したのでまとめました。

そして同じ土俵にはAQUOS R2compactという強敵がいます。

具体的には「液晶が5インチ台のスマホで一番コンパクト」という座にいるスマホです。

 

この端末と比較したときに勝ち目はあるのかという点についても分析しました。

 

この記事を読んでわかること

Rakuten Handはどういう端末なのか
・同じカテゴリの雄「AQUOS R2compact」との比較勝負の行方
・ズバリRakuten Handがオススメな人とは

 

※追記※
その後実機を手に入れてレビュー記事も書きました。

 

楽天モバイル新端末 Rakuten Hand(ラクテン ハンド)詳細

仕様について

Rakuten Hand 仕様

商品名Rakuten Hand
メーカー:楽天モバイル株式会社
サイズ:縦138 x 横63 x 厚さ 9.5(mm)
重量:129g
:ブラック/ホワイト/クリムゾンレッド
ディスプレイ:5.1インチ / 有機ELディスプレイ(720 × 1,520)
連続待受時間(LTE):約420時間
連続通話時間(LTE):約18.3時間
CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 720G /オクタコア2.3GHz + 1.8GHz
メインカメラ(外側):最大約4,800万画素 (広角) +約200万画素(深度即位)
(+背景ぼかし表現が可能な深度即位カメラ)
フロントカメラ(内側):約1,600万画素
バッテリー容量:約2,750mAh
OS:Android 10
内蔵メモリ(RAM / ROM):4GB/64GB
テザリング:対応
SIMeSIM
VoLTE:楽天対応
対応周波数
FDD-LTE:B1,B2,B3,B4,B5,B7,B18,B19,B26,B28
TD-LTE:B38,B41,B42
WCDMA:B1,B2,B4,B5,B6,B19
GSM:非対応
その他:防滴/防塵(IPX2/IPX5)顔認証、ディスプレイ指紋認証、おサイフケータイ、4×4mimo高速通信、左右ベゼルレス局面ディスプレイ

メーカー楽天モバイルとなっています。

実際の製造はどこなんでしょうね。例えばシリーズの最小端末Rakuten Miniは中国のTinno社で作られています。

SIMeSIMですね。

 

以前の記事執筆時にはわかっていなかった重量厚み、あと価格が判明しましたね。

本日時点での価格は20,000円(税込み)です。

※ちなみに現在楽天モバイルではキャンペーンを行っています。実質0円で購入可能です。

 

そして公式サイトではこう謳っています

世界一スリムなボディ。だから格別の持ち安さ。
※ディスプレイ5インチ以上のモバイルFelica対応スマートフォンにおいて(2020年9月28日)/ステラアソシエ調べ。

 

果たしてこの謳い文句は本当なのか。

確認してみました。

 

AQUOS R2compactとのサイズ比較

はい、ここで既存の5インチ台スリムNo1のAQUOS R2compactの外寸と比べてみます。

  縦(mm) 横(mm) 厚み(mm)
Rakuten Hand 138  63 9.5
AQUOS R2compact 131 64 9.3

寸法が小さいほうを赤字にしています。

 

あれ、

厚みはスリムさで負けていますね

横幅は1mmだけ寸法が小さいです。

 

確かに正面から見て横幅が小さいもののことをスリムと呼ぶ気もしますが。。

確認を進めます。

 

次に寸法だけでは見えにくい部分、それぞれの体積を計算しました。
結果はこうです。
Rakuten Hand    :82,593mm³
AQUOS R2compact :77,971mm³

体積はAQUOS R2compactに軍配があがりますね。

 

これは。。

「世界一スリム」を謳うのには疑義が生じますね笑

 

一応あと重量を比べてみると
Rakuten Hand    :129g
AQUOS R2compact :135g

ということで、Rakuten Handのほうが軽いですね。

軽いっていうのは確かに一つの価値です。

このあたりを総合して「5インチ台で一番スリム」を謳ってても、

まあもういいんじゃないでしょうか。。笑

バチバチに否定、指摘して取り下げさせる必要もないとは思います笑

ちなみに注釈で「※ディスプレイ5インチ以上のモバイルFelica対応スマートフォンにおいて」と記載されています。
この条件を付けることによってうまくNo1になれるのかなと思いましたが、AQUOS R2compactもFelicaに対応しています。
この条件でAQUOS R2compactと土俵を別にするものではないようです。

 

ではサイズ以外の点はAQUOS R2compactと比べてどうなのか。

 

AQUOS R2compactと寸法以外の部分を比較

寸法以外の部分を比べてみました。

優劣で勝っているほうを赤字にしています。

  Rakuten Hand AQUOS R2compact
ディスプレイサイズ 5.1インチ  1,520 × 720 HD+   5.2インチ  2,280×1,080 フルHD+
連続待受時間(LTE) 約420時間 約490時間
連続通話(通信)時間 約18.3時間(LTE) 約31.6時間(VoLTE)
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 720G Qualcomm® Snapdragon™ 845
OS Android™ 10 Android 9 
内蔵メモリ(RAM / ROM) 4GB (RAM) / 64GB (ROM) 4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ(外側) 約4,800万画素 (広角) + 約200万画素 (深度測位) 約2,260万画素 CMOS
フロントカメラ(内側) 約1,600万画素 約800万画素 CMOS
バッテリー容量 2,750mAh 2,500mAh
おサイフケータイ / NFC
生体認証(指紋 / 顔)
防滴 / 防塵 IPX2 / IP5X IPX5/IPX8 /  IP6X 
電波 各キャリア対応
※VoLTEは楽天のみ対応
各キャリア対応(シムフリー)
5G対応 非対応 非対応

 

ディスプレイの表示性能はAQUOS R2compactが勝っています。

CPU性能もAQUOS R2compactの勝ち。

そしてカメラ性能、バッテリー容量についてはRakuten Handが勝っていますね。

あと電波のつかみについてはシムフリーを謳っているAQUOS R2compactに軍配があがりそうですが、Rakuten Handもバンド的にどこのキャリアにも対応しています。

【各キャリア使用バンド】

  ドコモ  au Softbank 
3G(W-CDMA)   B1,B6  B1,B18  B1,B8
4G(FDD-LTE)  B1,B3,B19,B21,B28 B1,B11,B18,B26,B28 B1,B3,B8,B11,B28
4G(TD-LTE)  B42 B41,B42 B41,B42

【Rakuten Hand対応バンド】
WCDMA:B1,B2,B4,B5,B6,B19
FDD-LTE:B1,B2,B3,B4,B5,B7,B18,B19,B26,B28
TD-LTE:B38,B41,B42

 

なんとなくAQUOS R2compactが総合的に勝ちかなと感じますね。

 

じゃあ5インチ台でコンパクトな端末が欲しかったらAQUOS R2compact一択だね

 

はい、たしかにそう思えると思いますが次に伝える点がRakuten Handのもう一つのアイデンティティでもあり価値でもあります。

 

Rakuten Handの大きな価値「価格がリーズナブル」

以下にRakuten HandとAQUOS R2compactの価格を並べてみました。

 

  Rakuten Hand AQUOS R2compact
発売時期 2020年12月 2019年1月
価格 20,000円 43,800円(中古)、79,000円(新品)

 

はい、こうして並べてみるとRakuten Hand価値が見えてくると思います。

本来、スリムボディにこれだけの仕様を詰め込んでくるとAQUOS R2compactのような価格になります。

2年前の端末がまだ43,800円もします。それも中古品です。

新品はもう出回ってなさそうですが稀にあるそれを販売しているサイトだと79,000円という金額を確認しました(これはちょっと高すぎですが。。)

 

それがRakuten Handの場合は定価20,000円です。当然新品です。

それもRakutenモバイルは随時キャンペーンをやっているのでいつのタイミングでもたいてい安価で手に入ります。

実質数千円とかですね。

 

Rakuten Big、そしてRakuten Mini(僕も使用中)もそうですが楽天モバイルのオリジナル端末はリーズナブルという価値を持っています

 

価格の訴求力は強いのでRakuten BigRakuten Handも需要とマッチして売れるのではないかと思います。

ちなみにこのシリーズの最小端末Rakuten Miniを僕は使っていますが今のところ全く問題なく使用しています。

僕もキャンペーンによって実質0円(むしろプラスになっている)で手に入れたのですが、

「安かろう悪かろう」なんていうことわざは当てはまりません。

快適そのものですね。

 

ズバリRakuten Handがオススメな人は

全部をまとめます。

ズバリRakuten Handがオススメな人はこういった要望を持っている方です

・5インチ台の液晶端末がほしい
・かつできるだけコンパクトがいい
・かつリーズナブルな金額がいい

 

とくに最後の「リーズナブル」という要求については楽天モバイルは真っ向から答えてくれます
上でもチラっと触れましたが現在キャンペーン中です。

※12/19追記※
記事執筆時のキャンペーンは終了しましたが現状楽天モバイルは随時何かしらのキャンペーンを行っています。詳しくは公式サイトでご確認ください。

このサイズ感の端末を安価で手にすることができます。

合わせて現在楽天では以下キャンペーンを実施中なので

・1年間月額使用料が無料
・事務手数料無料

ほぼリスク無く端末を手に入れられます。

いいチャンスだとは思うので5インチ台のスリムスマホを探していた方は是非検討してみてください。

個人的には以下の方にもオススメします。

・iPhone利用者で 
・ちょっとAndroidに興味は持っているし、使ってみたい欲がある方

オススメする理由は上述の通りリスクが無いからです。

現在月額料金さえも無料なのは楽天モバイルしかないと思います。

 

 

今回の楽天モバイルの動き(キャンペーン)はahamoの対抗なのか?

先日Docomoからリーズナブルな料金プランahamoが発表され、業界があわただしくなっています。

競合他社のこれからの動きが楽しみだと思っていました。

※関連記事※

 

それをうけてのことなのでしょうか、紹介している通り楽天モバイルは本日からキャンペーンを開始しています。

※現在ahamo発表時に並行して開催されていたキャンペーンは終了しました。

 

楽天モバイルでは随時何かしらのキャンペーンを行っています。詳細はサイトでご確認ください。
楽天モバイル

この状況はいいことだと感じます。

まっとうな価格による競争が起こっているわけですからね。

そして楽天モバイルには今回の一過性のキャペーンのあと、今度は月額料金値下げの点にも切り込んでもらいたいところですね。

いま時点でも「どこで利益得ているの?」という話ですが、楽天モバイルは赤字らしいです。

しかし楽天市場を代表するECモールなど楽天グループのコア事業が好調なのでグループ全体として成り立っている状態とのことです。

 

つまり割引の負担はどこが担っているかと言えばそれは楽天グループです。

例えばドコモなど3大キャリアがお得なキャンペーン(自称)を打ち出すと、どうしてもどこに落とし穴があるのか考えてしまいます。(そして落とし穴は隠されていないので、多くの方に「安くなってないじゃん」とツッコまれます)

実際、総合的にみると消費者側がお得じゃなかったりしますよね。

このドコモの例だと負担は消費者自身に来ているわけです。

 

楽天の構図を見てみても楽天モバイルの現在の割引は裏がないんじゃないかなと思ってしまいます。

損が無いようにプランを複雑怪奇に組み立てるとか、そういうことをやる時間はなく、アンテナ敷設とユーザー獲得に追われているイメージです。キャンペーンはストレートに割引を行って、負担はグループで受け止めると。

まさに国が行うGoTo系のキャンペーンと同じで、乗っかっておいて損はないんじゃないかなと思いますね。

 

 

 

僕のブログではこういったどの通信キャリアがお得かといった話や、他にも経済的な無駄を省くといったような考え方で記事をたくさん書いています。気になるものがあればチェックしてみてください。

ライフハック

【7月PayPayキャンペーン】一番お得なモノの購入方法はこれ【もはや一択】

7月PayPayキャンペーンで一番お得にモノを購入する方法について共有しておきます。   現在7月キャンペーンとして様々な還元が行われています。 セブンイレブンでお得、家電量販店でお得、飲食チェーンでお得などなど。   ただし、色々催しを行っていますが一番お得に還元を受ける方法は一択です。 その他についてはあまり得ではないです。     目次1 夏のPayPay祭とは1.1 その還元率は?2 夏のPayPay祭で一番お得にモノを購入する方法とは?3 yahoo!ショ ...

続きを読む

モノ ライフハック 小さいスマホ

【windows update】でPCが壊れる場合が本当にある【対策を共有】

先日、自身のPCをwindows updateしたあとなんとパソコンが壊れてしまいました。 自身が直面したことがなかったので都市伝説だと思っていました。。   まあと言っても完全に利用不可という状態ではなくて一応普通に使えます、ただし様々なところで不具合が出るようになりました。 上記はエラー画面です。 起動後、画面に何にもでなくなった状態。。 windowsキーだけは効きました。   確かにOSの更新で不具合が起きる可能性があることは知られていることです。 iOSなんかも新しいバージョ ...

続きを読む

ライフハック

【賃貸】お部屋探しを始めるベストタイミングはいつ?

今回お部屋探しのコツということで、いつ部屋探しを行うのがベストかということを共有しておきます。 現在僕は賃貸の仕事しているので中の人としての意見をお話したいと思います。 引越しや部屋探しは誰でも経験する可能性があることなので知識として持っておいて損はないと思います。   もし自分が引っ越しをするとなると疑問が湧いてきませんか? B男さん就職が決まって100%引越す必要が出てきたけど、いつお部屋探しをしたらいいんだろう もし近々に就職するのであればもちろんすぐ始める必要がありますが、逆にたっぷり時 ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】1月キャンペーンはほぼ目玉がない?2月キャンペーンは?

1月も半場を過ぎましたがPayPay1月キャンペーンと今後のキャンペーンについて共有です。     目次1 【1月】PayPayキャンペーン① あなたの街を応援しようキャンペーン1.1 あなたの街を応援しようキャンペーン1.2 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?2 【1月】PayPayキャンペーン②ペイペイジャンボ2.1 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?3 PayPay2月キャンペーンの目玉はある?3.1 ユニクロで最大10%戻ってくるキャンペーン4 PayPayキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック 通信

【3大キャリア】値下げ後料金でどこが一番オトクなのか【MVNOの情報もあり】

3大キャリアの値下げ後料金プランが出揃いました。 今まではどこのプランも高いと言われ続けていましたが、今回国からの要請を受けて全キャリアがキチンとした料金値下げを発表しました。 今回はちゃんと安そうです笑   今までは、安いプランをリリースしましたと語らかに謳うわりには発表されるプランはいわば騙しの策です。複雑怪奇になっていくだけで実は安くなっていないという状態でした。失望するユーザーが多かったと思います。 僕も過去はドコモユーザーでしたが記憶しているところでも10年ぐらいはずっとこんな感じです ...

続きを読む

 

「コンパクトなモノ」についてもたくさん記事を書いています。物質的にも無駄を省いたスマートなものが好みです。小さくて質の良いものって所有欲をそそられます。是非チェックしてみてください。

小さいスマホ

【小さいスマホ】Mint デビュー【中華スマホ】

久しぶりに小さいスマホの記事です。 小さいスマホのメッカ中国は深センから新しいそれが発表されました。 リリース元はMint Monyという中国のグループ(会社?)です。   小さいスマホ Mint さっそく紹介です。 その名もMintです。 Mintのスペック サイズ/重量: 89.5×45.5 × 11.5 mm/重量不明 ディスプレイ:3.0インチ/480 x 854  OS:Android9 CPU:ブランド不明 、1.5GHz 、クアッドコア 内部メモリ(RAM/ROM):3GB/64G ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル 通信

【楽天モバイル】Rakuten Handレビュー【スリムスマホ】

コンパクトなスマートフォンRakuten Handを手に入れたのでレビューします。   僕はRakuten Miniという端末を使っています。 ではなぜRakuten Handを手に入れたかというと、親に使ってもらう用ですね。 田舎でITとは無縁の生活を送ってるのですが、スマホの便利さとエンタメ性でクオリティオブライフをちょっと上げられるのではと思い数年前から持ってもらっています。かれこれ3台目になります。 そして楽天モバイルにも乗り換えをさせたのですが、これは2021年4月のことだったので今か ...

続きを読む

その他モノ モノ

【アイリスオーヤマ】デスクチェア 1年使用後レビュー【リーズナブル品はすぐダメになる?】

今回デスクチェアについての記事です。 僕は1年前に初めてデスクチェアを購入しました。 それは以前の記事でも載せています。   その時は自身の求める条件を満たし、尚且つ一番リーズナブルな品をチョイスしてみました。 その金額は約15,000円です。 こういうお安い品って耐久性とかその後の状態ってどうなんだろうという疑問があると思うので今回1年使用後のレビューをしておきます。   目次1 使用チェア紹介「アイリスオーヤマ エクストラクール ハイバックチェア 」2 1年使用アイリスオーヤマ エ ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【小さいデスクトップPC】ASRock DeskMini X300 レビュー

以前の記事で予告していましたがPCを新しいものに買い換えました。 先代のPCはWindows Updateで壊れてしまいました。   個人的にはwebに触れるデジタル端末は、デスクトップPCが一番ユーザー体験がリッチだと思っています。 その一番の要因はディスプレイが大きいことです。好みでいくらでも大きくできますね。30インチ超え、40インチ超え、複数ディスプレイなど。 そして入力のしやすさも要因として挙げられます。キーボードやマウスは捨てられませんね。   ただしこれは個々人の価値観に ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さいスマホ】K-TOUCH M17が形を変えて再登場?【中華端末】

久しぶりに小さい中華端末の紹介です。 全然最新とかはでなくある程度前から中国で販売されていたみたいです。 その名もK-touch M17です。   あれ?と思ったのはこの名称は他の端末でも見ていたからです。 今回それとはまったく別のスマホです。 どういうことなんでしょう。 ちょっと情報をまとめてみました。     K-touch M17のスペック K-Touch M17のスペック OS:Android 9.0 ディスプレイ:4.8インチ(1120×480) CPU:MTK サ ...

続きを読む

 

 

-モノ, 小さいスマホ, 楽天モバイル

© 2021 ちょうどいいミニマリストのブログ