モノ 小さいスマホ

【iPhone新SE登場】残念と捉えるコンパクト志向ユーザーが多いかも【Rakuten mini】も絡めてお話

4月 17, 2020

新iPhoneSEが発表されました。

僕がAndroidユーザーなのでiPhoneは今まで取り上げてきませんでしたがSEについては触れたいです。

みなさんご存じiPhoneSEはiPhoneシリーズの中で唯一の小さい端末です。小さい端末好きとしてSEだけは押さえています。

iPhoneユーザー、Androidユーザーはしばしば対立したりもしますが、メーカーやOSの垣根を取り払ってみると小さい端末に価値を感じる」という全く同じ考えを持っている層がいると思います。

まさに旧iPhoneSEを使い続けているユーザーさんがそれにあたりますよね。Android側は僕らみたいな層です。

何かとつながる点があるので今回は新iPhoneSEについて考察の記事です。

 

 

 

旧iPhone SEについて

ちょっと昔話ですが旧iPhoneSEが発表された当時はiPhoneユーザーがうらやましかったです。

それは旧iPhoneSE理想のコンパクトサイズに最新の装備を詰め込んできたからです。小さい端末好きが望んでいる進化はまさにそれですサイズを肥大化するという改変は望んでいないです

当時僕はSonyのXperiaSXという端末を使っていました。

 

下の表の通りこれもとてもコンパクトなのですが、旧SEが登場した頃にはもう4年も周回遅れになっていてスペックの低さが自分の中で気になっていました

名称

寸法mm(縦×横×厚さ) 重量 液晶サイズ 発売時期
Xperia SX 115 ×54 × 9.4 95g 3.7インチ 2012年8月
iPhone SE 123.8 × 58.6 × 7.6 113g 4.0インチ 2016年3月
         
AQUOS sense3 147 × 70 × 8.9 167g 5.5インチ 2019年11月

※一般的な端末の例として今売れているスマホAQUOS sense3に登場してもらっています

 

なぜ周回遅れになったかというと、XperiaSXを最後にその後発表になるXperiaコンパクトシリーズはすべて縦横が約1cm肥大しているものばかりでした。

メーカーはこれが「これからのコンパクトシリーズだよ」と主張してくる訳ですがユーザーとしては到底承服できません

そうして苦痛を伴って待っているときに、理想のサイズスペックIPhoneSEは登場したので本当に羨望の眼差しで見ていました

 

 

今回新iPhone SEについて

さて話を戻して今回発表された新iPhoneSEについてです。サイズは以下の通りです。

名称

寸法mm(縦×横×厚さ) 重量 液晶サイズ 発売時期
新iPhoneSE 138.4 ×67.3 × 7.3 148g 4.7インチ 2020年4月

旧iPhoneSEに比べてとても大きくなっています。SEという名称についても特にコンパクトシリーズを意味するものではないという解釈を多数目にしました。そうだったんですね。。

旧SE利用者の中のサイズで選んでいた層乗り換えないと思います。心境は容易に察することができます。今回の商品発表は「非常に残念」だと感じていることと思います。

ずっと噂だけはあったので期待して待っていたと思うのですが、いつからか出回り始めた「iPhone8のガワを使って中身がブラッシュアップされる」という悪い噂が現実となってしまいましたね。

余談 ~iPhoneユーザーの中でのSEの立ち位置~
これまでSEのリーク記事がニュースサイトに出るたび、いつもコメント欄が荒れていました。冒頭でも触れた通り僕はSEについてはずっと横目で見てきました

iPhoneユーザーの中でもいわゆるメジャーなサイズを利用している層はSEを理解できないようで「SE2が出る!」「SE2に期待!」「待ってました!」のような記事がでると以下のような反応がコメントにあがってきます。
「どんだけ手が小さいんだよ」
「そんなに廉価版が欲しいのか。お金がないのかよ」
「人気がないからでないよ」
「なんで小さいのがいいか理解ができない」

これは実際見てきたコメントです。

否定派は想像が追いついていないと思います。

「手が小さいから小さいスマホを求めている」
→そんな層はまずいないです。むしろSE人気が高いのは男性層です。手大きいですね。女性ユーザーの方が大きなiPhoneを好む傾向があると思います。スマホを選ぶとき自身の手のサイズなんてみんな気にしていないです。

「安いiPhoneがほしい」
→確かに一定層いると思いますが、その層は大きい画面が欲しそうなイメージです。SEのサイズに価値を感じている人はもし旧SEのサイズに最新機能を詰め込んで画面も狭ベゼル化により可能な限り拡張してきたら高くても買うと思います。その仕様は間違いなく価値があります

「なんで小さいのがいいか理解ができない」
この対立はもはや宗教戦争レベルです笑 わかり合えないと思います。お互いの端末のメリットを説明しあっても各々それに対する返答は「そんな点はどうでもいい。そんなことよりこっちの端末は○○、○○が魅力で~」→それへの返答「そんな点はどうでもいい。そんなことより~以下略」 これの繰り返しでしょうね。価値観が違う

 

 

旧SEユーザーは今後の利用端末をどうするか

みなさん非常に悩んでいるところだと思います。これで当分旧SEサイズはリリースされないと読むのがやはり一般的でしょう。

それであれば選択肢は3つです。

①新SEに乗り換える
②旧SEを継続する
③第三の端末に乗り換える

 

ここで僕の体験談も載せておきます。過去、SONYXperiaシリーズにて同一の環境だった僕は②の選択肢「旧端末を継続する」を選びました。過去僕がそうした理由はこうです。

<理由>
①新端末に乗り換えなかったわけ
「肥大してしまった端末を使う」どうしてもそれを許容できなかったです。旧SEユーザーさんもApple Storeに行って実端末を持ってみてください。とても大きいと感じると思います。僕の場合だと縦横が1cmずつの肥大化だったのでまだマシかもしれませんが、今回の旧SE→新SEの肥大化はもっと差があります。縦は1.5cm拡大です。

僕は去年、端末が壊れて泣く泣く肥大化した端末を使っている時期があったのですが、そのときの心境を情報共有です。その端末に愛着が湧かなかったです

どっかで「本心で買ったものでない」というのがあるのと、「本当に欲しい端末が出るまでのつなぎ」という感覚があります。持ち物、しかも重要なモノであるスマホに愛がないという変な心境の時期でした。落としてヒビも入りましたが何にも思いませんでした。

②所持端末をそのまま継続する
→僕はこれを選択しました。しかし心境としてはずっと不安定でした。乗り換え先のないいわゆる難民状態ですものね。

そしてスペックが周回遅れになりますし、やはり処理速度の遅さなどが目立ってきます。何度も最新の端末に乗り換えようと思ったものです(でもそれは実端末を手に持ってみればデカすぎるので踏みとどまれます。)

そして乗り換え先が無い状況になって始めて気づくことができる真理があります。それは「毎年端末を買い換える必要はない」ということです。
ナチュラルには「1年2年で買い換えるのが普通」っていう認識を持ってますよね。なぜかそう思っていました。商業ってほんと怖いです。現代のプロモーションの巧妙なことですよ。
無駄のない購買サイクルがあるとすれば「本当に欲しい端末が出たら買う」これだと思います。

後から振り返ってみると結局その一つの端末を使い続けたのは実に8年にも及びました。そういうわけで旧SEユーザーの方も次のSEを待つ場合は、あと4年ぐらい待つ未来も僕はありえると思います。それで初代から数えて8年間になります。長期戦になる可能性があると思いますね。

 

そして僕からの一つの提案です。

③第三の端末に乗り換える

身動きが取れない状態なのであればいっそ旧SEでもなく新SEでもない第三の端末を手にとってみるのはどうでしょうか
ズバリおすすめは僕も使っているRakuten miniです。
関連記事

サイズ感はこんな感じです。比率を正しくしてあります。

 

スペックもイケてるコンパクト端末です。僕はこれで旧端末から乗換えが完了し、長いジャーニーから抜け出せることができました精神衛生上とても良いです

 

 

Android→Androidだったので何の問題もなくスムーズにいけたのですが、iPhonSEからの方には当然障壁があることだと思います。それは物理的な操作面のことと、あとはiPhoneじゃないものを使うという精神的なハードル、拒否感が。

もし前者の物理面のことであればご安心ください。

・今のAndroidについては操作性の問題は全く無いです
Androidが出始めた頃はiPhoneとの差がかなりあったようで、どうもその頃の印象だけがずっと一人歩きしているみたいです。

そして個人的にはこれらメリットを推すのですが
①ホーム画面をキレイに掃除できます
iPhoneはインストールアプリが勝手に並んでいってそれをどうすることもできないんですよね。Androidはキレイにカスタムできます。旧SEを選ぶ方にはこの機能が響きませんか?中身もスリムにスマートにカスタムできます。

②ナビゲーションメニューが便利
Androidは画面下にいつでもナビゲーションメニューがあります。[一つ戻る]  [ホーム]  [履歴(タスク)] ですね。
特にこの[一つ戻る]ボタンが左下に常にあるというのが便利じゃないですか?iPhoneは無かったですよね。

※近年のiPhoneでは機能面のことがどうなっているかちょっと調べられていません。①②がとっくにできるようになってたらごめんなさい!

 

そして見た目と操作性をiosに近づけたい場合は各種ホームアプリなどを入れればそれが実現できます。

例)ランチャーiOS 13コントロールセンターiOS 13画面のロックと通知iOS 13アシスタントタッチ

こちらのデベロッパーがこういったiosライクに変えるアプリを開発しています。
LuuTinh Developer

 

そして精神的な面についても、例えばRakuten miniがもし無料で手に入るならハードルは下がりませんか?もし損がないのであれば話が変わってくると思うのです。

ただし正直そう問いかけをしてはいますが端末台は0円にはなりません。一応キャンペーン込みで11,819円Rakuten miniは購入が可能です。なので割安だとは思います。
※キャンペーン実施中の4月内であれば
(合計8,000ポイントの付与(5,000、3,000)、各
種契約事務手数料がポイント相殺で実質無料)

※追記※現在Rakuten Miniは正規値段です。「月額費用1年間月額無料」キャンペーンは継続中

そしてRakuten miniを扱っているのは第4のキャリア楽天モバイル なのですが、さらにさらに別でメインの太っ腹キャンペーンがあります

月額費用がなんと1年間無料です。そして月額プランのデータ通信の容量なのですが、なんと使い放題」です

※詳細は以下記事をご確認

 

あと補足として、どのみち楽天モバイル通信設備の整備がまだまだの状態なので、本回線はiPhoneの方で残しておくことをオススメします

平行して楽天モバイル回線を持って、データ通信は無制限の楽天で行うようにして回線側のデータ通信プランは最安のものに変更しておきます。たっぷり容量を使う人ほど毎月差額が出てお得を享受できると思います。

こうして1年間お得になる分も考慮するとRakutnen miniを実質無料に近いぐらい(無料以上かな?)で手に入れられるイメージになると思います。

タイミング的に良い状態が重なっているので是非この機会にほぼ負担0で初のAndroid端末を手に入れてみてはどうでしょうか。旧SEユーザーであればRakutnen miniのコンパクトさはしっくりくると思います。

僕の会社でもRakutnen miniの実機を人に披露したとき、一番興味を示しているのは旧SEユーザーでした。

是非上の端末紹介記事も見てみて下さい。

 

楽天ミニが購入できるのは公式のサイトのみです。

楽天モバイル公式サイト

 

※追記※
【iPhone12mini】SE2より小さい端末が発表されました。

 

僕のブログではその他小さなスマホをはじめ、小さくて良いモノ全般についても紹介しています。気になる記事があれば是非チェックしてみてください。

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】Jelly2 日本正式発売

以前紹介した小さい中華端末「Jelly2」が日本で正式に発売されます。 本ブログで取り上げたのは半年以上前だったのでおさらいしておきます。   目次1 Jelly2とは2 jelly2の手に入れ方は3 Jelly2がハマる人は?3.1 でももし小さい端末というものに興味があるのであれば他の選択肢もあり Jelly2とは   上海のスマホメーカーUnihertzが手掛けている小さいスマホです。 Unihertzは他にも小さなタフネススマホAtomシリーズをラインナップしていることでも有名 ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

【Rakuten mini】1年後の状態をレビュー【劣化しているのか?】

今回、使用1年になるRakuten miniについて、現状のレビューをしたいと思います。   Rakutenminiはとても小さい端末です。 ちょっと関連の話で、先日アメリカ市場におけるiPhone12シリーズの販売について、miniはあまり売れていないというニュースを見ました。当時僕もツイートしています。 #iPhone12 の機種別売上シェア率が発表されていました ※米国の消費者動向調査会社による米国内のデータ 小さいスマホを応援しているのですが #iPhone12mini の売上シェア率が ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル 通信

【Rakuten mini】IIJmioのeSIM設定方法共有【申込後即利用可能です】

2021年1月末でRakuten miniはデビュー1年を迎えます。 僕は去年2020年1月31日にRakuten miniを手に入れました。 無料サポータープログラムというのに参加して最早で手に入れた層だと思います。   なんとなく当初は1年したらまた新型のこれが出るんだろうなと思っていました。Rakuten mini2みたいな感じですね。 でもその話は全然聞こえてきません。 コンパクトなスマホ好きはとりあえずこちらRakuten mini1のほうを継続利用する必要があるようです。 でも目先の ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】新作 SOYES S10-Hリリース【3.49インチ】

新年あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願い致します。 2021年も変わらずブログを続けて行きたいと思っています。   さて新年1発目は久しぶりに小さい中華スマホの紹介です。 このブログでも過去に紹介してきた「SOYES」シリーズの新作が登場していました。   その名も「SOYES S10-H」です。     目次1 SOYES S10-Hについて1.1 SOYES S10-Hの仕様、サイズ感1.2 中華スマホの商品画像について1.3 その他仕様につい ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

Mac miniと同等のWindowsPCはあるのか?【結論】無い

先月アップルからMac miniが発売されました。 いわゆるミニデスクトップPCです。 僕もwindowsのミニデスクトップを使っています。 僕は小さいデスクトップに興味を持っていて、新製品が世にでていないかずっと目を光らせています。 そんな僕が思うのは、今回のMac miniの登場は本当にうらやましいということです。 ※僕はWindowsユーザーです   その理由はMac miniはすべてが揃っているからです。   例えばwindowsでMac miniのようなPCはあるか?と言われ ...

続きを読む

 
 

他にも”コンパクトなモノが好き”という思考の根っこではありますが、”無駄を省く”とか”お得(経済的無駄を省く)”といった観点でも記事を書いてあります。数分で読める記事なので是非チェックしてみてください。

ライフハック

【賃貸】お部屋探しを始めるベストタイミングはいつ?

今回お部屋探しのコツということで、いつ部屋探しを行うのがベストかということを共有しておきます。 現在僕は賃貸の仕事しているので中の人としての意見をお話したいと思います。 引越しや部屋探しは誰でも経験する可能性があることなので知識として持っておいて損はないと思います。   もし自分が引っ越しをするとなると疑問が湧いてきませんか? B男さん就職が決まって100%引越す必要が出てきたけど、いつお部屋探しをしたらいいんだろう もし近々に就職するのであればもちろんすぐ始める必要がありますが、逆にたっぷり時 ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】1月キャンペーンはほぼ目玉がない?2月キャンペーンは?

1月も半場を過ぎましたがPayPay1月キャンペーンと今後のキャンペーンについて共有です。     目次1 【1月】PayPayキャンペーン① あなたの街を応援しようキャンペーン1.1 あなたの街を応援しようキャンペーン1.2 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?2 【1月】PayPayキャンペーン②ペイペイジャンボ2.1 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?3 PayPay2月キャンペーンの目玉はある?3.1 ユニクロで最大10%戻ってくるキャンペーン4 PayPayキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック 通信

【3大キャリア】値下げ後料金でどこが一番オトクなのか【MVNOの情報もあり】

3大キャリアの値下げ後料金プランが出揃いました。 今まではどこのプランも高いと言われ続けていましたが、今回国からの要請を受けて全キャリアがキチンとした料金値下げを発表しました。 今回はちゃんと安そうです笑   今までは、安いプランをリリースしましたと語らかに謳うわりには発表されるプランはいわば騙しの策です。複雑怪奇になっていくだけで実は安くなっていないという状態でした。失望するユーザーが多かったと思います。 僕も過去はドコモユーザーでしたが記憶しているところでも10年ぐらいはずっとこんな感じです ...

続きを読む

ライフハック

【PayPayキャンペーン】さとふる3%還元よりお得なふるさと納税方法を紹介(花王40%還元額の確認方法も)

今月PayPayのキャンペーンで「花王商品の購入で40%が戻ってくる」の第2弾が開催されています。   しかし先日11月の記事で、9月に行われたこのキャンペーン第1弾分の還元がまだなされていないことを共有しました。 当初その還元期限は11月の末と案内されていました。   第1弾の還元が無いと第2弾も人にはオススメできないなと思っていましたが、12月どこかの日に還元が成立したようです。 アプリ内でその還元額の表示がされるようになりました。 その確認方法を共有しておきます。 あとPayPa ...

続きを読む

ライフハック

【賃貸ライフハック】強制加入の火災保険は外すことができるか

今回は賃貸ライフハックということで賃貸借契約にまつわる裏技じゃないですがテクニックを共有しておこうと思います。   これからお部屋探しの時期がやってきます。 日本では一般的に4月が期首になっているのでそのタイミング前である冬場にお部屋探しが行われます。 しかし一般的にはお部屋探しは人生で機会の少ないイベントだとも思います。 それゆえいざ自身が契約するとなると様々な点で疑問が湧くことだと思います。   その中の一つのジャンルがこちら   F菜さん火災保険って強制なの?未加入じゃ ...

続きを読む

-モノ, 小さいスマホ

© 2021 ちょうどいいミニマリストのブログ