ライフハック

【PayPay】7月以降キャンペーンと消費者還元事業終了について

6月 30, 2020

 

さて経済産業省が2019年10月から始めた「キャッシュレス・ポイント還元事業」が2020年6月30日で終了しました

事業開始と同時に僕もPayPayを導入してPayPay決済が可能なときはそれで支払いをしてきました

9月間の使用状況とその還元額についてまとめました。

そのあとで2020年7月キャンペーン等についてふれています。

 

僕のPayPay使用状況まとめ

僕のPayPay使用状況まとめ

使用期間:2019年10月~2020年6月
総支払い額:486,785円
総還元金額:18,230円(戻ってきたお金)


消費税
10%になり2%アップしたわけですが、僕はPayPayの還元(消費者還元事業 + PayPay主催キャンペーン)によってそのあおりを全く受けていないことになります

上の支払い額で考えていきます。
【課税前金額 : 442,531円】

本来8%の税率に比べて2%の8,850円負担増だったところですが18,230円も還ってきました。負担増部分を帳消しにしているどころか、これは計算してみると個人的には9ヶ月間6%の消費税で過ごしてきたことになります
※ちょっと乱暴に捉えています。まず自身の全消費が上記金額だけではないので前提が未確定ですね。

 

これは一人減税でしたね。

キャッシュレス決済を使っていた人はみんなが一人減税だったのです。

 

※余談※「PayPayは消費の記録媒体としては使えない」
以前もPayPayの記事で触れたのですがまず明細関係は見にくいです。というか「本当の意味での明細」が出力できる機能が今の所ありません。それに該当する画面はあるのですが悪い意味でちょっとグラフィカルな感じです。こういうのより簡素なCSVをただダウンロードさせてほしいですね。

あとの理由として、例えば自身が利用するスーパーがいくつかありますがPayPay対応のお店もあればそうじゃないお店もあります。同じように飲食店もそうですね。つまり全消費のシーンで使えるわけではないので消費記録としては不完全なものになります。

 

とりあえずQRコード決済を使った9ヶ月間は金銭的にはなかなか良い結果に終わったと思います。

そして便利さにおいても、今ではスマホでパッと支払いができるこの所作にすっかり慣れてしまい、これがないとしたら不便だなと思います

最初は「PayPayで」と言うのも恥ずかしかったものですが、逆に今はコンビニ店員さん達もスマホをかざしてくる動き等で察知して声が聞こえてなくても対応してくれている感じがします。すごくスムーズです。

 

まあこういったかたちでこれまではよかったわけですが、さて来月からのキャンペーンはどうなるでしょうか。内容の紹介と考察を述べています。

 

7月PayPayキャンペーン

①ペイペイジャンボ

キャンペーン概要

名称:ペイペイジャンボ
期間:2020年7月1日 ~ 2020年7月31日
特典:セブンイレブンにてPayPay決済をおこなえば抽選で以下の還元率で残高付与
1等・・・決済金額の10倍 1,000%付与(5,200本)
2等・・・決済金額の全額 100%付与(56,000本)
3等・・・決済金額の   5付与(10,000,000本)

付与上限金額:10万円円相当/回・期間

先月に引き続きペイペイジャンボです。宝くじっぽい名称ですが性質はまさにそのとおりです。

今回は対象店舗がセブンイレブンのようですね。

「セブンはよく使うし嬉しい」という声もあるかと思いますが期待のしすぎは禁物です。そこはまさに宝くじぐらいの確率に設定されているのでなかなか当たらないと思います。せめて3等の5%付与(10,000,000本)は当たる可能性があります。

当たる確率について

※PayPayの1ヶ月間の総決済数は1億回だそうです(4月時点の情報です。今はもっともっと伸びている可能性あり)

そのうち「セブンイレブンでの決済」という条件がどれだけあるかが未知数なので計算は難しいですが、例えば半分の5千回がセブンでの決済だとすると1/5の確率で5%付与(1千本)は当たる可能性がありますね。
しかし母数であるセブンでの決済数が不明な以上確率は計算不可能だと思います。

 

②PayPay STEP

キャンペーン概要

名称:PayPaySTEP
期間:2020年4月1日 ~ 
特典:対象のPayPay加盟店にてPayPay決済をおこなえば決済金額の0.5%が戻ってくる
それに加えて以下条件を満たせば翌月度の還元率が合計1%アップする
<条件>
①100円以上の決済回数50回以上達成で+0.5%

②利用金額10万円以上達成で+0.5%

※付与上限金額:7,500円相当/回、15,000円相当/期間
※公共料金や税金など「PayPay請求書払い」の支払いも対象
※Yahoo!JAPANの対象サービスはデフォルトで1%還元(Yahoo!ショッピング、ヤフオクなど)

僕は勝手に”ベーシックなキャンペーン”と呼んでいますが毎回の決済に関係する基本的なキャンペーンは上記の通りです。

このキャンペーンは4月からの継続です。以前詳しくふれているので詳細は前回のPayPay記事をご確認ください。

 

派手さは全くないです。クレジットカード決済と同じような還元率ですよね。
クレカは1%還元が多いイメージです。

 

 

今後のPayPayキャンペーンについて

前回の記事でもふれましたが高還元のキャンペーンを行って利用者を獲得するというフェーズは終わりました

数ヶ月前の時点で”消費者のQRコード決済会社利用比率”においてPayPayがダントツのNo.1です。シェア争いは終わったのです。

当然今後の流れとしてキャンペーン費用はドンドン縮小されていくと思います。もうド派手なキャンペーンが開催される可能性は低いと思います。ペイペイジャンボは話題性は大きいですが実はそんなにトータルコストがかかっていないと思われます(過去のキャンペーンに比べて)

そしてベーシックな還元キャンペーンについては最終”1から良くて2%程度”の還元率で安定するのではと思っています。イメージはクレジットカードです。

PayPayとしてはQRコード決済もひとつの決済方法としてクレカと肩を並べたと認識したのでしょうかね。

まあ確かに存在感は9ヶ月前に比べてとても大きくなったと思います。リアルに多くの人に浸透しているみたいですしね。

 

 

個人的な今後のPayPay利用について

とりあえずはこのまま使用していくと思います。

理由はこちら

yahoo民にとってはyahooショピング(PayPayモール含む)での買い物がお得だから

ブログ執筆中の現在7/1になっていますが、適当にyahooショッピングで商品を検索してみたところ未だ還元率の良い状態が続いています

先月までは10%台の還元率が多かった(還元事業5%も含んで)のですが残念ながらそれについてはかなり減っています。

まあそれでも5%還元9%還元という還元率は多くあるので、ただクレカで購入するよりはまだまだお得な状態です。

この状態である限りは思考停止でこのままいようと思います笑
どこか他社の決済方法でお得なところが表れたら検討しようかなぐらいですね。

みなさんにもPayPayはオススメできます。

 

そういうわけでトータルとしてはまだまだ還元率の高いPayPayです。使用されるかたはこちらのダウンロードリンクからどうぞ。アプリをインストールして簡単な入力(登録)を行えば即利用可能になります。

アプリダウンロードリンク

 

 

こういった”QRコード決済がお得”といったような記事をはじめ他にもたくさんライフハック記事を書いています。気になるものがあればチェックしてみてください。

ライフハック

【7月PayPayキャンペーン】一番お得なモノの購入方法はこれ【もはや一択】

7月PayPayキャンペーンで一番お得にモノを購入する方法について共有しておきます。   現在7月キャンペーンとして様々な還元が行われています。 セブンイレブンでお得、家電量販店でお得、飲食チェーンでお得などなど。   ただし、色々催しを行っていますが一番お得に還元を受ける方法は一択です。 その他についてはあまり得ではないです。     目次1 夏のPayPay祭とは1.1 その還元率は?2 夏のPayPay祭で一番お得にモノを購入する方法とは?3 yahoo!ショ ...

続きを読む

モノ ライフハック 小さいスマホ

【windows update】でPCが壊れる場合が本当にある【対策を共有】

先日、自身のPCをwindows updateしたあとなんとパソコンが壊れてしまいました。 自身が直面したことがなかったので都市伝説だと思っていました。。   まあと言っても完全に利用不可という状態ではなくて一応普通に使えます、ただし様々なところで不具合が出るようになりました。 上記はエラー画面です。 起動後、画面に何にもでなくなった状態。。 windowsキーだけは効きました。   確かにOSの更新で不具合が起きる可能性があることは知られていることです。 iOSなんかも新しいバージョ ...

続きを読む

ライフハック

【賃貸】お部屋探しを始めるベストタイミングはいつ?

今回お部屋探しのコツということで、いつ部屋探しを行うのがベストかということを共有しておきます。 現在僕は賃貸の仕事しているので中の人としての意見をお話したいと思います。 引越しや部屋探しは誰でも経験する可能性があることなので知識として持っておいて損はないと思います。   もし自分が引っ越しをするとなると疑問が湧いてきませんか? B男さん就職が決まって100%引越す必要が出てきたけど、いつお部屋探しをしたらいいんだろう もし近々に就職するのであればもちろんすぐ始める必要がありますが、逆にたっぷり時 ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】1月キャンペーンはほぼ目玉がない?2月キャンペーンは?

1月も半場を過ぎましたがPayPay1月キャンペーンと今後のキャンペーンについて共有です。     目次1 【1月】PayPayキャンペーン① あなたの街を応援しようキャンペーン1.1 あなたの街を応援しようキャンペーン1.2 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?2 【1月】PayPayキャンペーン②ペイペイジャンボ2.1 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?3 PayPay2月キャンペーンの目玉はある?3.1 ユニクロで最大10%戻ってくるキャンペーン4 PayPayキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック 通信

【3大キャリア】値下げ後料金でどこが一番オトクなのか【MVNOの情報もあり】

3大キャリアの値下げ後料金プランが出揃いました。 今まではどこのプランも高いと言われ続けていましたが、今回国からの要請を受けて全キャリアがキチンとした料金値下げを発表しました。 今回はちゃんと安そうです笑   今までは、安いプランをリリースしましたと語らかに謳うわりには発表されるプランはいわば騙しの策です。複雑怪奇になっていくだけで実は安くなっていないという状態でした。失望するユーザーが多かったと思います。 僕も過去はドコモユーザーでしたが記憶しているところでも10年ぐらいはずっとこんな感じです ...

続きを読む

 

無駄のない「コンパクトなモノ」についても記事を書いています。小さくて上質なモノは所有欲をそそられます。興味がある方はチェックしてみてください。

小さいスマホ

【小さいスマホ】Mint デビュー【中華スマホ】

久しぶりに小さいスマホの記事です。 小さいスマホのメッカ中国は深センから新しいそれが発表されました。 リリース元はMint Monyという中国のグループ(会社?)です。   小さいスマホ Mint さっそく紹介です。 その名もMintです。 Mintのスペック サイズ/重量: 89.5×45.5 × 11.5 mm/重量不明 ディスプレイ:3.0インチ/480 x 854  OS:Android9 CPU:ブランド不明 、1.5GHz 、クアッドコア 内部メモリ(RAM/ROM):3GB/64G ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル 通信

【楽天モバイル】Rakuten Handレビュー【スリムスマホ】

コンパクトなスマートフォンRakuten Handを手に入れたのでレビューします。   僕はRakuten Miniという端末を使っています。 ではなぜRakuten Handを手に入れたかというと、親に使ってもらう用ですね。 田舎でITとは無縁の生活を送ってるのですが、スマホの便利さとエンタメ性でクオリティオブライフをちょっと上げられるのではと思い数年前から持ってもらっています。かれこれ3台目になります。 そして楽天モバイルにも乗り換えをさせたのですが、これは2021年4月のことだったので今か ...

続きを読む

その他モノ モノ

【アイリスオーヤマ】デスクチェア 1年使用後レビュー【リーズナブル品はすぐダメになる?】

今回デスクチェアについての記事です。 僕は1年前に初めてデスクチェアを購入しました。 それは以前の記事でも載せています。   その時は自身の求める条件を満たし、尚且つ一番リーズナブルな品をチョイスしてみました。 その金額は約15,000円です。 こういうお安い品って耐久性とかその後の状態ってどうなんだろうという疑問があると思うので今回1年使用後のレビューをしておきます。   目次1 使用チェア紹介「アイリスオーヤマ エクストラクール ハイバックチェア 」2 1年使用アイリスオーヤマ エ ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【小さいデスクトップPC】ASRock DeskMini X300 レビュー

以前の記事で予告していましたがPCを新しいものに買い換えました。 先代のPCはWindows Updateで壊れてしまいました。   個人的にはwebに触れるデジタル端末は、デスクトップPCが一番ユーザー体験がリッチだと思っています。 その一番の要因はディスプレイが大きいことです。好みでいくらでも大きくできますね。30インチ超え、40インチ超え、複数ディスプレイなど。 そして入力のしやすさも要因として挙げられます。キーボードやマウスは捨てられませんね。   ただしこれは個々人の価値観に ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さいスマホ】K-TOUCH M17が形を変えて再登場?【中華端末】

久しぶりに小さい中華端末の紹介です。 全然最新とかはでなくある程度前から中国で販売されていたみたいです。 その名もK-touch M17です。   あれ?と思ったのはこの名称は他の端末でも見ていたからです。 今回それとはまったく別のスマホです。 どういうことなんでしょう。 ちょっと情報をまとめてみました。     K-touch M17のスペック K-Touch M17のスペック OS:Android 9.0 ディスプレイ:4.8インチ(1120×480) CPU:MTK サ ...

続きを読む

-ライフハック

© 2021 ちょうどいいミニマリストのブログ