楽天モバイル 通信

【楽天モバイル】「総務省から行政指導(不適切な割引)」に思うこと

9月 12, 2020

9月11日、総務省は楽天モバイルに対して行政指導を行いました。

その内容とそれに対して思うことを述べます。

本来の「消費者保護」「消費者のため」という根っこの理念からはズレてきていると思います。

 

楽天モバイル総務省から受けた行政指導の内容

総務省のプレスリリースを引用します。

不適切な端末代金の値引きの適正化に関する楽天モバイル株式会社への指導

総務省は、楽天モバイル株式会社(代表取締役社長 山田 善久)において電気通信事業法(昭和59年法律第86号)に違反する不適切な端末代金の割引その他の利益の提供が行われたことを受け、本日、楽天モバイル株式会社に対し、同法の規定の遵守を徹底し、再発防止策を着実に実施するよう指導しました。

今般、楽天モバイル株式会社において、「夏のスマホ大特価キャンペーン」と称するキャンペーンで、22,000円分のポイント付与を行う施策により、移動電気通信役務の提供に関する契約を締結し、又は締結していること及び対象設備(電気通信事業法施行規則(昭和60年郵政省令第25号。以下「施行規則」といいます。)第22条の2の16第1項第1号に規定する対象設備をいいます。)の購入等をすることを条件とし、上限額(施行規則第22条の2の16第1項第2号に規定する上限額)を超える利益の提供を計1,186件約し、又は約させたことが確認されました。

ー参照 総務省HP報道資料ー

 

 

具体的には

楽天モバイルが夏に行ったキャンペーンで通信契約と端末のセット販売を行い、その際法律で2万円と定められた割引上限を超えてポイントを付与した

これが問題だったようです。

 

確かに楽天モバイルは回線契約とセットで端末を購入すればかなりの値下げが受けられます。

例えば今時点(2020.09.12)だとこんな感じです↓

他にも端末はあります。

お気づきでしょうか。端末代金を超えておつりが帰ってくるものが多くあります

※別途事務手数料3300円が発生します。それの分の3300ポイント還元も含んでいます

 

かなりの値引きをしているわけですね。出血大サービスです。

でも国はこれを「やるな」と言ってきています。

どういうことなのか?

ちょっとこの件で思うことを述べていきます。

 

 

3大キャリアに対しての端末割引STOPは一定の意味がある

端末割引2万円を超える金額は不可

この法律が生まれるきっかけは3大キャリアが行ってきた通信契約と端末セット販売における割引にありますす。

3大キャリアで端末を購入すればその後1年や2年に渡って端末代サポートということで数千円の金額が毎月割引されるというものがありました。

結果、実質端末代金半額といったような謳い文句で盛大に営業されていました。

 

これの何が問題か?

結局お客様は端末代満額ぐらいを支払わされています。

 

「やった!端末代サポートで毎月が2000円も安い!」

と思いますが、その月額は例えば5000円とかです。

MVNOにしていれば毎月2000円~です。原価はもっと安いわけです。

つまりは2000円~3000円ぐらいの金額を12~24ヶ月払わされて、結局トータルで端末代満額ぐらい支払っています。

これってたいしてお得になっていません。

3大キャリアがお得意の「お得に見えるトリック」です。

裏では商品企画の部門が練りに練ってこういうのを考えているんだと思われます。

 

そして端末代の支払いが終わる頃には次の端末が登場してさらにもう2年の契約を繋ぎ止められます。

合わせて悪魔の2年縛りもついてきますよね。疑問を持ってそして行動しなければ一生抜け出ることができません。

 

こういったかたちで端末代割引を巧みに使って契約を取る、契約数の維持につなげています。

消費者からすれば、そんなことを緻密に計算して企業側が損しない商品プランを考える前に、

ストレートに価格競争をしろと思いますよね。

 

国がなんとかしようとした結果が端末代割引の規制ということです。

これもちょっと芯からズレてはいますが3大キャリアにたいしてはいい薬だと思われます。

 

 

今の楽天モバイルにおける端末代割引について

楽天モバイルで考えてみた場合も端末代割引って悪の手法でしょうか?

 

現在楽天モバイルの月額料金は無料です。

 

今のところ月額費用が発生していないので、例えば3大キャリアの手法のように高額な月額で回収しようと思ってもできません

今もし端末割引でポイントをゲットした契約者が春の料金発生タイミングまでに楽天を辞めたとすれば、それはただただ端末の持ち逃げが成功したことになります

楽天は何の期間違約金設定もないので。

 

何ていうのか

今の楽天の端末割引はそんなに悪ですかね?

 

また総務省報道資料を引用です。

報道発表の締めくくりの分です。

総務省はモバイル市場の適正な競争環境確保のため、引き続き、法の厳正な執行に努めてまいります。

うーん、

やっぱり今回の行政指導はズレていると感じます。

 

色々問題も起こしますし、多分人によって好感度もまちまちな楽天モバイルですが、20年近く寡占を続けている仲良し3大キャリアの画一的なやり方に、間違いなく価格競争をしかけている存在だと思います。

風穴を開けようとしているイメージです。

 

個人的にはあんまり楽天の割引やキャンペーンにこんな足かせをかけないでほしいですね。

バンバン契約者数を伸ばして早く3大キャリアに影響力を持つ主体になってほしいので。

 

そうなるとモバイル通信業界も競争が進み、例えば諸外国並に安くなったりするかもしれません。

(日本は世界で見ても通信費用が高水準)

次に僕らがメリットある点として5Gが安くなる可能性があります。それって今度は固定回線(光回線)を淘汰することにもつながり、その後またすごい固定回線サービスも生まれるかもしれません。

通信業界が面白くなってきますね。

 

 

楽天モバイル端末代割引キャンペーンについて

僕も使っている小さい端末Rakuten miniですが、

※関連記事※

 

一定期間このポイント還元割引の対象から外れていたようです。

でもまたそれが9月11日から復活しました

キャンペーンのポイントです。

ポイント

・端末代金17000円に対して15700ポイントが還元
・事務手数料代として3300ポイント還元
・オンライン申込によって3000ポイント還元

合計で22000ポイント還元

 

 

我々エンドユーザーにとっては完全においしいだけのキャンペーンなのですが、さあ行政指導を受けた今これが無くなるのか。。

今日時点ではキャンペーンは継続しています。

楽天モバイルとしても契約をしたお客様にあとから「あのキャンペーンは適用できなくなりました」は無いと思うので割引を適用されたい場合はタイミングは今のうちかもしれません。

 

詳細は公式サイトでご確認ください。その他多くの端末もキャンペーン割引をやっています。

楽天モバイル公式サイト

 

 

僕のブログではお得情報やコンパクトで有用なモノについての記事を書いています。気になる記事があれば是非チェックしてみてください。

【ライフハック】

モノ 小さいスマホ

小さい中華スマホ【Yupin yp918】を紹介(K-touchシリーズかも?)

小さいスマホ情報を調べていたら、また中国でコンパクトサイズの端末が出ていたので紹介します。 その名もYupin yp918です。   目次1 Yupin yp918について1.1 Yupin yp918の仕様、サイズ感2 Yupin yp918の名称について2.1 名称がこれで正しいか不確定2.2 K-TOUCHブランドを展開している会社2.3 今回の端末の名称は「K-TOUCH M11(ハイバージョン)」の可能性もあり3 まとめ Yupin yp918について Yupin yp918の仕様、サ ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【iPhone12mini】サイズについてまとめ(初代SE、新SEとの比較画像あり)

iPhone12miniが発表されました。 先日iPhoneSE2が発売され、小さいiPhoneの最新はこれだという空気がありました。 しかし今回それよりも小さいiPhoneが出てしまいました。 早速気になるそのサイズについて確認しました。 比較画像もあります。   目次1 iPhone12miniのサイズについて2 iPhone12miniについてまとめ2.1 初代SEサイズに合わせてほしかったという意見2.2 サイズ含め決めるのは絶対的にアップル2.3 小さいAndroid端末ならRakut ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

【楽天モバイル】新端末Rakuten Handを発表(サイズ比較画像あり)

  2020年9月30日楽天モバイルは5Gサービスプランについて発表会を行いました。 ※関連記事※   その発表会で見過ごせない情報がありました。 コンパクトっぽい新端末の情報です。   本ブログでは小さいスマホについて結構情報を揃えています。 ブログでとりあげない訳にはいきません。 発表会ではサラッと触れられたこの端末ですが、ちょっとスペックなど情報をまとめてみました。     目次1 楽天モバイル新端末 その名もRakuten Hand1.1 Raku ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【小さい洗濯機を紹介】でもポイントはサイズのことじゃなくてその機能です

今回小さい洗濯機を紹介します。 特に所持しているモノではないですがネットで見つけてこれはすごいなと思い共有です。   まず最初に 洗濯機だと小型である点は全然メリットではないですね。 その分洗濯容量が小さくなるので。   でもこの小さな洗濯機は他のメーカーでは実装されていない唯一無二のすごい機能があります。 コンパクトな点推しではなくその機能が推しです。   その機能とは   最大80℃の熱水で除菌洗い 細菌測定試験について [試験機関](一財)日本食品分析センター ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】K-TOUCH X11Sを紹介【コンパクトだけど4.6インチ】

久しぶりに小さい中華スマホの紹介です。 このブログでも過去に紹介してきた「K-TOUCH」シリーズの最新作が登場していました。   その名も「K-TOUCH X11S」です。   目次1 K-TOUCH X11Sについて1.1 K-TOUCH X11Sの仕様、サイズ感1.2 中華スマホの商品画像について1.3 その他仕様について2 K-TOUCH X11Sを作った会社はどこ?3 K-TOUCH X11Sの購入方法4 K-TOUCH X11Sまとめ K-TOUCH X11Sについて K- ...

続きを読む

 

【コンパクトなモノ】

ライフハック

【賃貸ライフハック】強制加入の火災保険は外すことができるか

今回は賃貸ライフハックということで賃貸借契約にまつわる裏技じゃないですがテクニックを共有しておこうと思います。   これからお部屋探しの時期がやってきます。 日本では一般的に4月が期首になっているのでそのタイミング前である冬場にお部屋探しが行われます。 しかし一般的にはお部屋探しは人生で機会の少ないイベントだとも思います。 それゆえいざ自身が契約するとなると様々な点で疑問が湧くことだと思います。   その中の一つのジャンルがこちら   F菜さん火災保険って強制なの?未加入じゃ ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】花王特典はじめ12月のキャンペーン解説【PayPayの実質還元率情報も】

PayPay12月のキャンペーンで「花王商品の購入で40%が戻ってくる」第2弾が行われます。   9月に第1弾が行われて3ヶ月でまた同じキャンペーンが開催されます。 第1弾が好評だったんでしょうね。 でもこのキャンペーンにはちょっと言いたいことがあるのでその意見を交えて紹介です。 そしてその他12月キャンペーンの解説と、あと疑問に思ったPayPayの実質還元率を計算してみました。 PayPayの還元率って例えばPayPayモール(yahooショッピング)で買い物をするとなんと22%還元だったりす ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】11月キャンペーンはGoToEatキャンペーンよりお得?

  11月に入りました。 毎月のPayPayキャンペーンの解説記事です。 PayPayではキャンペーンということで数多くの還元企画が開催されていますが、正直多くのそれは大したことがないです笑 しかしその中でも確かにお得でメリットが認められるキャンペーンが存在するのでそれについて共有しておきます。   ズバリ一番オトクなのは次のキャンペーンです。   目次1 11月キャンペーン「PayPayであなたの街を応援しよう!」1.1 「PayPayであなたの街を応援しよう!」詳細1.2 ...

続きを読む

ライフハック

【Go To Eat】プレミアム付食事券購入方法について説明【ファミリーマート引換方式】

Go To Eatキャンペーンのプレミアム付食事券を入手しました。 3大都市圏でいうと大阪が最早スケジュールです。 今回大阪分のそれを手に入れてみました。   大阪は先日プレミアム付食事券の申込受付をweb上で開始し、本日10/14から券の引換処理がスタートしました。 早速それを引換してきたので方法など過程について共有しておきます。   目次1 Go To Eatキャンペーンとは?1.1 【Go To Eatキャンペーン内容】 プレミアム付食事券の発行とは2 GoToEatキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック

【Go To Eatキャンペーン】内容まとめ!食事券の購入方法、オンライン予約について説明【東京、神奈川の開始時期】

みなさん名称はご存知Go To Eat キャンペーンが始まっています。   でもこういう方が多いのではないでしょうか。 F菜さん利用方法がイマイチよくわからないな 共感します。 僕もちゃんと確認をする前は知識0でよくわかりませんでした。   こういった感じで多くの方がなんとなくスルーしているのではないでしょうか。   去年のキャッシュレス推進ポイント還元事業のときもそうですが、国が行うキャンペーンには乗っかっておいて損はないと思っています。 今回のキャンペーンの予算は767億 ...

続きを読む

-楽天モバイル, 通信

© 2020 ちょうどいいミニマリストのブログ