ライフハック

【賃貸】狙った賃貸マンションの過去の家賃値下げ履歴を知る方法(値下げできるかの判断材料)

9月 14, 2020

今回は賃貸マンション契約時のライフハックです。

お引越しを検討されている方でネット上で物件を探し、気に入ったマンションがあったとします。

でもこんな疑問が湧いたことはありませんか。

A子さん
気に入った物件は見つかったけど、これって家賃下がらないのかな?

 

その点気になりますよね。

毎月のことだから可能であれば1,000円でも安いほうが良いと考えるのが本音だと思います。

これはリーズナブルなマンションを選ぶ方でも、高額帯のマンションを選ぶ方でも同じ考えをもたれています。

 

僕は不動産会社に務めています。
この業界は内部の人間と一般の方との間の知識量の乖離が大きいです。

つまりどうしても業者側に有利な取引になりがちだと感じています。

有利の意味は抽象的で幅が広いですが、例えばあなたの「物件の選択」にさえ業者の意図が反映されていたり。

※関連記事※

 

そして最初に結論ですが残念ながら「値下げをさせる方法」という確実なものは存在しません

ただしできるだけ情報を得てベターな行動をとることは可能です。

そういった意味で今回は一番安いお家賃で入居できる可能性を助ける情報ということで共有しておきます。

ちょっと言い回しが難しいですが笑

 

 

HOMESの物件アーカイブのページを参照する

不動産検索サイトHOME'S

大手不動産検索サイトのHOME'Sを利用した方法です。

HOME'S(HP)

 

普通に物件を検索する操作であれば誰でも行ったことがあると思います。

でもHOMESでは意外に知られていないある有用な情報提供があります。

それは賃貸掲載履歴というものです。

 

賃貸掲載履歴について

賃貸掲載履歴とは

簡単に言うとこうです。

過去、募集に出されていたお部屋の履歴

 

つまりそのマンションについて以前はどれぐらいの家賃で募集がされていたかが履歴としてズラっと確認できるのです。

これって過去に値下げ募集が有ったか無かったかが判断できます

もしお部屋を見つけて飛びついたけど、実は去年に比べて1000円あがっている可能性もありますし、または数ヶ月時期を待ったほうが例年の安売りタイミングがあるのでお得だったりする可能性もあります。

そのあたりについて過去の実績を見て考えることができます。

 

【使い方】
Google検索欄で「物件名 HOMES」で検索
※HOMEの画面内から行くと探しにくい

一番上に出てくるHOMESのページがそれ

 

履歴の見方

過去に家賃の値下げがあるか確認する

例えば見え方はこんな感じです。

あるマンションのそのページです。

募集広告の条件と出ていた期間がわかるものです。成約すれば通常広告は消します。

できるだけわかりやすく1階に2部屋のマンションを探してきました(本当は1階に1部屋のほうがわかりやすいですがそのマンションは実際少ない)

例として9階のお部屋を自身が狙っているとして考えてみましょう。色を付けてみました。
※このマンションは同タイプの部屋が1階に2つあります。今回は一緒に混同して考えます。

さて今後9階のお部屋が募集に出されるときいくらで出される可能性があると思いますか?

早々に答えですが、6.6万円で出される可能性があります。

 

理由は表に載っているそのままで、2019年1月~2019年2月、2019年4月~2019年6月の時期にその家賃で募集がされているからです。

直近の2020年6月の募集では6.8万円の家賃ですが、一度募集に出した6.6万円の家賃、今後もこれで募集がだされる可能性が高いです。

 

【そう言える理由】
家賃の下落傾向が認められるからです。

6.6万円が昔からの設定家賃かといわれるとそうではないですね。

直近だと2017年3月~5月7.0万円で募集がされています。

ちなみに履歴がある最も古い募集は2011年6月7.1万円のお家賃です。

家主としては本当は7.1万ぐらいでずっと貸したいんでしょうけど色々な事情で家賃は下がってきているわけです。

 

時期による家賃の変動を確認する

1年の中でも時期によって募集家賃は変わります。

具体的には「積極的に値下げも行って契約を取りに行くタイミング」というのがあります。

<一般的な値下げタイミング>
①2月3月に売れ残っている場合
日本の住居移転の最盛期は3-4月です。学校も企業も通常は期首が4月です。4月へまたぐとしばらく閑古鳥状態です。「売れ残って4月へまたぐよりは」という計算でセールがある可能性が高い。

②その物件の退去数が多いとき
これは特に2月3月に限定されません。例えば11月に入退去アンケートを回収するマンションがあったとします。ほぼ大学生のマンションで新築4年目、卒業でみんな出ます。もしアンケートで大量の退去希望が来た場合は早くからディスカウントする可能性があります。

③4月以降へ跨いで売れ残った場合
放置しておいても成約する可能性が少ない時期です。何ヶ月も家賃収入0になるよりは思い切った値下げでセールする可能性あり。しかし諦めで元の設定家賃のままというケースも多い気もします。

上の表だと直近の2階①のケースが確認とれます。12月まで7.2万だったものが1月から6万になっています(でもこれは他の何か要因もありそうです。値下がりしずぎです。)

様々な事情で値下げはあります。

 

この観点で9階のお部屋を見ると2019年1月~2019年2月6.6万円での募集というのは何か早く成約したい理由があったのだと思われます。

2020年の3月では6.8万円にアップしています。これが本来設定されている募集家賃な気がします。

 

こういったかたちで過去の募集家賃を見ていろいろと考察ができます。

 

この方法は過去にHOME’Sで募集広告が打たれたケースしか確認できません。募集広告としてHOMESを使わないケースというのは全然ありえるので、万能というわけではありません

 

そもそも設定される家賃って変動しているのか

F菜さん
そもそも家賃てそんなに変わるの?

この点も業界人じゃないと知らない世界だと思います。

そもそも一般の方は数年に一回引越の機会があるかどうかという話であって、ある物件の家賃を追ったことがないですよね。

そして質問の答えとしては「変わります」になります。

正確には変えざるを得ないというところになりますね。

 

家主側は当然賃料の下落を防ぎたいです。そのまま収入ダウンになるので。

できたら建ったときの家賃でいつまでもいきたいと思っています。

でもモノは劣化していくのでその幻想は叶いません。

しかし正直物質的な劣化はそれほど問題ではないです。

築10年、20年という物件でも問題なく住めますもんね。

修繕なども行っている(はず)ので物質的な面で問題なんてまず数年では起こりません。

 

仕事をしていて僕が個人的に思う家賃が下がっていく主な要因は人々の頭の中での物件劣化です。

例として築浅物件と新築物件が隣り合って立っていたとします。グレードは一緒です。

設備やお部屋の帖数など条件も同じ部屋とします。もしどちらも家賃が一緒なら、新築のほうを選びたいと思いませんか?

頭の中では1年経っただけで新築に比べてもう劣化しているんです。

正直、築3年も4年も5年も新築とほぼ変わりないです。住むのにめちゃめちゃ快適だと思います。

でも1対1の真っ向勝負になった場合、築浅が新築に勝つには金額的なメリットを出すしかないように思います。

これは極端な例ですがやはり通常同じ家賃をいつまでも維持するというのは不可能です。

家賃は変動していきます。

今の日本だと輪をかけて人口減の問題がありパイ数が減少している点も見逃せません。

 

ちなみに家賃が下がらない例外もあります。それは何かしらの特殊事情があるケースです。

例えば人気のマンモス大学のすぐそばに立っているマンションなどです。家主が強気の家賃設定だとしても毎年大量の人(学生)が来るから、結果ずっと満室といったケースがあります。

 

まとめ

こういったことで狙った物件がある場合はHOME'S賃貸掲載履歴で過去の募集賃料を見てみるとよいと思います。

もし11月ぐらいにある物件にめぐり会ったとします(引越は3月の予定)

でもそのときの家賃がいわゆる過去からの通常の賃料であり、そして過去2月3月に値下げしている履歴も確認が取れたとします。

このケースだともうちょっと待ってみるとまた家賃が下がった状態に会えるかもしれません。

思いもよらない有用な情報があるかもしれません。

ただしお部屋探しは一期一会なのでそれで埋まってしまっては元も子もありません。もし上記戦略を取ってみる場合は合わせて空き部屋の数などもしっかり確認しておきましょう。もしたっぷり部屋があるならまだ安心できますからね。

ちなみに履歴で安い家賃が載っていたからと言って値下げを真正面から主張しても家賃が下がるかと言わればそれは難しいです。理由は上で述べたとおり値下げには事情があるから。管理会社が「今年は大丈夫」と思っているなら下がりません。

 

そして賃貸のお部屋のことを問い合わせる際は管理会社へ連絡しましょう。

間違ってもHOMESやSUUMO、athomeで、物件情報のところに載っている業者へ盲目的にそのまま問い合わせするのはやめておきましょう。

理由はそれが仲介業者である可能性があるからです(管理会社のケースも全然あります)

ある物件について一番良く知っているのは当然その物件の管理会社です。

簡単な管理会社の調べ方はGoogleMAPでその物件のエントランスを目視してみるという方法です。

運がよかったら管理看板というものがかかっているのでその番号へ問い合わせをすればよいです。

ただし現代だと管理会社にかかる方がとくに金銭的にお得ということではありません。

例えば管理会社からの契約でも「仲介手数料」ってたいてい発生します。

管理会社や仲介会社のお話はこちらの記事のほうで述べています。

※関連記事※

 

ちょっとでも有益な情報を得て理論武装してからお部屋探しに向かうのがよいと思います。

お役に立てていただければと思います。

 

 

僕のブログではライフハックやコンパクトで有用なモノについての記事を書いています。気になる記事があれば是非チェックしてみてください。

【ライフハック】

その他モノ モノ

【アイリスオーヤマ】デスクチェア 1年使用後レビュー【リーズナブル品はすぐダメになる?】

今回デスクチェアについての記事です。 僕は1年前に初めてデスクチェアを購入しました。 それは以前の記事でも載せています。   その時は自身の求める条件を満たし、尚且つ一番リーズナブルな品をチョイスしてみました。 その金額は約15,000円です。 こういうお安い品って耐久性とかその後の状態ってどうなんだろうという疑問があると思うので今回1年使用後のレビューをしておきます。   目次1 使用チェア紹介「アイリスオーヤマ エクストラクール ハイバックチェア 」2 1年使用アイリスオーヤマ エ ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【小さいデスクトップPC】ASRock DeskMini X300 レビュー

以前の記事で予告していましたがPCを新しいものに買い換えました。 先代のPCはWindows Updateで壊れてしまいました。   個人的にはwebに触れるデジタル端末は、デスクトップPCが一番ユーザー体験がリッチだと思っています。 その一番の要因はディスプレイが大きいことです。好みでいくらでも大きくできますね。30インチ超え、40インチ超え、複数ディスプレイなど。 そして入力のしやすさも要因として挙げられます。キーボードやマウスは捨てられませんね。   ただしこれは個々人の価値観に ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さいスマホ】K-TOUCH M17が形を変えて再登場?【中華端末】

久しぶりに小さい中華端末の紹介です。 全然最新とかはでなくある程度前から中国で販売されていたみたいです。 その名もK-touch M17です。   あれ?と思ったのはこの名称は他の端末でも見ていたからです。 今回それとはまったく別のスマホです。 どういうことなんでしょう。 ちょっと情報をまとめてみました。     K-touch M17のスペック K-Touch M17のスペック OS:Android 9.0 ディスプレイ:4.8インチ(1120×480) CPU:MTK サ ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【1.5万円値下げ】小さいスマホPalmPhoneが密かに値下げされていた

  小さいスマホPalm phoneが知らないうちにディスカウントされていたので紹介しておきます。   目次1 Palm Phoneとは1.1 PalmPhoneその一番の特徴1.2 Palm Phoneのスペック2 当時流行らなかった理由の一つが販売価格3 新品PalmPhoneが減額されて販売中4 もしPalm Phoneが気になっているならオススメの他の端末 Palm Phoneとは PalmPhoneその一番の特徴 Palm Phoneは2018年10月にアメリカのベライゾン社 ...

続きを読む

モノ ライフハック 小さいスマホ

【windows update】でPCが壊れる場合が本当にある【対策を共有】

先日、自身のPCをwindows updateしたあとなんとパソコンが壊れてしまいました。 自身が直面したことがなかったので都市伝説だと思っていました。。   まあと言っても完全に利用不可という状態ではなくて一応普通に使えます、ただし様々なところで不具合が出るようになりました。 上記はエラー画面です。 起動後、画面に何にもでなくなった状態。。 windowsキーだけは効きました。   確かにOSの更新で不具合が起きる可能性があることは知られていることです。 iOSなんかも新しいバージョ ...

続きを読む

 

【コンパクトなモノ】

モノ ライフハック 小さいスマホ

【windows update】でPCが壊れる場合が本当にある【対策を共有】

先日、自身のPCをwindows updateしたあとなんとパソコンが壊れてしまいました。 自身が直面したことがなかったので都市伝説だと思っていました。。   まあと言っても完全に利用不可という状態ではなくて一応普通に使えます、ただし様々なところで不具合が出るようになりました。 上記はエラー画面です。 起動後、画面に何にもでなくなった状態。。 windowsキーだけは効きました。   確かにOSの更新で不具合が起きる可能性があることは知られていることです。 iOSなんかも新しいバージョ ...

続きを読む

ライフハック

【賃貸】お部屋探しを始めるベストタイミングはいつ?

今回お部屋探しのコツということで、いつ部屋探しを行うのがベストかということを共有しておきます。 現在僕は賃貸の仕事しているので中の人としての意見をお話したいと思います。 引越しや部屋探しは誰でも経験する可能性があることなので知識として持っておいて損はないと思います。   もし自分が引っ越しをするとなると疑問が湧いてきませんか? B男さん就職が決まって100%引越す必要が出てきたけど、いつお部屋探しをしたらいいんだろう もし近々に就職するのであればもちろんすぐ始める必要がありますが、逆にたっぷり時 ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】1月キャンペーンはほぼ目玉がない?2月キャンペーンは?

1月も半場を過ぎましたがPayPay1月キャンペーンと今後のキャンペーンについて共有です。     目次1 【1月】PayPayキャンペーン① あなたの街を応援しようキャンペーン1.1 あなたの街を応援しようキャンペーン1.2 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?2 【1月】PayPayキャンペーン②ペイペイジャンボ2.1 でもこのキャンペーンの質が落ちてきた?3 PayPay2月キャンペーンの目玉はある?3.1 ユニクロで最大10%戻ってくるキャンペーン4 PayPayキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック 通信

【3大キャリア】値下げ後料金でどこが一番オトクなのか【MVNOの情報もあり】

3大キャリアの値下げ後料金プランが出揃いました。 今まではどこのプランも高いと言われ続けていましたが、今回国からの要請を受けて全キャリアがキチンとした料金値下げを発表しました。 今回はちゃんと安そうです笑   今までは、安いプランをリリースしましたと語らかに謳うわりには発表されるプランはいわば騙しの策です。複雑怪奇になっていくだけで実は安くなっていないという状態でした。失望するユーザーが多かったと思います。 僕も過去はドコモユーザーでしたが記憶しているところでも10年ぐらいはずっとこんな感じです ...

続きを読む

ライフハック

【PayPayキャンペーン】さとふる3%還元よりお得なふるさと納税方法を紹介(花王40%還元額の確認方法も)

今月PayPayのキャンペーンで「花王商品の購入で40%が戻ってくる」の第2弾が開催されています。   しかし先日11月の記事で、9月に行われたこのキャンペーン第1弾分の還元がまだなされていないことを共有しました。 当初その還元期限は11月の末と案内されていました。   第1弾の還元が無いと第2弾も人にはオススメできないなと思っていましたが、12月どこかの日に還元が成立したようです。 アプリ内でその還元額の表示がされるようになりました。 その確認方法を共有しておきます。 あとPayPa ...

続きを読む

-ライフハック

© 2021 ちょうどいいミニマリストのブログ