その他モノ モノ

【僕のPC環境について】モニターアームを購入したので紹介

6月 5, 2020

今回モニターアームを購入しました。

僕なりに調べて、どういう種類があるのか、どういうものを選択するのが良いのか等、いくらか知識を得たのでそれを共有しておきます。

興味を持っている方、購入を検討されている方への参考情報になればと思います。

 

関連のデスクチェア、PCデスクの記事はこちら

 

 

なぜモニターアームを購入したのか?

理由:モニターを簡単に前後移動させるために

今までPCモニター自体を前後させて目との距離を調節してきました。それを簡単に行うためにという目的です。

現状、文字を読み書きするときはモニターに近く、エンタメ(youtube等)を楽しむときは距離を離しています。大型モニター解像度の関係で文字が小さくなりがちなので。


そして理由②として、前回の記事でデスクチェア、PCデスクの購入について述べたのですが今回デスク周りを刷新しようと思ったので合わせてこのタイミングで購入しようと思いました。

 

どういう品を購入したのか

僕にとってモニターアームも未知のジャンルでした。どういう種類があって何が価値なのかわからないので色々な商品を見比べて勉強しました。

この時間が楽しいんですよね。いやあ物を購入するって気持ち良いです。
(僕はミニマリストを名乗っちゃいけないかもしれませんね笑)

勉強した結果、以下条件のものを選ぼうと思いました。

モニターアームに求める個人的条件

  • 固定方法はクランプ式であること
  • 可動は水平垂直可動式であること
  • ガススプリング式であること
  • 27インチ液晶対応であること
  • よりリーズナブルであること

 

検討すべき点がいくつかありますが利用方法がイメージできていれば簡単に条件は決まってくると思います。

 

 

各条件の理由

①固定方法はクランプ式であること

アームと机の接地方法に種類があります。

クランプ式・・・デスクを挟みこんで固定
グロメット式・・・デスクに穴を空けて固定
ポール固定式・・・メタルラックのポールなどに固定
壁面固定式・・・壁面に固定

個人的には消去法でクランプ式のみの選択肢でした。

 

②可動は水平垂直可動式であること

可動域についても種類があります。

垂直可動・・・1本の棒を支点として高さを変えられる
水平可動・・・水平に動かせる。壁掛け式以外では発見できませんでした
垂直水平可動・・・垂直水平に自由に可動。アームが関節を持っていてそれが実現

これも消去法で選択しました。前後の移動ができるのは垂直水平式のものだけです。

 

ガススプリング式であること

これはただの好みですね。快適性を求めるとガススプリング式が欲しくなりました。

例えばこの機構のアームを見てみます。
ガススプリング式ではない普通のタイプです。

高さを変えることを想像してみてください。

その場合アームと垂直の棒との支点の部分を緩めます、そのときモニターに手を添えてあげないとモニターの重さでアームごと下へドンって落下します。したがってモニターを抱えながら動かす作業をしないといけません。不便ですよね。

 

それに対してガススプリング式は楽です。こちらがそれ。

モニター側に特徴的な太い腕を持っています。

この中にガス圧式のスプリング機構を備えており例えばこんな角度で止まるんです。

不思議ですよね。僕の27インチモニターとかも5kgの重さがあります。モニターって一般的にある程度の重さを持っています。

写真のこの角度で静止するのも驚きですが動かすときも簡単に上下左右に動きます(水平はまだ理解できますが上下の動きがスムーズというのがすごい)

詳しいことは僕もわからないのですが中間の関節からモニターまでの太い腕部分にバネが入っていて、基本状態だと張って上の写真のように真っ直ぐになろうとします。例えば中間部分で折ろうと試みてもアームはまっすぐに戻ろうとするわけですね。
そのあたりの「上へ反る力」が効いているんだと思います。

快適にモニターを移動させられることに価値を感じるのでガス式を選択します。

 

④27インチ液晶対応、⑤よりリーズナブルであること

27インチ対応、これは単純に僕のモニター環境です。

そしてそこまでブランドであったり強いこだわりはないので条件さえ満たせば最安品で良いと考えました。

 

 

今回購入したモニターアーム

チェア、PCデスクではいくらか迷った商品もあり紹介しましたが、モニターアームはほぼ迷いませんでした。

それは希望条件の商品安価に存在していたので、ほぼ即決という感じでした。

購入したのはこちら↓

GREEN HOUSEグリーンハウス液晶ディスプレイアームGH-AMCS01

液晶ディスプレイアーム詳細情報

対応規格:VESAマウントインターフェース規格(FPMPMI)75mm/100mm
耐荷重:2kg~6.5kg
※2kg未満の液晶ディスプレイは使用できません。
対応サイズ:17~27インチまで
可動範囲 チルト:上90°/下45°、パン:左90°/右90°、回転:左180°/右180°
寸法: W117×D478×H570(mm)
重量:約2.1kg
取付可能天板:厚さ 10mm~80mm、奥行 100mm以上、幅 95mm以上
保証期間:1年間

 

【注意】Amazonだけは32インチまで対応できる上位商品です(GH-AMCNU01)

 

この商品が3,600円だったので即決でした。
yahooショッピングにてPayPayの20%還元額を引いての金額です。Amazon、楽天と比べても頭飛び抜けてリーズナブルです。PayPayについて詳しく知りたい方はこちら↓。今どの通販サイトよりも基本お得です。

 

参考情報

一番シンプルなただの垂直式ガス機構なしのアームで最安2,300円ぐらいです。いわばこれはモニターアーム界の最安商品です。それからたった千円ちょっと上げるだけでガス式が買えるのであれば、普通に考えると選択はガス式だと思いました。これ価格破壊が起きていますよね。

 

そして簡単に即決したのもメーカーのGREEN HOUSEに信頼があったからです。

ブランド自体はPCモニターで有名なので昔から知っていました。その会社の作るモニターアームなら大丈夫でしょうと。
(ちょっと浅はかかも笑)

商品説明もしっかりと確認したのですがなかなか良いと思いました。
なぜ3千円台で買えるのでしょう笑

 

そういうわけでこの商品を選択しました。

 

商品写真

届いた状態はこんな感じです。

チェアやデスクに比べると小さいし軽いですね。

 

中身を出した状態です。ちょっとおもしろかったので。

緩衝材として2m×50cmサイズのペーパーが2枚くしゃくしゃにされて入っていました。商品を守る良いことだと思います。

なかなか存在感があったのでパシャリしておきました笑

 

そして中に入っていたのは保証書と商品本体のダンボール

ダンボール自体は外箱の1/3ぐらいのサイズです。

 

中身を並べた状態です。
アームは折りたたまれて結束バンドで止められています。結束バンドを切って開放するときに「アームがハネて戻るので注意」の旨カードが付いています。

 

そして完成品です。
ボルトや六角レンチが付属しています。とくに用意が必要な道具はありません。女性一人でも組み立てられると思います。

なんか有機的ですよね。生き物を連想する。

設置場所は写真用の仮でとりあえずの場所です。

このあと正しくデスクの外側隅っこに接地してモニターも付けてみました

そしてチェアに座ってみたのですが思ったことは「やはり近すぎる。。。」ということです。
心配していた通りデスクのえぐれ部分の分だけ近い感じです。

 

そういったわけで結局この使い方にしました。

デスクを逆サイドにしました笑

 

【余談】27インチで4Kのモニター

ちなみにこれは27インチ4K対応のディスプレイです。普通4KってTVで40インチ以上ぐらいで意味をなしてくると思います。広い画面を高精細に彩れますよね。僕のこのディスプレイは27インチというサイズに4K解像度がキュッと詰め込まれてるわけです。それはデフォルトの150%の倍率表示でも文字類は小さいわけです笑。
でも狭ベゼルでとてもスリムですごく気に入ってます

 

※関連記事※【デスクに置かれているコンパクトスピーカーについて】
小さくても音のクオリティが高いスピーカーです。重低音で有名なBOSE社Sound link mini」です。全く場所もとらないのでスリム志向の方にオススメです。

 

まとめ

アームについて

現状全く問題ないです。
今のところ不具合は0です。この低価格の理由はどこにあるんだろう。

もしお安さの理由が耐久性にあるのであればのちに不具合もでてくるかもしれません。またそのときは共有したいと思います。

トータル評価として僕からの口コミ満点とさせていただきます。
リーズナブルなモニターアームをお探しの方にはオススメできます。

 

 

 

今回の新PC環境について

とりあえずこんなかたちでミニマムなPC1台分の作業環境が構築できました
個人的にはコンパクトな感じとても気に入っています

 

ただしデスクを逆サイドにしたことによって困ることが1点あります。
・マウスの操作部分に穴(ドリンクホルダー)がある

一応、問題回避はできます。ちょっとキーボードとマウスを左側へオフセットすればOKです。またはこの際手首環境も快適にするためにリストレスト付きのマウスパッドを穴を隠すついでに置こうかなとか。

デスクの奥がえぐれている点はPC操作をしている人間にとっては気にならないです。むしろモニターの浮いている感が強調されてより良い感じかも。。(はい、これは心理的に合理化が働いています笑)

もし僕と同じバウヒュッテ800mmのデスクを購入したいと考えている方は、えぐれがないタイプも販売されているのでそちらをオススメします。ただし今は売り切れているので入荷を待つ必要はあります。

 

そして富士通のサイトでPCを使うときの正しい姿勢について情報がありました。ディスプレイの高さについても推奨があります。


’’引用’’ 富士通HP~パソコンを使う時の姿勢~

 

今回チェア、デスク、アームすべてについて、高さを始め位置を調整できる機能があるものを選択しています。それによって快適な姿勢になるように細かく設定ができるのですが僕は自身の体格にベストな調整を行いました。

今まさに新デスク環境でブログを書いているのですがとても快適です。

やはり座椅子、ローテーブルという環境と比べてみると段違いに良いですね。自身の姿勢が全然違うのがわかります。

 

ちなみに今回の環境構築に要した費用はこちら

チェアー ¥15,000
PCデスク¥17,000
アーム  ¥  3,600
合計  ¥35,600

わりとお安く正しい姿勢という健康的価値を買えたのではないでしょうか。みなさんもよかったら参考にしてみてください。

 

 

他にも色々な記事がありますのでよかったらチェックしてみてください。
【ライフハック記事】

ライフハック

【賃貸ライフハック】強制加入の火災保険は外すことができるか

今回は賃貸ライフハックということで賃貸借契約にまつわる裏技じゃないですがテクニックを共有しておこうと思います。   これからお部屋探しの時期がやってきます。 日本では一般的に4月が期首になっているのでそのタイミング前である冬場にお部屋探しが行われます。 しかし一般的にはお部屋探しは人生で機会の少ないイベントだとも思います。 それゆえいざ自身が契約するとなると様々な点で疑問が湧くことだと思います。   その中の一つのジャンルがこちら   F菜さん火災保険って強制なの?未加入じゃ ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】花王特典はじめ12月のキャンペーン解説【PayPayの実質還元率情報も】

PayPay12月のキャンペーンで「花王商品の購入で40%が戻ってくる」第2弾が行われます。   9月に第1弾が行われて3ヶ月でまた同じキャンペーンが開催されます。 第1弾が好評だったんでしょうね。 でもこのキャンペーンにはちょっと言いたいことがあるのでその意見を交えて紹介です。 そしてその他12月キャンペーンの解説と、あと疑問に思ったPayPayの実質還元率を計算してみました。 PayPayの還元率って例えばPayPayモール(yahooショッピング)で買い物をするとなんと22%還元だったりす ...

続きを読む

ライフハック

【PayPay】11月キャンペーンはGoToEatキャンペーンよりお得?

  11月に入りました。 毎月のPayPayキャンペーンの解説記事です。 PayPayではキャンペーンということで数多くの還元企画が開催されていますが、正直多くのそれは大したことがないです笑 しかしその中でも確かにお得でメリットが認められるキャンペーンが存在するのでそれについて共有しておきます。   ズバリ一番オトクなのは次のキャンペーンです。   目次1 11月キャンペーン「PayPayであなたの街を応援しよう!」1.1 「PayPayであなたの街を応援しよう!」詳細1.2 ...

続きを読む

ライフハック

【Go To Eat】プレミアム付食事券購入方法について説明【ファミリーマート引換方式】

Go To Eatキャンペーンのプレミアム付食事券を入手しました。 3大都市圏でいうと大阪が最早スケジュールです。 今回大阪分のそれを手に入れてみました。   大阪は先日プレミアム付食事券の申込受付をweb上で開始し、本日10/14から券の引換処理がスタートしました。 早速それを引換してきたので方法など過程について共有しておきます。   目次1 Go To Eatキャンペーンとは?1.1 【Go To Eatキャンペーン内容】 プレミアム付食事券の発行とは2 GoToEatキャンペーン ...

続きを読む

ライフハック

【Go To Eatキャンペーン】内容まとめ!食事券の購入方法、オンライン予約について説明【東京、神奈川の開始時期】

みなさん名称はご存知Go To Eat キャンペーンが始まっています。   でもこういう方が多いのではないでしょうか。 F菜さん利用方法がイマイチよくわからないな 共感します。 僕もちゃんと確認をする前は知識0でよくわかりませんでした。   こういった感じで多くの方がなんとなくスルーしているのではないでしょうか。   去年のキャッシュレス推進ポイント還元事業のときもそうですが、国が行うキャンペーンには乗っかっておいて損はないと思っています。 今回のキャンペーンの予算は767億 ...

続きを読む

 

「コンパクトなモノについての記事」

モノ 小さいスマホ

小さい中華スマホ【Yupin yp918】を紹介(K-touchシリーズかも?)

小さいスマホ情報を調べていたら、また中国でコンパクトサイズの端末が出ていたので紹介します。 その名もYupin yp918です。   目次1 Yupin yp918について1.1 Yupin yp918の仕様、サイズ感2 Yupin yp918の名称について2.1 名称がこれで正しいか不確定2.2 K-TOUCHブランドを展開している会社2.3 今回の端末の名称は「K-TOUCH M11(ハイバージョン)」の可能性もあり3 まとめ Yupin yp918について Yupin yp918の仕様、サ ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【iPhone12mini】サイズについてまとめ(初代SE、新SEとの比較画像あり)

iPhone12miniが発表されました。 先日iPhoneSE2が発売され、小さいiPhoneの最新はこれだという空気がありました。 しかし今回それよりも小さいiPhoneが出てしまいました。 早速気になるそのサイズについて確認しました。 比較画像もあります。   目次1 iPhone12miniのサイズについて2 iPhone12miniについてまとめ2.1 初代SEサイズに合わせてほしかったという意見2.2 サイズ含め決めるのは絶対的にアップル2.3 小さいAndroid端末ならRakut ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ 楽天モバイル

【楽天モバイル】新端末Rakuten Handを発表(サイズ比較画像あり)

  2020年9月30日楽天モバイルは5Gサービスプランについて発表会を行いました。 ※関連記事※   その発表会で見過ごせない情報がありました。 コンパクトっぽい新端末の情報です。   本ブログでは小さいスマホについて結構情報を揃えています。 ブログでとりあげない訳にはいきません。 発表会ではサラッと触れられたこの端末ですが、ちょっとスペックなど情報をまとめてみました。     目次1 楽天モバイル新端末 その名もRakuten Hand1.1 Raku ...

続きを読む

コンパクトなモノ モノ

【小さい洗濯機を紹介】でもポイントはサイズのことじゃなくてその機能です

今回小さい洗濯機を紹介します。 特に所持しているモノではないですがネットで見つけてこれはすごいなと思い共有です。   まず最初に 洗濯機だと小型である点は全然メリットではないですね。 その分洗濯容量が小さくなるので。   でもこの小さな洗濯機は他のメーカーでは実装されていない唯一無二のすごい機能があります。 コンパクトな点推しではなくその機能が推しです。   その機能とは   最大80℃の熱水で除菌洗い 細菌測定試験について [試験機関](一財)日本食品分析センター ...

続きを読む

モノ 小さいスマホ

【小さい中華スマホ】K-TOUCH X11Sを紹介【コンパクトだけど4.6インチ】

久しぶりに小さい中華スマホの紹介です。 このブログでも過去に紹介してきた「K-TOUCH」シリーズの最新作が登場していました。   その名も「K-TOUCH X11S」です。   目次1 K-TOUCH X11Sについて1.1 K-TOUCH X11Sの仕様、サイズ感1.2 中華スマホの商品画像について1.3 その他仕様について2 K-TOUCH X11Sを作った会社はどこ?3 K-TOUCH X11Sの購入方法4 K-TOUCH X11Sまとめ K-TOUCH X11Sについて K- ...

続きを読む

-その他モノ, モノ

© 2020 ちょうどいいミニマリストのブログ